Cドライブを拡張する方法 Windows 2008サーバー

ジョーダン、更新日:2020年11月27日

この記事では、Cドライブを拡張するための完全なソリューションを紹介します。 Windows Server 2008 r2、独自のディスクパーティション構成に従って対応する方法を選択します。

In Windows 2008サーバー、最も一般的な問題は、システム Cドライブがいっぱいになっています多くの種類のファイルが継続的にCドライブに保存されるためです。 この問題を解決するために、サーバーOEMメーカーのサポートに連絡すると、すべてをバックアップし、ボリュームを削除して再作成し、最後にバックアップから復元するように指示されます。 大量のファイルがあるサーバーにとって、このタスクを完了するのに丸一日かかるかもしれません。 最速の方法は Cドライブの拡張 別のパーティションまたはディスク。

Cドライブを拡張するには Windows Server 2008 およびR2には、組み込みのディスク管理とサードパーティの2種類のツールがあります。 partition editor ソフトウェア。 この記事では、両方のツールを使用してServer2008でCドライブボリュームを拡張するための詳細な手順を示します。

1. Server2008ディスク管理を使用してCドライブを拡張する方法

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 ディスク管理 新しい ボリュームの拡張 助ける機能 パーティションサイズを増やす データを失うことなく(ほとんどの場合)。

ただし、Cドライブを拡張できるのは 削除する 右側の隣接するパーティション(D:またはE)。 右に隣接するパーティションがない場合、または削除できない場合は、 Cドライブを拡張できません Server 2008のディスク管理。

別の新しいがあります ボリュームを縮小 機能が追加され、一部の人々はなぜそうしないのかと尋ねるかもしれません Dを縮小してCドライブを拡張する。 なぜなら、ボリュームの縮小を介してパーティションから縮小された未割り当て領域は、ボリュームの拡張機能を使用して他のパーティションに拡張できないためです。 スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張が無効になっています Dを縮小した後のCおよびEドライブの場合

Extend Volume disabled

ボリュームの拡張は、右側に隣接する未割り当て領域がある場合にのみ機能します。 問題は、ディスクの管理のボリュームの縮小を介して、このような必要な未割り当て領域を取得できないことです。 ディスクの管理を使用してパーティションを縮小する場合、未割り当て領域は右側にしか作成できないため、 非隣接 Cドライブに。 別のEドライブは、未割り当て領域の右側にあるため、 ボリュームの拡張はグレー表示されます、あまりにも。

Server 2008ディスクの管理でCドライブを拡張する唯一の方法は、Dドライブを削除して、適切な連続した未割り当て領域を取得することです。 ただし、Dが 論理ドライブ、Dを削除した後もCドライブを拡張することはできません。一言で言えば、隣接するパーティションDがプライマリであり、それを削除できる場合にのみ、Cドライブを拡張できます。 Windows ソフトウェアのない2008サーバー。

Server 2008 Disk Managementを使用してCドライブのボリュームを拡張する手順:

  1. Dドライブ内のすべてのファイルを他の場所に転送します。 (プログラムがないことを確認するか Windows サービスはこのパーティションにインストールされます。)
  2. メディア情報 Windows 影響により R キーボードで起動する ラン、タイプ diskmgmt.mscと を押し 入力します ディスクの管理を開きます。
  3. ドライブDを右クリックして選択します ボリュームの削除.
  4. ドライブCを右クリックして選択 ボリュームの拡張.
  5. ナビゲーションヘッダーの  ポップアップで ボリュームウィザードを拡張 窓。
  6. 利用可能なディスク領域がデフォルトで選択されています。[次へ]をクリックして[完了]をクリックします。

あなたがしたい場合 diskpartcmdでCドライブを拡張する、Dドライブも事前に削除する必要があります。 より良い Windows ネイティブツール。 サードパーティのソフトウェアは、パーティションを縮小するときに、左側または右側に未割り当て領域を作成し、同じディスク上の隣接するパーティションまたは隣接していないパーティションに未割り当て領域をマージできます。 したがって、あなたはすることができます Cドライブのスペースを増やす 他のボリュームを削除せずに、オペレーティングシステム、プログラム、その他は以前と同じままです。

2.同じディスク上のDまたはEからCドライブを増やす方法

信頼性の低いソフトウェアを使用してパーティションのサイズを変更すると、システムとデータが損傷する可能性があります。 なぜなら、関連するディスク、パーティション、およびファイルのすべてのパラメータを正しく変更する必要があるからです。 パーティション内のすべてのファイルが新しい場所に移動される場合があります。 ソフトウェアエラーまたはハードウェアの問題は、災害を引き起こす可能性があります。 したがって、最初にバックアップを作成して実行することをお勧めします 安全なパーティションソフトウェア.

他より良い ディスクパーティションツール, NIUBI Partition Editor システム、パーティション、およびデータを保護する高度なテクノロジーを備えています。

ダウンロード NIUBI Partition Editor、右側にパーティション構造のあるすべてのディスクとその他の情報が表示されます。 選択したディスクまたはパーティションで使用可能な操作が左側に表示され、右クリックすると表示されます。

Cドライブを拡張する手順 Windows Server 2008 R2と NIUBI Partition Editor:

  1. 右クリック D: ドライブして選択 Resize/Move Volume、ポップアップウィンドウでドラッグ 左枠 に向かって またはのボックスに値を入力します Unallocated space before。 次に、空き領域の一部が未割り当てに変換されます 左側 Dの
  2. 右クリック C: ドライブして選択 Resize/Move Volume もう一度、ドラッグ 右の境界 この未割り当てスペースを結合する権利に向かって。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。

ヒント: 非隣接パーティションEを縮小してCドライブを拡張する場合は、次の追加手順があります。 未割り当てスペースを移動 Cドライブの後ろ。

Video guide

RAID 1/5/10などの任意のタイプのハードウェアRAIDアレイを使用する場合は、アレイを壊したり、コントローラーをRAIDするための操作を行ったりせずに、ビデオの同じ手順に従ってください。

3. Cドライブのパーティションを別のディスクで拡張する方法

Server 2008のディスクの管理や任意のパーティション分割ソフトウェアを使用してCドライブボリュームを拡張しても、同じハードディスク上の領域しか使用できません。 ディスクに使用可能な空き容量がない場合は、 Cドライブにスペースを追加する 別の別のディスクから。 代わりに、あなたはする必要があります ディスクをより大きなディスクにコピーする.

手順に従ってCドライブを拡張します Windows より大きなディスクを持つ2008サーバー:

Video guide

別の方法は 動くD またはEを別のディスクに移動してから、このパーティションを削除し、そのスペースをCドライブに追加します。

VMware / Hyper-VでServer 2008のCドライブを拡張する方法

あなたが走ったら Windows VMwareまたはHyper-V仮想マシンのゲストサーバーとしての2008年、まず、同じディスクに十分な空き容量があるかどうかを確認します。 はいの場合は、NIUBIを仮想サーバーにインストールし、上記の最初のビデオの手順に従います。

システムディスクに十分な空き領域がない場合は、別の仮想ディスクにコピーせずにこの仮想ディスクを拡張できます。

ディスクを拡張した後、追加のスペースは未割り当てとして表示されます の終わりに 元のディスク。 最初のビデオの手順に従って、未割り当て領域を移動し、Cドライブに追加します。

パーティションの縮小とCドライブの拡張に加えて Windows Server 2008/ 2012 / 2016 / 2019、 NIUBI Partition Editor 他の多くのディスクパーティション管理操作を実行できます。

ダウンロード