Windows Server 2008 Cドライブを圧縮できません

更新日:2019年11月16日

この記事では、Cドライブを縮小できない理由を紹介します。 Windows Server 2008 R2ディスク管理とシステムパーティションCを圧縮できない場合の対処

Server 2008のディスクの管理でCドライブを縮小できないのはなぜですか

Windows Server 2008 ネイティブ ディスク管理 ユーティリティは ボリュームを縮小 できる機能 システムCドライブの縮小 オンザフライでのデータ量。 ただし、いくつかの制限のため、パーティションCを圧縮できない場合があります。

C:ドライブインを縮小できない理由はいくつかあります Windows Server 2008 (R2)ディスク管理。

1. 十分なスペースがありません

Server 2008のディスクの管理でシステムパーティションCを圧縮するのは非常に簡単です。右クリックして[ボリュームの圧縮]を選択するだけです。 次に、ディスクの管理が利用可能な空き容量を計算し、 デフォルトでは金額。

この縮小ウィンドウで、[デフォルトの量で縮小]をクリックすると、エラーが発生する場合があります- この操作を完了するためにディスクに十分な空き容量がありません.

Shrink error

説明: たとえば、特にCドライブに保存されているファイルがある場合、[縮小]をクリックする前の最大使用可能スペースは47473MBです。 Windows アップデートをダウンロードしてインストールしています。 その場合、使用可能なスペースは47473MB未満になります。もちろん、この容量でCドライブを圧縮することはできません。

2. 移動できないファイルがあります

縮小ウィンドウにヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

どういう意味ですか?

ディスクの管理では、ページングファイル、ハイバネーション、およびその他のいくつかの大きなファイルは移動できません。 これらの移動不可能なファイルがブロック3にある場合、ディスクの管理ではCドライブをブロック2または1に圧縮できませんが、そこには空き領域があります。

Unmovable files

これが、ディスクの管理で領域がほとんどないか、1 MBでもCドライブを圧縮できない理由です。

Cannot shrink

パーティションCを縮小してDを拡張できないのはなぜですか

After shrinking C

スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張が無効になっています パーティションCを圧縮した後のDドライブの場合

それの訳は:

ディスク管理は 未割り当てスペースを組み合わせる 隣接する パーティション。 ドライブDは未割り当て領域の右側にあるため、ボリュームの拡張は機能しません。

この状況では、 パーティションソフトウェア 未割り当てスペースを組み合わせる。 学ぶ Server 2008でDドライブを拡張する方法.

システムパーティションCを圧縮できない場合の対処方法

デフォルトの最大スペースでCドライブを縮小し、十分な空きスペースがないというエラーを受け取った場合は、少ない量で繰り返し、ソフトウェアなしでこの問題を解決できます。

移動できないファイルが原因で、Server 2008のディスクの管理でCドライブのパーティションを圧縮できない場合は、 NIUBI Partition Editor が必要であり、 移動 これらの移動できないファイル。 したがって、Cドライブを次のように縮小できます。 ミニウム 必要に応じてサイズ。

ディスク管理よりも優れたNIUBIは、未割り当て領域を どちら Cドライブ(および他のパーティション)を縮小するときの側面。 未割り当てスペースは システム予約パーティションに拡張 左側にあるか、右側にあるDドライブを拡張します。 もし欲しかったらどうぞ 未割り当てスペースを移動 同じディスク上の隣接していないパーティションに結合されます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従ってCドライブを縮小します Windows Server 2008:

Video guide

システムパーティションCを圧縮できないその他の理由が見つかった場合 Windows Server 2008、オンラインサポートに連絡してください(このページの下部にあります)。