RAIDパーティションのサイズ変更 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、RAIDパーティションのサイズを変更する方法を紹介します Windows Server 2008 r2、データを失うことなくRAID 0/1/5/10仮想パーティションのサイズを変更します。

diskpartまたはDisk Managementを使用してRAIDパーティションのサイズを変更する

物理ハードディスクと比較すると、ハードウェアRAIDアレイは、より高いパフォーマンス、フォールトトレラント、より大きなストレージ容量などを提供します。efitsなので、サーバーによく使用されます。 ただし、RAIDパーティションのサイズを変更している間 Windows 2008サーバーでは、物理ディスクパーティションのサイズ変更に違いはありません。 ベンefitsはRAIDコントローラによって実現され、オペレーティングシステムとプログラムに対して、RAIDアレイ仮想ディスクは物理デバイスと同じです。

Windows Server 2008 ネイティブのdiskpartコマンドがあり、 ディスク管理 できる パーティションを拡張する データを失うことなく。 ただし、拡張できるのは NTFS 分割 削除する 右の隣接するもの。 パーティションから縮小された未割り当て領域を他の領域に拡張することはできません。

ボリュームの拡張は無効です

スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張はグレー表示されます Dを縮小した後のCおよびEドライブの両方で、これは次の理由によります。

ドライブDから縮小された20 GBの未割り当て領域は 不連続 Cに、Eの左側にあるため、これらのXNUMXつのパーティションに対してボリュームの拡張は機能しません。

左側に未割り当てスペースを作成したり、右から左に移動したりするには、サードパーティのソフトウェアが必要です。

ほとんどのサーバーでは、右隣のパーティション(D:またはE :)がプログラムまたは Windows サービスなので、削除することはできません。 それはあなたを意味します 延長できない システムパーティションC Windows Server 2008 Diskpartコマンドまたはディスクの管理。

RAIDドライブのサイズを変更する方法 NIUBI Partition Editor

との比較 Windows ネイティブツール NIUBI Partition Editor ディスクパーティションのサイズ変更には、はるかに強力です。

RAIDパーティションのサイズを変更している間 Windows Server 2008 (およびR2)、まず同じディスクに未使用の空き領域があるかどうかを確認します。 はいの場合、それは非常に簡単です。 RAIDアレイがRAID 0、1、5、10などであるか、または任意のブランドのコントローラー/カードで構築されているかに関係なく、未割り当て領域を取得するためにパーティションを縮小してから、拡張するパーティションに追加する必要があります。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にディスクパーティション構造とその他の情報が表示されたメインウィンドウが表示されます。選択したディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作が左側または右クリックで一覧表示されます。 テストサーバーでは、同じディスク0にドライブC、D、E、およびシステム予約済みパーティションがあります。

NIUBI Partition Editor

RAIDアレイのパーティションCとDのサイズを変更する方法 Windows 2008サーバー:

1: 右の隣接するパーティションを右クリックします D: (一部のサーバーではE :)そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで。 「前の未割り当て領域」の後ろのボックスに金額を入力することもできます。

Shrink D

次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てスペースが作成されます。

Shrink D

2: 右クリックシステム C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがCドライブに結合されます。

Extend os drive

3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。

空き容量がある限り、システムパーティションまたはデータボリュームのサイズを簡単に変更できます。ビデオの手順に従って、RAIDパーティションのサイズを変更します Windows Server 2008 R2。

システムパーティションCのサイズを変更して拡張する方法:

Video guide

データパーティションのサイズを変更して拡張する方法(ここではD):

Video guide

他のソフトウェアよりも優れています NIUBI Partition Editor RAIDアレイ、物理ディスク、またはVMware / Hyper-V仮想ディスクのパーティションのサイズを変更する場合でも、独自のテクノロジーにより、安全性と速度が大幅に向上します。

より大きなディスクでRAIDパーティションのサイズを変更する

一部の古いサーバーでは、システムディスクが大きくない、CドライブがXNUMXつしかない、同じディスク上の他のすべてのパーティションに十分な空き容量がない場合があります。 その場合、コントローラがRAID拡張をサポートしているかどうかを確認してください。 はいの場合、追加のスペースは次のように表示されます 未割り当て オン 終わり 大きなディスクでRAIDアレイを再構築した後の元の仮想ディスクのサイズ。 次に、上記の手順に従って、未割り当て領域のあるパーティションのサイズを変更します。

RAIDコントローラにそのような機能がない場合、RAIDの仮想ディスクのサイズは、より大きなディスクで再構築しても以前と同じになります。 その場合、あなたはする必要があります copy 他のより大きな物理ディスクまたは別のRAIDアレイに。

ディスクパーティションのサイズ変更とコピーの他に、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、スキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD