Windows Server 2008 ディスクパーティションを拡張する

更新日:2019年11月16日

この記事では、パーティションを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくR2。 ディスクパーティションを拡張する詳細な手順を含む完全なソリューション。

ソフトウェアなしでServer 2008パーティションを拡張する

サーバーに非常に一般的です スペース不足、特にシステムパーティションCまたは交換、データベース、バックアップ用のドライブ。 データベースとバックアップパーティションに、設定を変更してファイルを転送できます。 しかし、システムパーティションに対しては、より複雑です。 拡張するパーティションに関係なく、いくつかのツールで実現できます。

パーティションを拡張するには Windows Server 2008 (R2)、DiskpartとDisk Managementの2つのネイティブツールがあります。 Diskpartはコマンドプロンプトで機能し、Disk Managementはグラフィカルインターフェイスで機能します。 動作は異なりますが、次のような同様の制限があります。

ディスクパーティション構成が上記のすべての要件を満たしている場合にのみ、ソフトウェアなしでサーバー2008パーティションを拡張できます。

DiskpartでServer 2008パーティションを拡張する方法:

  1. ニュース WindowsR キーボードで一緒に入力します DISKPART Enterを押します。
  2. 種類 リスト容積 コマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押します。
  3. 種類 ボリュームDを選択 Enterキーを押します。 (Dは右隣のドライブです。)
  4. 種類 ボリュームを削除する Enterを押します。
  5. 種類 ボリュームCを選択 Enterキーを押します。 (Cは拡張するパーティションです。)
  6. 種類 伸ばす Enterを押します。

ディスクの管理でServer 2008パーティションを拡張する方法:

  1. ニュース WindowsR キーボードで一緒に入力します diskmgmt.mscと Enterを押します。
  2. 右隣のパーティション(D:など)を右クリックして、 ボリュームの削除.
  3. 拡張するパーティション(C:など)を右クリックして、 ボリュームの拡張.
  4. 利用可能なスペースはデフォルトで選択されており、クリックするだけです 仕上げ ボリューム拡張ウィザードのウィンドウ。

パーティションを拡張する前に右側の隣接パーティションを削除する必要があるのはなぜですか? なぜなら:

私のサーバーに表示されているように、未割り当て領域は圧縮後のドライブDの右側にあります。 Cドライブはそれに隣接しておらず、ドライブEは右側にあるため、ボリュームの拡張は機能しません。

適切な連続したパーティションがないか、削除できない場合、または拡張するパーティションがFAT32としてフォーマットされている場合は、 サーバーパーティションソフトウェア.

延長できません

他のドライブの空き容量でパーティションを拡張する

パーティションを拡張する前 Windows 2008サーバー、データ損失の可能性があることを知っておく必要があります リスク サードパーティのソフトウェアで。 一部の信頼性の低いソフトウェアは、システムの起動エラー、パーティションの損傷、データの損失を引き起こす可能性があるため、操作の前に必ずバックアップしてください。

他のツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor 強力なテクノロジーにより、より安全で高速です。

パーティションに未使用の空き領域がある限り、NIUBIは同じディスク上の他のパーティションに転送できます。

たとえば、パーティションCを拡張する方法 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: 無料試用 NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。

NIUBI Partition Editor

ステップ2: ドライブを右クリック D: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで。 「前の未割り当て領域」の後ろのボックスに量を入力することもできます(1024MB = 1GB)。

シュリンクD

次に、ドライブDが縮小され、左側に20 GBの未割り当て領域が作成されます。

シュリンクD

ステップ3: 右クリック C: ドライブして選択Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって 未割り当てスペースを組み合わせる。

Cドライブの拡張

次に、システムパーティションCが60GBに拡張されます。

OSドライブを拡張する

実際のディスクパーティションを変更するには、 Apply 左上に実行します。

システムパーティションCを拡張するためのビデオガイド Windows Server 2008:

ビデオガイド

データパーティションDを拡張するためのビデオガイド Windows Server 2008:

ビデオガイド

RAID、VMware / Hyper-Vで仮想パーティションを拡張する

ディスク内に使用可能な空き容量がある場合は、RAIDアレイを壊さないでください。 変わりはない ハードウェアRAIDアレイまたはVMware / Hyper-V仮想ディスクのパーティションを拡張します。

他のパーティションがないか、ディスク全体に使用可能な空き領域がない場合、ソフトウェアは他の領域から領域を転送できません 分離しました ディスク。 その場合、NIUBIにはいくつかのオプションがあります。独自のディスクパーティション構造に従って、対応する方法を選択してください。

分離したディスクとは、NIUBIまたは Windows ディスク管理。

VMwareまたはHyper-Vの仮想パーティションを拡張する場合:

  1. 独自のツールで仮想ディスクのサイズを大きくすると、追加のスペースは次のように表示されます 未割り当て 上のスペース 終わり ディスクの。
  2. ビデオの手順に従って、未割り当て領域をC:ドライブ(およびその他のパーティション)に移動して結合します。

RAIDアレイの仮想パーティションを拡張する場合:

まず、RAIDコントローラが大容量ドライブでのRAID拡張をサポートしているかどうかを確認します。 RAIDアレイを再構築した後、追加スペースが最後に未割り当てとして最後に表示されます。

そうでない場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 元のRAIDアレイのサイズより大きいディスクをXNUMXつ挿入します。
  2. 元のRAIDアレイを単一のディスクにコピーします。
  3. 大きいディスクで新しいRAIDアレイを構築し、単一のディスクからコピーして戻します。

そのような十分な大きさの単一ディスクがない場合は、新しいRAIDを構築し、元のRAIDから直接コピーする必要があります。

ディスクパーティションの構成方法(ダイナミックディスクを除く)に関係なく、 NIUBI Partition Editor パーティションを拡張するのに役立ちます Windows Server 2008 高速かつ安全に。

DOWNLOAD