ホットリサイズ技術

再起動せずにパーティションのサイズを変更する

なぜこのテクノロジーが重要で有用なのですか?

割り当てられたパーティションのサイズを変更する場合、関連するディスク、パーティション、およびファイルのパラメータを正しく変更する必要があります。 場合によっては、パーティション内のすべてのファイルを新しい場所に移動する必要があります。 システムパーティションのサイズを変更する場合は、ブート関連のファイルも更新する必要があります。 したがって、それは簡単な作業ではありません。 で変更できない場合 Windows 環境では、パーティション分割ソフトウェアがPCまたはサーバーをPreOSモードで再起動します。 Windows コンポーネントが必要であり、ロードされています。

パーティションのサイズ変更やその他の操作を実行できる場合 Windows、他の作業を中断することなく続行できます。 もちろん、特にサーバーに対しては、再起動せずにパーティションのサイズを変更することをお勧めします。 ホットリサイズ技術の助けを借りて、 NIUBI Partition Editor コンピュータの再起動の可能性を避けることはできませんが減らすことはできません.

このプログラムのインストール中に再起動する必要はありません。

再起動が必要かどうかを識別する方法は?

NIUBI Partition Editor 単独で機能するように設計されています 仮想モード まず、左下に保留中の操作が表示されます。 各操作の前にシンボルがあります。

ホットリサイズ

操作で再起動が必要な場合はどうすればよいですか?

  1. 保留中の操作をキャンセルして閉じるには、[元に戻す]をクリックします NIUBI Partition Editor.
  2. 実行中のプログラムを閉じ、縮小して移動するパーティションのファイル/フォルダーを開きます。
  3. 再起動 NIUBI Partition Editor パーティションのサイズを再度変更します。

操作がまだマークされている場合 チェック 記号は、再起動が不可避であることを意味します。 次に、適切なタイミングでディスクパーティションを変更することをお勧めします。 クリックした後 Apply 左上に確認ウィンドウが表示されます。 その後は、何もする必要はありません。 NIUBI Partition Editor は、コンピューターを自動的にPreOSモード(DOSのような黒い画面)で再起動します。パーティションのサイズ変更やその他の変更が完了すると、コンピューターは自動的にデスクトップまたはログイン画面で起動します。

ビデオをご覧ください NIUBI Partition Editor で働く Windows 環境とPreOSモード。

パーティションのサイズを変更 Windows 再起動せずに:

ビデオガイド

再起動後にPreOSでパーティションのサイズを変更します。

ビデオガイド