Windows Server 2008 ディスクのクリーンアップ

ジョン、更新日:2020年11月30日

この記事では、ディスククリーンアップをインストールして有効にする方法を紹介します。 Windows Server 2008 (R2)、Server 2008ディスククリーンアップユーティリティでディスク領域を解放する方法。

システムC:ドライブが スペース不足、ディスククリーンアップユーティリティを実行して不要なファイルやジャンクファイルを削除すると、ディスク領域を再利用できます。 Windows Server 2008 持っています ネイティブディスククリーンアップユーティリティ このタスクを実行します。 ディスククリーンアップ(cleanmgr.exe)は、Microsoftが提供するコンピュータメンテナンスユーティリティです。 Windows 98は、ハードドライブのディスク領域を解放するように設計されています。 ディスククリーンアップユーティリティは、不要になったファイルや安全に削除できるファイルを削除できます。 一時ファイルを含む不要なファイルを削除すると、コンピューターのパフォーマンスを高速化および向上させることができます。

ただし、他のバージョンとは異なり、 でディスククリーンアップが有効になっていません Windows Server 2008 初期設定でなので、Server 2008(およびR2)のディスクをクリーンアップする前に、ディスクをインストールするか、有効にする必要があります。

1.でディスククリーンアップをインストール/有効化する方法 Windows Server 2008

ニキビ後の跡が目立たないよう設計されており、さらにより少ない処方で効果的なものは でディスククリーンアップを有効にするXNUMXつの方法 Windows Server 2008 およびR2:

  1. WinSxSからファイルをコピーする
  2. デスクトップエクスペリエンスをインストールする
最初のオプションは簡単で高速ですが、ディスククリーンアップは一部の環境では機能しません。 XNUMX番目のオプションは、ディスククリーンアップがすべての条件で機能することを確認しますが、DesktopExperienceコンポーネントのインストールを完了するには再起動が必要です。 さらに、デスクトップエクスペリエンスとともに、他の多くの不要なコンポーネントがサーバーにインストールされます。 Windows メディアプレーヤー、デスクトップテーマ、オーディオ録音。

オプション1: 再起動せずにServer2008でディスククリーンアップを有効にする

WinSxSからコピーするファイルが異なります Windows Server 2008 とR2なので、最初にサーバーのバージョンを確認し、 Windows 影響により R キーボードで実行を開始するには、次のように入力します winverと を押し 入力します.

winver

WinSxSファイルを Windows Server 2008 x64:

1。 クリック 開始 メニュー、右クリック コマンドプロンプト 上部で選択 管理者として実行.

2.以下のコマンドを貼り付けて、Enterキーを押します。

copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18000_none_c962d1e515e94269\cleanmgr.exe C:\Windows\System32\

3.コマンドを貼り付けます。

copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr.resources_31bf3856ad364e35_6.0.6001.18000_en-us_b9f50b71510436f2\cleanmgr.exe.mui C:\Windows\System32\en-US\

WinSxSファイルを Windows Server 2008 x64 R2:

1。 実行 コマンドプロンプト 管理者として

2.コマンドを貼り付けます:

copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16385_none_c9392808773cd7da\cleanmgr.exe C:\Windows\System32\

3.コマンドを貼り付けます:

copy C:\Windows\winsxs\amd64_microsoft-windows-cleanmgr.resources_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16385_en-us_b9cb6194b257cc63\cleanmgr.exe.mui C:\Windows\System32\en-US\

オプション2: にディスククリーンアップをインストールする Windows Server 2008 (r2)

ステップ1: ナビゲーションヘッダーの サーバーマネージャ 左下の隣 開始 メニュー。

Server manager

ステップ2: ナビゲーションヘッダーの の特徴 左上に 機能を追加 右に。

Add Features

ステップ3: の前のチェックボックスをクリックします デスクトップエクスペリエンス。 機能の追加ウィザードで、以前にインストールしていない場合は、インクと手書きサービスをインストールするように求められます。 必要な機能を追加.

Add required features

ステップ4: デスクトップエクスペリエンスのチェックボックスをもう一度クリックして、 .

Desktop Experience

ステップ5: ナビゲーションヘッダーの インストール 確認してインストールを開始します。

Install

機能がインストールされたら、変更を有効にするためにウィザードを再起動する必要があります。

Disk Cleanup installed

2. Server2008ディスククリーンアップユーティリティを使用してスペースを解放する方法

ニキビ後の跡が目立たないよう設計されており、さらにより少ない処方で効果的なものは でディスククリーンアップを実行する3つの方法 Windows Server 2008 およびr2:

メディア情報 Windows 影響により R キーボードで一緒に入力 ます。cleanmgr を押し 入力します、次にドロップダウンリストからC:または他のドライブを選択します。

Cleanmgr

ナビゲーションヘッダーの 開始 > すべてのプログラム] > アクセサリー > システムツール > ディスクのクリーンアップ

From Start

ファイルエクスプローラーを開き、Cドライブを右クリックして選択します プロパティ > ディスクのクリーンアップ.

From explorer

2番目と3番目の方法は、デスクトップエクスペリエンスを備えたServer 2008ディスククリーンアップをインストールした後にのみ有効です。

Server 2008のディスククリーンアップは、Cドライブ(または選択した他のドライブ)の空き容量を計算し、次のウィンドウに迷惑ファイルを一覧表示します。

これらのファイルはすべて安全に選択して削除できます。すべてのタイプのファイルをハイライト表示すると、下部にその説明が表示されます。

[OK]をクリックしてクリーンアップを開始します。 それが終わったら、繰り返します システムファイルのクリーンアップ.

Clean up disk

3. Server2008でディスクをクリーンアップした後の追加手順

Server 2008ディスククリーンアップユーティリティは使いやすく、高速で実行され、一般的なタイプの不要なファイルやジャンクファイルを安全に消去できます。 ディスクを解放しないサーバーにとっては、数ギガバイトのスペースを取り戻すのに役立ちます。

ただし、新しく生成されたジャンクファイルによって空き領域がすぐに使い果たされるため、 Cドライブにより多くのスペースを追加する できるだけ大きく拡大します。 それ以外の場合、Cドライブは いっぱいになる 再び 短い時間で。

同じディスク上の他のパーティションに空き領域がある場合は、ビデオの手順に従って、このパーティションを縮小し、Cドライブを拡張します。

Video guide

元のディスクが小さく、十分な空き容量がない場合は、より大きなディスクにクローンを作成し、追加のディスク容量でCドライブを拡張できます。

Video guide

ディスクパーティションの縮小、移動、拡張、コピーの他に、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、変換、デフラグ、ワイプ、非表示、スキャンなどに役立ちます。

ダウンロード