Cドライブを拡張できません Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、Cドライブを拡張できない理由を紹介します。 Windows Server 2008 Diskpartまたはディスクの管理、およびシステムパーティションを拡張できない場合の対処方法

Cドライブを拡張できないのはなぜですか Diskpartコマンド

Diskpartは、統合されたコマンドラインツールです。 Windows XP。 非常に簡単で高速ですが、NTFSパーティションしかサポートしていません。 ほとんどのシステムCドライブはNTFSでフォーマットされているため、多くの人が DiskpartでCドライブを拡張することはできません?

ご存知のように、ハードディスクのサイズは固定されているので、 パーティションを拡張する 未割り当ての空き領域が必要です。 そのようなスペースを取得するには、削除するか、 パーティションを縮小する。 によって ボリュームを縮小する、その中のすべてのファイルはそのまま維持されるため、削除するよりも優れています。

ドライブDを20 GBに縮小しましたが、Cドライブを拡張すると、エラーメッセージが表示されます- エクステントのサイズが最小値よりも小さい.

Diskpart extend error

次に、ドライブDを削除して拡張を再試行します。今回、diskpartはCドライブが正常に拡張されたことを報告します。

Extend done

種類 助ける diskpartコマンドプロンプトで、Extendの動作、構文、および制限を確認できます。

Extend command limitation

要するに:

システムパーティションCはNTFSであり、Dから縮小された未割り当て領域も同じディスク上にあります。 ただし、この未割り当て領域は圧縮後のDの右側にあるため、隣接していないCドライブに拡張することはできません。 これがdiskpartでC:ドライブを拡張できない理由です。

プログラムがある場合はD:ドライブを削除しないでください。 Windows それから実行されるサービス。

Cドライブを経由して拡張できないのはなぜですか ディスク管理

Disk Managementは、いくつかの点でDiskpartのGUIバージョンであり、パーティションの縮小と拡張中に同じ制限があります。

  • 未割り当てスペースは、 収縮後。
  • 未割り当てスペースは、 隣接する パーティション。

したがって、 ボリュームの拡張が無効になっています Cの場合:Dを縮小した後のEドライブ。

これがCドライブを拡張できない理由です Windows Server 2008 ディスク管理。

ディスクの管理で未割り当て領域を左側に作成したり、右から左に移動したりできる場合は、そのような問題はありません。

Extend greyed

ディスクの管理には、別の理由が考えられます。

右隣のドライブDが 論理的、Dを削除した後もディスク管理でCドライブを拡張できません。

Server 2008のディスク管理では、 未割り当て から削除されたスペース プライマリー パーティションを論理パーティションに拡張することはできません。 Free から削除されたスペース 論理的 パーティションをプライマリパーティションに拡張することはできません。

Diskpartにはそのような制限はありません。Dから削除された空き領域はCドライブに拡張できます。

Extend volume disabled

システムパーティションCを拡張できない場合の対処方法

この問題を解決するのは簡単です NIUBI Partition Editor。 Dまたは他のボリュームを縮小した場合、NIUBIは未割り当てスペースをCドライブの後ろに移動できます。 連続するDドライブがFAT32の場合、Diskpartコマンドもディスクの管理もそれを縮小できません。 その場合、NIUBIはそれを縮小して、左側の未割り当てスペースを直接作成できます。

修正方法はシステムCドライブを拡張できない Windows Server 2008 R2:

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。 ドライブ20から縮小されたディスク0にはXNUMX GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 真ん中 に向かって位置 ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、未割り当てスペースが左に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Move Unallocated space

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

修正するビデオガイドはC:ドライブインを拡張できません Windows 2008サーバー:

Video guide

ドライブDがNTFSまたはFAT32、プライマリパーティションまたは論理パーティションであっても、手順は同じです。 また、任意のタイプのハードウェアRAIDアレイ、またはVMware / Hyper-Vを使用しても違いはありません。 他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor 独自の1秒ロールバック、仮想モード、およびWell-Cancelテクノロジーを備えており、システムとデータを保護します。

DOWNLOAD