Cドライブのパーティションを拡張する方法 Windows Server 2008

ジョン、更新日:2020年6月17日

この記事では、Cドライブを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくR2。 拡大C:ドライブパーティションを他のドライブとディスクと一緒に。

ソフトウェアなしでCドライブを拡大する方法

Windows 2008年のサーバーは数年間稼働しており、システムCドライブは非常に可能性が高いです スペース不足。 この問題を解決するには、 Cドライブを拡大 パーティションを再作成し、バックアップからすべてを復元するために長い時間を無駄にすることなく。 に 拡張C:ドライブパーティション in Windows Server 2008、XNUMX種類のツールがあります- Windows ネイティブツールとサードパーティソフトウェア。

Windows 内蔵しています Diskpart , ディスク管理、どちらのツールにも、 パーティションを拡張する データを失うことなく(ほとんどの場合)。 Diskpartはコマンドプロンプトを介して機能し、ディスクの管理にはグラフィカルダイアログボックスを備えたボリュームの拡張ウィザードがあります。 それらは異なる方法で動作しますが、Server 2008のCドライブを拡張している間、同じ制限があります。 隣接 未割り当て 上のスペース 。 Dまたはその他のボリュームを縮小しても、このような必要なスペースを取得することはできません。

スクリーンショットに表示されているように、ドライブDにのみ隣接する未割り当て領域があるため、[ボリュームの拡張]オプションがアクティブになっています。 Cドライブは隣接しておらず、Eは右側にあるので ボリュームの拡張がグレー表示されている.

Extend greyed

この未割り当てスペースは、Dドライブから縮小され、Cドライブの隣接する未割り当てスペースを取得するための唯一の方法は、Dを削除することです。

手順に従ってCドライブを拡張します Windows Server 2008 (R2)ディスク管理:

  1. D:ドライブのすべてのファイルを別の場所に転送します。 (注意: プログラムをインストールした場合、または Windows このボリュームのサービスは削除しないでください。)
  2. プレス Windows , R キーボードのキー、タイプ diskmgmt.mscと Enterキーを押してディスクの管理を開きます。
  3. D:を右クリックして選択します ボリュームの削除.
  4. C:を右クリックして選択します ボリュームの拡張.
  5. デフォルトでは、利用可能なディスク容量が選択されています。 .
  6. ナビゲーションヘッダーの 仕上げ 拡張を確認します。

必要に応じて手順に従ってください Cを拡張する:diskpartコマンドでServer 2008のドライブ。 右に隣接するパーティションDがないか、または 論理的 ドライブ、ディスクの管理もdiskpartも役に立たないので、 Server 2008のパーティションソフトウェア.

Cを拡張する方法:Dまたは他のボリュームでドライブ

明らかに、削除するよりもDドライブを縮小する方が良いです。 と サーバーパーティショニングソフトウェア、ボリュームを縮小するときに、左または右に未割り当てスペースを作成できます。 未割り当て領域は、1ステップずつ連続パーティションにマージするか、移動して隣接していないボリュームに結合することができます。 この方法では、 Cドライブのスペースを増やす パーティションやデータを失うことなく。 オペレーティングシステム、プログラム、関連する設定、その他は以前と同じです。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor 次のようなシステムとデータを保護する革新的なテクノロジーを提供します。

  • 仮想モード -すべての操作がプレビュー待ちとしてリストされます。実際のディスクパーティションは、[適用]をクリックして確認するまで変更されません。
  • よくキャンセル -間違った操作を適用した場合、それは問題ではありません。データを失うことなく、進行中の操作をキャンセルすることもできます。
  • 1秒ロールバック -パーティションのサイズ変更中にエラーが発生した場合、サーバーは自動的にフラッシュの元のステータスに戻ります。

また、 30%-300%速い 高度なファイル移動アルゴリズムのため。 特にこのサーバーに大量のファイルがある場合に非常に役立ちます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor、右側に構造とその他の情報を含むすべてのディスクパーティションが表示されます。選択したディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作が左側または右クリックによって一覧表示されます。 ディスク0には、ドライブC、D、Eとシステム予約パーティションがあり、パーティションCの元のサイズは40GBです。

NIUBI Partition Editor

C:ドライブパーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 NIUBIを使用したR2:

ステップ1: ドライブを右クリック D: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで、または[前の未割り当て領域]の後ろのボックスに金額を入力します(1024MB = 1GB)。

Shrink D

次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てスペースが生成されます。

Shrink D

ここで、DはCドライブの背後の隣接パーティションです。サーバーのEの場合、この手順では単にDをEに置き換えます。

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって 未割り当てスペースを組み合わせる。

Extend C drive

次に、Cドライブが60GBに拡張されます。

Extend os drive

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に表示されます。

Cを拡張するためのビデオガイド:ドライブのボリューム Windows Server 2008 他のボリューム:

Video guide

C:ドライブを他のディスクで拡張する方法

ディスク0にCドライブがXNUMXつしかない場合、またはディスク全体に使用可能な空き容量がない場合、 いいえ ソフトウェアはCドライブを他の空き容量で拡張できます ディスク。 でも君ならできる このディスクを複製 より大きなものに NIUBI Partition Editor、クローン作成中にCドライブにディスク容量を追加できます。

別のディスクとは、NIUBIまたは Windows 物理ディスクまたはRAID / VMDK / VHD仮想ディスクに関係なく、ディスクの管理。

より大きなディスクにコピーしてC:ドライブパーティションを拡張する方法:

Video guide

RAID、VMware、Hyper-V仮想ディスクでCドライブを拡張する

同じディスク上の任意のパーティションに使用可能な空き容量がある場合は、次のようにしてCドライブを拡張できます。 上記の方法 そして、どんな種類のハードウェアRAIDアレイやVMware / Hyper-V仮想ディスクを使用しても、違いはありません。

ディスク全体に使用可能な空き容量がない場合、ストレージデバイスによって方法が異なります。

VMwareまたはHyper-Vの仮想パーティションCを拡張するには:

  1. 手順に従って仮想ディスクを増やします Hyper-Vの or ヴイエムウェア、追加スペースは次のように表示されます 未割り当て 上のスペース 終わり ディスクの。
  2. 上記の手順に従って移動し、 C:ドライブに未割り当て領域を追加する (およびその他のパーティション)。

RAIDアレイのCドライブパーティションを拡張するには:

まず、RAIDコントローラがより大きなディスクでのRAID拡張をサポートしているかどうかを確認します。 その場合、RAIDアレイを再構築した後、追加のスペースが最後に未割り当てとして表示されます。

そうでない場合は、上記の手順に従って、元のRAID仮想ディスクを他の物理ディスクまたは新しいRAIDアレイにコピーします。

ディスクパーティションの構造と構成を確認し、対応する方法を選択して、Cドライブを拡大します。 Windows 2008サーバー。 ディスクパーティションの縮小、移動、拡張、クローン作成に加えて、 NIUBI Partition Editor 他の多くの操作を行うのに役立ちます。

DOWNLOAD