ディスク管理で拡張ボリュームがグレー表示される理由と修正方法

アンディ著、更新日:2021年11月13日

古いで Windows XPおよびServer 2003では、ディスクの管理では、パーティションの作成、削除、フォーマットなど、いくつかの基本的な操作しか実行できません。 割り当てられたパーティションのサイズを変更するには、実行する必要があります DiskPartコマンド 道具。 ほとんどのパソコンユーザーにとっては少し難しいです。 したがって、から Windows 7、マイクロソフトが新しく追加 ボリュームを縮小 影響により ボリュームの拡張 グラフィカルインターフェースを備えた機能。 Windows Server 2008 以降のすべてのバージョンは、改善されることなく同じ機能を継承しました。

名前として、「ボリュームの拡張」機能は、データを失うことなく割り当てられたパーティションを拡張するために使用されます。 ただし、多くの生まれつきの制限があるため、ほとんどの場合、パーティションを拡張することはできません。 多くの人が ディスクの管理で灰色になっているボリュームの拡張。 グーグルで検索すると、「Windows 10 ボリュームを拡張できません""Cドライブのボリュームの拡張が無効になっています""ボリューム拡張オプションがグレー表示されて機能しない この記事では、[ボリュームの拡張]オプションがグレー表示されるすべての考えられる理由と、この問題を簡単に修正する方法を紹介します。

に適用されます: Windows 11、 Windows 10, Windows 8, Windows 7, Windows Server 2022、 Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 (R2)、Small Business Server 2011、 Windows Server 2008 (R2)。

ボリューム拡張オプションがグレー表示されているのはなぜですか Windows PCとサーバー

ExtendVolumeがグレー表示される5つの一般的な理由があります。 Windows ディスクの管理と私は一つずつ説明します。

理由1: 未割り当てスペースなし

未割り当て どのボリュームにも属さないディスクスペースの一部であり、新しいボリュームを作成したり、他のパーティションを拡張したりするために使用できます。 ご存知のように、256GBの物理ハードディスクドライブを200GBに減らしたり300GBに増やしたりすることはできません。 したがって、 パーティションを拡張する前に、同じディスク上に未割り当てスペースが必要です。 それ以外の場合、ディスクの管理で任意のドライブを右クリックすると、[ボリュームの拡張]オプションがグレー表示されます。

未割り当て領域を取得するには2つの方法があります。 delete 影響により 縮小する ボリューム。

  1. ボリュームを削除すると、すべてのディスク領域が未割り当てに変換され、その中のすべてのファイルが削除されます。
  2. ボリュームを縮小した後、空き領域の一部は未割り当てに変換されますが、すべてのファイルはそのまま保持されます。

理由2: 未割り当てスペースが隣接していないか左側にある

これは ごくありふれた 両方のディスク管理でボリュームの拡張がグレー表示される理由 Windows Server そしてPC。

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に<i> 酢酸</i>(お酢)に転化します。 ボリュームを縮小する、ディスク管理では、容量を入力するオプションのみが提供されます。 このパーティションの左側または右側に未割り当て領域を作成することはできません。 パーティションを縮小してさらに作成したい場合は問題ありません。 しかし、あなたがしたい場合 パーティションを拡張する 別のものを縮小した後、ボリュームの拡張はある場合にのみ機能するため、ディスク管理では不可能です。 連続した 上の未割り当てスペース .

Extend Volume greyed out

テストコンピュータのスクリーンショットにあるように、Dドライブを縮小した後に作成された20GBの未割り当て領域があります。

ボリュームを縮小するときに、ディスクの管理でパーティションを移動したり、左側に未割り当て領域を作成したりできる場合、そのような問題はありません。

理由3: ファイルシステムはサポートされていません

ボリュームの縮小と拡張の両方の機能 でフォーマットされたパーティションのみをサポートします NTFS ファイルシステム。 したがって、FAT32またはその他のタイプのパーティションを右クリックすると、[ボリュームの拡張]オプションはグレー表示されます。

私のテストコンピューターでは、59.46GBの未割り当て領域が隣接していて右側にありますが、ドライブDは FAT32ので、 ボリュームの拡張が機能しない.

Can't extend partition

理由4: プライマリパーティションと論理パーティション間の制限

GPTディスクでは、すべてのパーティションは次のように作成されます。 プライマリー、ただしMBRディスクでは、プライマリとプライマリの両方が存在する可能性があります 論理的 パーティション。 独立したユニットとして機能するプライマリパーティションとは異なり、論理パーティションは拡張パーティションの一部です。 拡張パーティションはコンテナのように機能し、論理ドライブのディスクスペースはに変換されます Free 削除後の未割り当ての代わりに。

ディスクの管理では、 論理ドライブから削除された空き領域は、どのプライマリパーティションにも拡張できません。プライマリパーティションから削除された未割り当て領域は、どの論理ドライブにも拡張できません。

Extend Volume disabled

Logical drive

理由5: MBRディスクの2TB制限

現在、ハードディスクははるかに大きく、パーソナルコンピュータには2TB以上のディスクを使用するのが一般的です。 サーバーにとっては、複数の大きなディスクを介して10TBを超えるRAIDアレイを使用するのが一般的です。 ただし、ディスクをMBRとして初期化した場合、使用できるスペースは2TBのみです。、残りのスペースは、ディスクの管理で新しく作成したり、他のボリュームに追加したりすることはできません。 ディスクの管理で未割り当て領域を右クリックすると、すべてのオプションがグレー表示されます。

スクリーンショットが示すように、ドライブHはNTFSでフォーマットされており、右に隣接する未割り当て領域がありますが、ボリュームの拡張はグレー表示されたままです。

Extend Volume grayed

ディスクの管理でボリュームをグレー表示にした場合の対処方法

ボリュームの拡張がグレー表示されている場合 Windows 11/10/8/7ディスク管理、 NIUBI Partition Editor あなたを助けるために無料版があります。 [ボリュームの拡張]オプションがでグレー表示されている場合 Windows Server 2022/2019/2016/2012/2008、以下と同じ方法に従いますが、サーバー以上のエディションが必要です。

ExtendVolumeのグレー表示の問題を修正する4つの方法 Windows Server/ PC:

方法1: NIUBIでパーティションを縮小および拡張する

未割り当て領域がない場合は、 ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従って、Dまたは他のボリュームを縮小してから、 Cドライブに未割り当て領域を追加する.

Video guide

方法2: 未割り当てスペースを左に移動

未割り当て領域を取得するためにDまたは他のボリュームを縮小した場合は、ビデオの手順に従ってください。 未割り当てスペースを左に移動 Cドライブに追加します。

Video guide

方法3: 隣接する未割り当て領域をマージする

拡張するパーティションの両側に連続した未割り当て領域がある場合は、単純に 未割り当てスペースをマージ NTFS / FAT32、プライマリ/論理パーティションを拡張する場合は、NIUBIを使用してこのパーティションに追加します。 ビデオの方法に従ってください:

Video guide

方法4: MBRディスクをGPTに変換する

MBRディスクの2TBの制限のために拡張ボリュームがグレー表示されている場合は、ビデオの手順に従ってください。 MBRディスクをGPTに変換する その後 未割り当て領域でパーティションを拡張する.

Video guide

拡張ボリュームのグレー表示の問題を修正するのに役立つ機能に加えて Windows 11/10/8/7 and Server 2022/2019/2016/2012/2008, NIUBI Partition Editor マージ、コピー、デフラグ、非表示、ワイプ、変換、作成、フォーマット、不良セクタのスキャンなど、他の多くの操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード