上のディスク容量不足 Windows Server 2008 R2

アンディによって、更新日:2020年2月28日

Windows Server 2008 は長い間リリースされてきましたが、依然として広く使用されているオペレーティングシステムです。 以前のServer 2003と同じで、システムCドライブのディスク領域が不足している場合、 Windows Server 2008 浮き出る "ディスク容量不足"右下のタスクバーからの警告。これはすべての最も一般的な問題です Windows バージョンとそれは多くの人々にとって頭痛の種です。 この記事では、ディスク容量不足の問題を修正する方法を紹介します Windows Server 2008 簡単にR2。

Server 2008のディスク容量不足警告/警告について

システムの場合 Cドライブの空き容量が不足しています、 あるいは Cドライブに空き容量がありません、次のような多くの問題が発生します:インストールするスペースがない Windows 更新とアプリケーション、サーバーの動作が非常に遅く、スタックしたり、クラッシュしたりします。 この問題をできるだけ早く修正するように人々に警告するために、マイクロソフトはそのようなものを作成します ディスク容量不足のバルーンアラート on Windows Server 2008 (R2)。

低いディスク容量2008

マイクロソフトの説明によると、ユーザーは次の状況でディスク容量不足の警告を受け取ります。

  1. 空き容量が達すると 200MB
    ユーザーは次の警告メッセージを受け取ります 10 秒、セッションごとにXNUMX回。 この状況では、システムは自動的にアクションを実行して、最小のパフォーマンス機能を維持します。
  2. 空き容量が達すると 80MB
    ユーザーは次の警告メッセージを受け取ります 30 秒、XNUMX時間ごと、セッションごとにXNUMX回。 この状況では、 Windows 以前のシステムの復元ポイントを削除して、ドライブの空き容量を増やし始めます。
  3. 空き容量が達すると 50MB
    ユーザーは警告メッセージを受け取ります 30 空き領域が50 MBを超えるまで、XNUMX分ごとに秒。 この状況では、 Windows すべてのシステムの復元ポイントを削除し、システムの復元機能を一時停止します。 システムの復元は、システムパーティションに200MBの空き容量ができるまで再アクティブ化されません。

ディスク容量不足の警告/警告が表示されたとき Windows 2008サーバーでは、この問題をできるだけ早く修正することをお勧めします。

上のディスク容量不足の問題を修正する方法 Windows Server 2008 (R2)

まず、あなたが良いでしょう ディスクをクリーンアップする。 システムパーティションCにはさまざまな種類のジャンクファイルがあります。これらのジャンクファイルを削除すると、ディスク領域を解放できます。 貴重な空き容量を短時間で確保することが重要です。 したがって、サーバーは正しい方法で実行し続けることができます。また、この問題の解決に役立つプログラムをインストールするスペースがあります。

第二に、あなたは良いでしょう Cドライブに空き領域を追加する 他のデータパーティションから。 一般に、10 GBを超える空き容量を取り戻すことはありません。 Cドライブにこれ以上与えない場合、これらの空き容量は新しく生成されたジャンクファイルによってすぐに消費されるため、近い将来、ディスク容量不足の警告メッセージがポップアップします。

ディスクをクリーンアップしてスペースを再利用する

ジャンクファイルを削除してディスク領域を再利用するには、 Windows Server 2008 には、ほとんどのジャンクファイルや不要なファイルを安全に削除できるネイティブのディスククリーンアップユーティリティがあります。

手順に従ってディスクをクリーンアップします Windows Server 2008 (R2):

  1. ニュース WindowsR キーボードで次のように入力します ます。cleanmgr それから、 入力します.
  2. 次の項目を選択します: C: ドライブしてクリック OK.
  3. 削除するファイルの前にあるチェックボックスをクリックして、 OK.
  4. この操作を確認するには、 ファイルを削除します.

cleanmgrがないというエラーを受け取った場合は、このサーバーにディスククリーンアップがインストールされていないことを意味します。次の手順に従ってください。 Server 2008でディスククリーンアップを有効にする.

ディスクをクリーンアップする

これらの手順の後、空きディスク容量が得られ、 Windows Server 2008 ディスク容量不足の警告が消えます。 ただし、この問題を完全に解決したわけではありません。 上記で説明したように、あなたは Cドライブに空き領域を追加する.

システムCドライブに空き領域を追加する

ほとんどのサーバーでは、Dなどの他のデータボリュームに十分な空き容量があります。 このボリュームを縮小 一部のツールを使用すると、空き領域の一部が未割り当てに変更され、すべてのファイルがそのまま残ります。 最後に、この未割り当て領域をシステムCドライブに追加します。 このようにして、オペレーティングシステム、プログラム、その他は、パーティションサイズを除いて以前と同じです。

Windows Server 2008 ネイティブを持っています ディスク管理diskpartコマンド (ほとんどの場合)データを失うことなくパーティションを縮小するツールですが、これらのツールを使用して未割り当てスペースをCドライブに追加することはできません。 あなたは必要です サーバーパーティションソフトウェア このタスクを実行します。

他のソフトウェアよりも優れています NIUBI Partition Editor 高度なテクノロジーにより、より安全で高速です。

無料試用 NIUBI Partition Editor と 上のディスク不足を修正する手順に従ってください Windows Server 2008 (R2):

  1. ドライブを右クリック D そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 国境に向かって ポップアップウィンドウで、またはのボックスに金額を入力します 前の未割り当てスペース。 次に、Dの左側にある未使用のスペースの一部が未割り当てに変更されます。
  2. ドライブを右クリック C そして「Resize/Move Volume"もう一度、ドラッグ 国境に向かって ポップアップウィンドウで、未割り当て領域がCドライブに結合されます。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上の実行、完了。

隣接していないパーティション(E:など)から空き領域を追加する場合は、次の追加手順があります。 未割り当てスペースを移動 Cドライブに追加する前。

ビデオガイド

RAID 0/1/5/10などのハードウェアRAIDアレイのタイプを使用するか、VMware / Hyper-Vで仮想マシンとしてServer 2008を実行している場合は、上記のビデオの手順に従ってください。 同じディスク上に使用可能な空き容量がある場合でも違いはありません。

他のボリュームがない場合、または使用可能な空き領域がない場合 同じ ディスク、別のディスクからスペースを追加できるソフトウェアはありません。 その場合は、次の手順に従います。

要約すれば

ディスク容量不足の警告がポップアップするとき Windows Server 2008 (R2)、ディスクをクリーンアップして、サーバーを正しい方法で実行し続けるために、貴重な空きスペースを確保してください。 十分な空き領域を再利用できない場合、またはCドライブの作成が小さすぎる場合は、他のボリュームから空き領域を追加してください。 高度なテクノロジーのおかげで、 NIUBI Partition Editor このタスクを迅速かつ安全に実行するのに役立ちます。 また、他の多くのディスクパーティション操作の実行にも役立ちます。