Windows Server 2008 ボリューム/パーティションを縮小できません

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームを縮小できない理由を紹介します Windows Server 2008 R2ディスクの管理と、Server 2008でパーティションを圧縮できない場合の対処方法。

Server 2008のディスク管理でボリュームを縮小できない理由

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 新しい ボリュームを縮小 影響により ボリュームの拡張 ディスク管理ツールの機能。 ボリュームの縮小は、既存のパーティションを縮小して空き領域を解放します。システムパーティションとデータボリュームの両方を縮小して、データを失うことなくオンザフライで実行できます。 ほとんどの場合、ソフトウェアなしでパーティションを圧縮できます。 ただし、いくつかの制限があるため、特定の状況ではディスクの管理でパーティションを圧縮できません。

パーティションを圧縮できない理由はいくつかあります Windows Server 2008 ディスク管理。

1. パーティションはサポートされていません

Cannot shrink

私のサーバーで見たように、Extendと ボリュームの縮小がグレー表示 ドライブEの場合、それは FAT32.

Microsoftの説明によると、ボリュームの縮小は、フォーマットされたパーティションのみを縮小できます。 NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。 そのため、別の一般的なFAT32および他のタイプのパーティションはサポートされていません。

2. 移動できないファイルが原因

Shrinking window

縮小ウィンドウの中央にヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

例:Cドライブに40GBの未使用の空き容量があり、ブロック3に「移動できない」ファイルがある場合、ディスクの管理ではボリュームCをこのブロックを超えて1または2に縮小することはできません。したがって、ディスクの管理では次のことが可能です。 Cドライブの縮小 ブロック4に空きスペースあり。

Unmovable files

いくつかのサーバーでは、ディスクの管理は1MBでもボリュームを縮小できません。

3. 使用可能なスペースが競合しています

Shrink error

これはまれであり、この問題に遭遇する人はほとんどいません。

ボリュームを圧縮すると、ディスクの管理で利用可能な空き容量が計算され、 デフォルトでは金額。

[縮小]をクリックする前にこのボリュームに保存されているファイルが多数または大きい場合、エラーが発生する可能性があります- この操作を完了するためにディスクに十分な空き容量がありません.

利用可能な空き容量が計算されたディスクの管理よりも少ないためです。

パーティションを縮小して他のパーティションを拡張できないのはなぜですか

延長できません

スクリーンショットにあるように、 Cのボリュームの拡張が無効になっています: E:Dを縮小してからドライブします。これは次の理由によります。

  • ディスクの管理でパーティションを圧縮する場合、未割り当て領域は、 .
  • ボリュームの拡張では、未割り当て領域のみを拡張できます 隣接する パーティション。

システムパーティションCは隣接しておらず、ドライブE:は未割り当て領域の右側にあるため、 ボリュームの拡張がグレー表示されている.

ディスクの管理で左側に未割り当て領域を作成できる場合 未割り当てスペースを移動 反対側に、そのような問題はありません。

ディスクパーティションを圧縮できない場合の対処

これらの問題を解決するには、実行するだけです NIUBI Partition Editor、次のことが可能です。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従って、ボリュームを縮小できない問題を修正します Windows Server 2008:

Video guide

説明: パーティションを右クリックして、「Resize/Move Volume".

ディスクパーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションのコピー、マージ、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、スキャンなどに役立ちます。