OSパーティションを拡張 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、OSボリュームを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくR2。 D、隣接していないドライブまたは他のディスクからOSパーティションCを拡大します。

Dを縮小してOSドライブを拡張する

Cドライブの容量が不足しています 両者に Windows Cドライブはオペレーティングシステムの実行場所であり、多くの種類のファイルがそこに継続的に保存されるため、クライアントおよびサーバーコンピューター。 この状況では、 OSドライブの拡張 いくつかの ディスクパーティションツールその後、パーティションを再作成してバックアップから復元するのに長い時間を費やすことなく、この問題をすばやく解決できます。

Windows Server 2008 持っています ボリュームの拡張 ネイティブの機能 ディスク管理 OSボリュームとNTFSデータドライブを拡張できるツール。 ただし、 削除されたデジタルマスターを復元することはできません OSパーティションを拡張する 収縮 Dまたは他のボリューム。 未割り当てスペースは、縮小後にDの右側にのみ作成できますが、 Cドライブを拡張、未割り当てスペースは Dの側

Extend greyed

私のサーバーに表示されるように、 ボリュームの拡張はグレー表示されます Dを縮小した後のCおよびEドライブの両方

あるときだけ 隣接 上の未割り当てスペース 、ディスクの管理でこのパーティションを拡張できます。

したがって、Server 2008のディスクの管理でOSパーティションを拡大する唯一の方法は、 削除する 右隣のパーティション(D :)。

ほとんどのサーバーでは、Dドライブはプログラムまたは一部に使用されます Windows サービスなので、削除することはできません。 その場合、ディスクの管理はまったく役に立ちません。 その後、サードパーティ サーバーパーティションソフトウェア 必要とされる。

潜在的なシステムとデータの損傷リスクがあります ハードドライブのサイズ変更 サードパーティプログラムで。 信頼性の低いソフトウェアの中には、災害を経験した人々から「データキラー」と呼ばれるものがあります。 安全なパーティション分割ソフトウェアをバックアップして使用することが重要です。

他のソフトウェアと比較すると、 NIUBI Partition Editor 革新的なテクノロジーにより、より安全です。

さらに、その高度な ファイル移動アルゴリズム パーティションの移動と拡張を30%から300%高速化し、特に大量のファイルがある場合に多くの時間を節約します。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。 ディスク0には、ドライブC、D、Eとシステム予約済みパーティションがあります。 osパーティションCの元のサイズは40GBです。

NIUBI Partition Editor

OSドライブを拡張する手順 Windows Server 2008 Dを縮めることによって:

ステップ1: ドライブを右クリック D: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで。 「前の未割り当て領域」の後ろのボックスに金額を入力することもできます(1024MB = 1GB)。

Shrink D

次に、ドライブDが縮小され、左側に20 GBの未割り当て領域が作成されます。

Shrink D

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって 未割り当てスペースを組み合わせる。

Extend C drive

次に、osパーティションCを60GBに増やします。

Extend os drive

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に表示されます。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

隣接していないドライブからOSパーティションを拡張する

隣接するドライブDに十分な未使用の空き領域がない場合、同じディスク上の隣接していないパーティションから取得できます。 まず、上記の手順1に従って、隣接していないドライブ(E :)を縮小して未割り当て領域を取得します。 osパーティションCを拡張する前に、次の追加ステップがあります。 未割り当てスペースを左に移動.

OSボリュームを拡張する方法 Windows Server 2008 他のパーティションを縮小することにより:

Video guide

ディスクのクローンを作成してOSボリュームを拡張する

一部のサーバーでは、ディスク0にCドライブしかないか、ディスク全体に十分な空き領域がありません。 その場合、別のディスクからスペースを追加してOSドライブを拡張できるソフトウェアはありません。 ただし、NIUBIにはまだ方法があります。

  1. ディスクをコピー 0からより大きなものまで、余分なディスク領域は最後に未割り当てとして表示されます。
  2. 上のビデオの手順に従って、未割り当て領域をシステムCドライブに移動して結合します。
  3. ディスク0を交換するか、BIOSを変更して、より大きなディスクから起動します。

OSパーティションを他のディスクで拡張する方法 Windows Server 2008 R2:

Video guide

VMwareまたはHyper-Vゲストサーバーを使用している場合は、独自のツールを使用して仮想ディスクのサイズを増やすことができます。 次に、未割り当てスペースも最後に未割り当てとして表示されます。

ディスクのパーティション構造に応じて対応する方法を選択し、 NIUBI Partition Editor osパーティションCを高速かつ安全に拡張できます。

DOWNLOAD