ディスクパーティションをコピー Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、ハードディスクのクローンを作成する方法を紹介します Windows Server 2008 オペレーティングシステムとデータを移行するR2、他のディスクにパーティションを転送/コピーする方法。

単一パーティションを転送/コピーする方法

データパーティションには、コピーして貼り付けるだけでファイルを転送できます。 ただし、CPUやRAMなどのハードウェアリソースが多くかかります。 また、このパーティションに大量のファイルがある場合は、長時間かかります。 このコンピューターが適切に構築されていない場合、転送するファイルが多すぎてスタックすることがあります。

システムパーティションC、プログラムパーティションD、および交換用のその他のドライブなどの一部の特別なパーティションにコピーするだけでは、ファイルを転送できません。 代わりに、このパーティションをコピーする必要があります。

ディスクパーティションをコピーする方法はXNUMXつあります。 Windows Server 2008, セクターごと クローンと ファイルシステムレベル コピー。 各セクターをコピーして検証するのは非常に遅いです。 NIUBI Partition Editor より優れたファイルシステムベースのコピー方法を使用します。 高度な移動アルゴリズムにより、他のツールよりもはるかに高速です。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 構造やその他の情報を含むすべてのディスクパーティションが表示されます。

NIUBI Partition Editor

システムパーティションCをコピーしても、ターゲットディスクが起動可能であることを保証できません。 ディスク全体を複製 代わりに、次のセクションにジャンプします。 以下の手順に従って、他のデータパーティションをコピーします(ここではD:です)。

パーティションをコピーする手順 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: 他のディスク1のドライブFまたはHを右クリックして、[Resize/Move Volume", このパーティションを縮小して未割り当て領域を作成します.

これを行うには、ポップアップウィンドウで境界線を他の境界線に向かってドラッグするか、ボックスに直接金額を入力します。 (1024MB = 1GB)。

Shrink partition

次に、このパーティションの左側または右側に未割り当て領域が作成されます。

Make Unallocated space

既存の未割り当て領域がある場合は、この手順を無視できます。

未割り当てスペースは、 中古 ドライブDのスペース

ステップ2: ドライブを右クリック D: をクリックして Copy Volume、ポップアップウィンドウでこの未割り当てスペースを選択し、 .

Select unallocated

ステップ3: 次のウィンドウでターゲットパーティションを編集します。 境界線を右にドラッグすると、このパーティションを拡張できます。 元のドライブDはプライマリです。ターゲットパーティションには同じタイプを選択することをお勧めします。

Edit target volume

次に、ドライブDがIに複製され、パーティションサイズが70GBから100GBに増加します。

Partition copied

ステップ4: ドライブD:を右クリックして選択します Change Drive Letter、ポップアップウィンドウでいずれかを選択します(D:を除く)。

次に、ドライブFを右クリックします。 change drive letter Dへ。

Change drive letter

Partition cloned

ドライブDが複製され、ディスク0からディスク1に移動されます。NIUBIは、最初に仮想モードで動作するように設計されています。 Apply 有効にします。

パーティションを複製して移行するためのビデオガイド Windows 2008サーバー:

Video guide

コピーする方法/clone disk on Windows Server 2008

パーティションのコピーも同じです。 NIUBI Partition Editor ファイルシステムレベルのコピーを使用するため、非常に高速です。 ターゲットディスクは元のディスクと同じかそれ以上である必要があります。 ターゲットディスクのすべてのパーティションが 削除されたなので、ディスクのクローンを作成する前に、ファイルを他の場所に転送することを忘れないでください。

ディスクをクローン/コピーする手順 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: Disk 0の前面を右クリックして、 Clone Disk、またはクリック Clone Disk Wizard 以下 工具 左上。

Clone disk

ステップ2: ポップアップウィンドウでディスク1を選択し、[次へ]をクリックします。

Select disk

最初のオプションを選択して、宛先ディスク上のすべてのパーティションを削除します。

Delete partition

ステップ3: 追加のディスク領域を使用して、パーティションサイズをXNUMXつずつ編集します。 最後のパーティション(ここではE :)から開始します。

Edit partition

ドラッグ 右の境界 右に向かってこのパーティションを拡張するには、ドラッグします 真ん中 このパーティションを移動するには右方向に移動します。

Disk cloned

システムディスクをコピーするには再起動が必要です。

Disk Clone complete

ハードディスクドライブのクローンを作成する方法のビデオを見る Windows Server 2008:

Video guide

RAID、VMware、Hyper-V仮想ディスクをコピーする方法

サーバー2008にVMwareまたはHyper-Vを使用する場合、 Cドライブを増やす 他のディスクにコピーせずに他のパーティション。 どちらの仮想マシンにも、仮想ディスクのサイズを増やすための独自のツールがあります。 追加のディスク領域は、元のディスクの最後に未割り当てとして表示されます。

VMDK / VHD仮想ディスクを別の仮想ディスクに複製する場合、違いはありません。

ハードウェアRAIDアレイに、RAID仮想ディスクを物理ディスクまたは別のRAIDアレイにコピーできます。

上のディスクパーティションのクローンに加えて Windows Server 2008, NIUBI Partition Editor パーティションの縮小、拡張、移動、マージ、変換、非表示、デフラグ、ワイプ、スキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD