Diskpartボリュームを縮小 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、diskpartでパーティションを縮小する方法を紹介します Windows Server 2008 R2。 diskpartコマンドラインプロンプトを使用して、システムCドライブとボリュームDを縮小します。

Server 2008でdiskpartを使用してパーティションを圧縮する方法

Diskpart から統合されたコマンドラインツールです Windows XP、それはのような多くのコマンドを持っています 縮小する, 伸ばす 影響により 変換。 新しいボリュームを作成する場合は、Diskpart Shrinkコマンドを使用して割り当てられたパーティションを縮小し、空き領域を解放できます。 ただし、縮小後に他のパーティションを拡大したい場合は、Diskpart Extendコマンドは役に立ちません。

diskpartを使用してボリュームを縮小する手順 Windows Server 2008:

ステップ1: メディア情報 Windows 影響により R 実行を開くには、次のように入力します DISKPART を押し 入力します.

Open diskpart

ステップ2: 種類 リスト容積 コマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押します。 次に、ファイルシステム、タイプ、サイズ、ステータスなど、他の情報とともにすべての単一パーティションが表示されます。

ステップ3: 種類 ボリュームCを選択 Enterを押します。 C 圧縮するボリュームのドライブ文字または番号です。

ステップ4: 種類 希望の収縮= 10240 Enterキーを押します。 10240は、このパーティションから縮小する領域の量(MB単位)です。

List volume

しばらくすると、diskpartレポートはボリュームを10GB縮小しました。

ドライブ2を縮小するためにステップXNUMXから繰り返しますが、diskpartはエラーを報告します- ファイルシステムがサポートしていないため、ボリュームを縮小できません.

Shrink error

diskpartコマンドでボリュームを縮小するための制限

種類 収縮を助ける diskpartコマンドラインウィンドウでEnterキーを押すと、縮小コマンドの用途と上部の構文が表示されます。

Shrink command

最後に、diskpartの縮小コマンドの制限が表示されます。

Diskpart shrink

Diskpart Shrinkコマンドのすべての制限は次のとおりです。

説明 最後の制限について:たとえば、システムパーティションCに25GBの空き容量がある場合、「動かない"このドライブ内のファイル。diskpartはこれらのファイルが配置されているポイントを超えて縮小できないため、目的の25GB(または20GB)で縮小することはできません。25GBの空き領域がありません 利用できます.

最初に言ったように ボリュームを拡張できません Diskpartコマンドで他のXNUMXつを圧縮する。 それの訳は:

例:diskpartでパーティションDを圧縮した後、Dの右側に未割り当てスペースが生成されるため、このスペースを隣接していないドライブCまたは右側のパーティションEに拡張することはできません。

同じ制限があります Server 2008のディスク管理によるボリュームの縮小.

diskpartよりもパーティションを縮小および拡張するより良い方法

サーバーパーティションソフトウェア、そのような制限はありません。 Diskpartコマンドツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor することができます:

ダウンロード NIUBI Partition Editor そして、フォロー ビデオでパーティションを縮小する手順 Windows Server 2008 R2:

Video guide

他のサードパーティのツールよりも優れています NIUBI Partition Editor は、システムとデータを保護する革新的な1秒ロールバック、仮想モード、Cancel-at-wellテクノロジー、高度なファイル移動アルゴリズムを提供し、パーティションのサイズ変更を30%〜300%高速化します。