システムCドライブを拡張するDiskpart Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、diskpartを使用してCドライブを拡張する方法を紹介します。 Windows Server 2008 R2、およびdiskpartコマンドでシステムパーティションを拡張するための制限。

縮小によってdiskpartでCドライブを拡張できません

Diskpartはコマンドラインツールであり、多くのサーバー管理者はこの種のツールを使用することを好みます。 ディスクパーティションを管理する多くのコマンドがあります。 拡張コマンドを使用して、 システムパーティションを拡張する そして、データを失うことなくデータ量。 ただし、非常に制限された条件下で機能します。

diskpartコマンドをオンにしてパーティションを拡張しているときに、多くの人が問題に遭遇します Windows 2008サーバー、一般的なエラーは エクステントのサイズが最小値よりも小さい。 では、なぜdiskpartでCドライブを拡張できないのでしょうか?

まず、ボリュームを拡張する前に、未割り当ての空き領域がなければならないことを知っておく必要があります。 そのようなスペースを得るために他のボリュームを削除または縮小しなかった場合は、もちろん パーティションを拡張できません diskpartコマンドまたはその他のツールを使用します。

問題は、Dまたは他のボリュームを縮小した後、diskpartでCドライブを拡張できないことです。

Unable with diskpart

スクリーンショットにあるように、連続したドライブDを圧縮した後、diskpartはシステムパーティションCを拡張できません。

それの訳は:

Diskpartは、右側に隣接する未割り当て領域がある場合にのみNTFSパーティションを拡張できます。

D:ドライブを縮小した後、未割り当て領域は右側にあります。 したがって、システムパーティションCでは、この未割り当て領域は隣接していません。

Diskpartは、未割り当て領域を正しいパーティションEに拡張することもできません。

diskpartでシステムパーティションを拡張する方法

C:ドライブをdiskpartで拡張するには Windows Server 2008 (R2)、唯一の方法は 削除する 右の連続したパーティション。

Diskpart works

スクリーンショットにあるように、Dを削除した後、diskpartはCドライブを正常に拡張します。

プログラムなどをインストールした場合 Windows D:ドライブへのサービス、それを削除して隣接する未割り当てスペースを取得することはできません。その場合、diskpartはシステムC:ドライブの拡張を支援できません。

システムCを拡張する手順:diskpartを含むドライブ Windows Server 2008 Dを削除できる場合:

  1. 次の項目を選択します。: Windows R キーボードで一緒に入力 DISKPART を押し 入力します.
  2. 種類 リスト容積 Enterを押します。
  3. 種類 ボリュームCを選択 Enterを押します。
  4. 種類 伸ばす Enterを押します。

システムボリュームを拡張するための優れたツールと方法

diskpartと比較すると、 NIUBI Partition Editor より強力で、次のことができます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従って、システムパーティションCを拡張します Windows Server 2008:

Video guide