RAIDパーティションを拡張 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、RAIDパーティションを拡張する方法を紹介します。 Windows Server 2008 R2、データを失うことなくRAIDアレイのシステムパーティションCドライブを拡張します。

RAIDパーティションをdiskpartまたはディスクの管理で拡張する

ハードウェアRAIDアレイには多くの利点があるため、多くのサーバーはRAIDで構築されています。 たとえば、RAID 1はオペレーティングシステムとプログラムに使用されるため、ディスクの5つにハードウェアの問題がある場合、サーバーはオンラインを維持できます。 RAID XNUMXは、もうXNUMXつの一般的に使用されるタイプのアレイであり、OSとデータの両方、またはデータのみに使用できます。

オペレーションシステムとプログラムにとって、物理ハードディスクまたはハードウェアRAIDアレイのどちらを使用しても違いはありません。 RAIDコントローラー/カードにより、パフォーマンス、フォールトトレラントなどのメリットが実現します。

一方、 RAID仮想パーティションの拡張 in Windows RAIDサーバーのタイプやブランドに関係なくRAID 2008、0、1、5などを使用する場合でも、10サーバーでは、アレイを壊したり、コントローラーに対して操作を行ったりしないでください。

最初にすべきことは バックアップ、両方で潜在的なデータ損失のリスクがあるため Windows ネイティブおよびサードパーティのソフトウェア。 次に、無料かどうかを確認します 未使用 同じ仮想ディスク上の任意のパーティション内のスペース。そうであれば、RAIDパーティションのサイズを変更して拡張できます。 Windows Server 2008 簡単に。

一部の人々はいくつかのハードディスクでいくつかのRAIDアレイを作成するかもしれませんが、 RAIDパーティションのサイズ変更、縮小および拡張するボリュームは、 同じ 仮想ディスク。 仮想ディスクとは、ディスク0、1、2などを意味します。 Windows ディスク管理または NIUBI Partition Editor.

Windows Server 2008 には、パーティションの拡張に役立つXNUMXつのネイティブツールがあります。diskpartコマンドとディスク管理です。 ただし、 パーティションを拡張できません 他のものを縮小することによって。 パーティションを拡張する唯一の方法は、連続する正しいパーティションを削除することですさらに、拡張するパーティションは、 NTFS。 FAT32およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。

RAIDシステムパーティションCをDまたは他のボリュームから拡張する

ほとんどのサーバーでは、適切な連続パーティションD(またはE)がプログラムまたは Windows サービスなので、削除することはできません。 その場合、両方のネイティブツールは役に立ちません。 サードパーティを運営するほうがいい サーバーパーティションソフトウェア.

これらのソフトウェアの中で、 NIUBI Partition Editor 独自のテクノロジーにより、より安全で高速です。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にディスクパーティション構造とその他の情報が表示されたメインウィンドウが表示されます。選択したディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作が左側または右クリックで一覧表示されます。

NIUBI Partition Editor

RAIDアレイでシステムパーティションCを拡張する手順 Windows 2008サーバー:

ステップ1: 右の隣接するパーティションを右クリックします D: (一部のサーバーではE :)そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで。 「前の未割り当て領域」の後ろのボックスに金額を入力することもできます。

Shrink D

次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てスペースが作成されます。

Shrink D

ステップ2: 右クリックシステム C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって 未割り当てスペースを組み合わせる。

Extend C drive

次に、システムパーティションCが40GBから60GBに拡張されます。

Extend os drive

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。

で物理およびRAID仮想パーティションを拡張する方法のビデオを見る Windows Server 2008 R2:

システムパーティションCを拡張する方法:

Video guide

データパーティションを拡張する方法(D):

Video guide

RAID仮想ディスクとパーティションを増やす方法

一部の古いサーバーでは、システムディスクが小さく、 十分ではない の未使用スペースを解放する 全体 RAID仮想ディスク。 その場合、コントローラがRAID拡張をサポートしているかどうかを確認してください。 はいの場合、より大きなディスクでRAIDアレイを再構築した後、追加のスペースが元の仮想ディスクの最後に未割り当てとして表示されます。 次に、上記の手順に従って、未割り当て領域を拡張するパーティションに結合します。

RAIDコントローラにそのような機能がない場合、RAID仮想ディスクのサイズは、より大きなディスクで再構築した場合でも、以前と同じになります。 その場合は、以下の手順に従ってください。

  1. RAID仮想ディスクよりも大きい物理ハードディスクを挿入します。
  2. コピー RAIDから物理ディスクへ NIUBI Partition Editor.
  3. より大きなディスクで別のレイドを構築します。
  4. 物理ディスクから新しいRAIDに再び。

新しいraidアレイを構築し、元のraidから直接コピーできる場合、それはより簡単で高速になります。 コピー後にBIOSを変更し、新しいデバイスから起動することを忘れないでください。

ほとんどのサーバーでは、未使用の空き容量が利用できるため、ビデオの手順に従ってRAIDパーティションのサイズを変更して拡張するだけです。 Windows Server 2008   NIUBI Partition Editor.

DOWNLOAD