パーティションサイズを変更する方法 Windows 10

更新日:2019年11月16日

このページの記事では、パーティションサイズの変更について紹介しています Windows 10(32ビットおよび64ビット)。 自由 partition editor データを失うことなくボリュームサイズを変更します。

大部分 Windows 10人のユーザーが一定期間コンピュータを実行した後、パーティションサイズを調整する必要があります。 いつシステム C:ドライブがいっぱいです、他のデータボリュームから未使用の領域を転送できます。その後、パーティションを再作成してオペレーティングシステムを再インストールしなくても、Cドライブに十分な空き領域があります。

でパーティションサイズを変更するには Windows 10、マイクロソフトは組み込みを提供します ディスク管理 ユーティリティ。 ただし、いくつかの制限があるため、これは最適なツールではありません ディスクパーティションのサイズ変更.

パーティションサイズを変更する際の制限 Windows 10 DM

プレス Windows , X キーボードで、リストから[ディスクの管理]を選択します。表示されるパーティションを右クリックすると、 ボリュームを縮小 , ボリュームの拡張 オプション。 このパーティションで使用可能なオプションは黒で表示され、ポインターを上に移動すると、背景が青になります。 使用できないオプションはグレー表示されます。

ときにあなたを ハードドライブの再パーティション ディスク管理:

  • NTFSまたはファイルシステム(RAW)なしでフォーマットされたパーティションのみがサポートされます。
  • 未割り当てスペースは、 パーティションを縮小するときの側面。
  • あるときだけ 隣接 上の未割り当てスペース 側、ボリュームの拡張は有効です。
  • 未割り当て領域は、右側または隣接していないパーティションに結合することはできません。
  • 隣接していないパーティションを増やすには、未割り当て領域をどちらかの側に移動する必要がありますが、ディスクの管理ではこれを実行できません。

ディスクの管理では、次のようにパーティションサイズを変更することしかできません。

  1. 左側のパーティションを減らし、未割り当て領域を作成して新しいボリュームを作成します。
  2. 背後のパーティションを削除して、パーティションサイズを増やします。

理由と解決策を確認する ボリュームを拡張できません Windows 10.

Cannot extend partition

無料のパーティションエディターソフトウェアでボリュームサイズを変更する

ディスク管理と比較すると、 NIUBI Partition Editor 次のような利点があります。

他があります。 パーティションソフトウェア パーティションサイズを変更するのに役立ちます Windows 10、ただしこれらのソフトウェアと比較すると、NIUBIには次のような利点もあります。

NIUBIは 無料版 実行する家庭用コンピュータ用 Windows 10、8、7、Vista、XP(32および64ビット)。 ダウンロード すると、メインウィンドウにすべてのディスクパーティションが表示されます。

Main window

パーティションサイズを調整する2つの一般的な方法 Windows 10

方法1: ボリュームを縮小して別のボリュームを拡張する(例:Dを縮小してボリュームCを拡張する)

1.ドライブを右クリック D そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左のボーダーを右に ポップアップウィンドウに表示されます。

Shrink D

次に、左側に未割り当てスペースが作成されます。

2.ドライブを右クリック C そして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右に向かって右の境界線.

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがCドライブに結合されます。

詳細な手順 より多くのスペースをCドライブに再割り当てします Windows 10.

方法2: XNUMXつのパーティションをマージする

XNUMXつの連続したパーティションを数回のクリックで直接組み合わせることができます。 次に、未使用のスペースとパーティション内のすべてのファイルが他のファイルに転送されます。

詳細な手順 merge volumes内 Windows 10.

ディスクパーティションのレイアウトを確認し、対応する方法を使用してパーティションサイズを変更します。 Windows 10.パーティションの縮小、移動、拡張、マージの他に、 NIUBI Partition Editor パーティションのコピー、変換、スキャン、チェック、ワイプ、非表示などを支援します。