Windows Server 2008 ディスク管理ツール

ジョン、更新日:2020年12月1日

この記事は紹介します Windows Server 2008 R2ディスク管理ツール、Server 2008のネイティブディスクパーティションマネージャーの機能と欠点。

1.の基本機能 Windows Server 2008 ディスク管理

次のXNUMXつのネイティブディスク管理ツールがあります。 Windows 2008サーバー-diskpartおよびディスクの管理。 Diskpartはコマンドラインツールであり、ディスクの管理にはグラフィカルインターフェイスがあります。 Diskpartの方が簡単で速いようですが、ディスクパーティションの構造と各パーティションの詳細情報を明確に知っておく必要があります。 そうしないと、問題が発生する可能性が非常に高くなります。

情報の一部を含む単一のパーティションのみを一覧表示するDiskpartとは異なり、ディスクの管理では、パーティションのレイアウトと各ボリュームの詳細情報が表示されます。 したがって、ディスクパーティションのほとんどすべてが視覚的かつ短時間で表示されます。

開く Windows Server 2008 ディスク管理: 押す Windows 影響により R キーボードで一緒に入力します diskmgmt.mscと を押し 入力します。 パーティションまたはディスクを右クリックすると、使用可能な操作が表示されます。

Partition operations

Disk operations

Windows Server 2008 ディスク管理の基本機能

新しいハードディスクに:

  • オンライン、オフライン
  • 初期化します。

新しいボリュームを作成する前に、ハードディスクをオンラインにして初期化する必要があります。

未割り当てスペースへ:

新しいボリュームを作成します。

割り当てられたパーティション:

  • ファイルエクスプローラーでルートディレクトリを開く
  • パーティションをアクティブとしてマーク
  • Change drive letter とパス
  • フォーマットパーティション
  • パーティションを削除

2. Server2008ディスク管理の高度な機能

ダイナミックボリュームの管理:

シンプル、ミラーリング、ストリップ、スパン、およびRAID 5ダイナミックボリュームを作成および管理できます。

ダイナミックディスクボリュームは多くのリソースを消費し、サーバーのパフォーマンスを低下させます。 現在、ハードウェアの価格がはるかに安いため、ほとんどのサーバーは動的ボリュームの代わりにハードウェアRAIDアレイを使用しています。

ディスク変換:

ディスクの管理には、MBRとGPTの間でディスクを変換するオプションがありますが、事前にディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。

データを失うことなく、ベーシックディスクをダイナミックに変換することしかできません。 ダイナミックディスクをベーシックに変換するには、 すべて削除 ディスク上のパーティションも。

パーティションサイズを変更します。

以前のバージョンよりも優れたServer2008 Disk Managementには、ボリュームの縮小および拡張機能があり、 データを失うことなくパーティションのサイズを変更する.

他の高度な機能と比較すると、これらの新しい機能が使用される可能性があります。 ただし、 パーティションを拡張できません 別のものを縮小することによって。

3. Server2008ディスクの管理でパーティションを縮小する方法

多くのサーバー管理者は パーティションサイズを変更する 一定期間サーバーを実行した後。

ディスクの管理でパーティションを縮小するには:

  1. 上記の方法に従って、Server 2008ディスク管理ツールを開きます。
  2. システムまたはデータボリュームを右クリックして、 ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する.

ボリューム縮小機能の短所:

  • NTFSパーティションのみがサポートされています。
  • 未割り当てスペースは、 縮小しながら。
  • 移動できないファイルがある場所を超えてパーティションを縮小することはできません。

4. Server2008ディスクの管理でパーティションを拡張する方法

ディスクの管理でパーティションを拡張するには:

  1. 右側に隣接する未割り当てスペースがあるパーティションを右クリックし、 ボリュームの拡張 リスト内の
  2. 単にクリックしてください 終了 ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウ。

ボリューム拡張機能の短所:

5. Server2008用のより優れたディスクパーティションマネージャー

第三者 ディスクパーティションマネージャー はるかに強力です。 他のツールよりも優れている、 NIUBI Partition Editor 強力なテクノロジーにより、より安全で高速です。

ダウンロード サーバーエディションを使用すると、右側にディスクパーティションのレイアウトやその他の情報が表示されたメインウィンドウが表示されます。 ハイライトされたディスクまたはパーティションで使用可能な操作は、左側または右クリックで一覧表示されます。 使用できない操作は、インターフェイスをクリーンに保つために自動的に非表示になります。

Partition Editor

パーティションで使用可能な操作:

  • ボリュームのサイズ変更(縮小および拡張)
  • パーティションの場所を移動する
  • 隣接する1つのボリュームをXNUMXステップでマージする
  • Copy volume 未割り当てスペースへ
  • 論理とプライマリ間のパーティションの変換
  • NTFSからFAT32に換算
  • Change drive letter (Dなど)
  • ラベルを変更(パーティションの名前を追加または変更)
  • アクティブに設定
  • ファイルシステムの整合性を確認する
  • パフォーマンスを改善するためのデフラグ
  • ファイルエクスプローラーから非表示
  • 削除(ファイルは回復可能)
  • 新規として使用するボリュームをフォーマットする
  • ワイプ(データを完全に消去)
  • 表面テスト(不良セクターのスキャン)
  • 探索(ディレクトリでファイル/フォルダを表示)
  • プロパティを表示する

Partition tool

ディスク全体に対して利用可能な操作:

  • 新しいディスクを初期化する
  • ステータスをオフラインまたはオンラインに変更します
  • 読み取り専用属性を設定する
  • ディスクをワイプ(回復できません)
  • 表面テスト
  • プロパティを表示する
  • Clone disk データとOSを移行する
  • MBRディスクをGPTに変換する
  • すべてのパーティションを削除
  • ディスクのクリーンアップ

詳細はこちら サーバーディスクパーティションマネージャー でいたソリューション Windows 2008年、 ビデオガイド それを使用する方法。

ダウンロード