でシステムパーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 R2

アンディ、更新日:2021年10月26日

多くの人の意見では、システムパーティションはオペレーティングシステムが実行されているドライブです。 スペースが不足しているとき Windows Server 2008、多くの人がそれが可能かどうか知りたい システムパーティションを拡張する オペレーティングシステムとプログラムを失うことなく。 答えはイエスですが、もっと注意を払う必要があります。 システムパーティションが破損していると、サーバーを起動できず、バックアップからすべてを復元するのに非常に長い時間がかかるためです。 したがって、事前にバックアップを作成し、安全なパーティションツールを実行することをお勧めします。 この記事では、システムパーティションを拡張する方法を紹介します。 Windows Server 2008 (R2)ネイティブツールとサードパーティのセーフパーティションソフトウェアを使用。

1. Server2008ディスクの管理でシステムパーティションを拡張する

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 追加されました ボリュームの拡張 ネイティブの機能 ディスク管理 道具。 データを失うことなく(ほとんどの場合)システムパーティションを拡張できます。 ただし、システムボリュームを拡張する唯一の方法は 削除する 右側の隣接するパーティション(D :)。 ディスク管理には別のボリューム縮小機能があります。Dまたは他のパーティションを縮小してみませんか?

それの訳は:

  • ボリュームを縮小 NTFSドライブを左側に減らし、右側に未割り当て領域を作成することしかできません。
  • ボリュームの拡張 NTFSパーティションは、右側に隣接する未割り当て領域でのみ拡張できます。

私のサーバーに表示されるように、 ボリュームの拡張はグレー表示されます Cの場合:Dから縮小した未割り当て領域はCに隣接しておらず、Eドライブの左側にあるため、Dを縮小した後のEドライブ。

Extend greyed

プログラムなどをインストールした場合 Windows Dを運転するサービス Studio上ではサポートされていません。 消して。 また、Dが 論理ドライブ、 あなたはまだ Cドライブを拡張できません ディスク管理を介してDを削除した後。 右側に隣接する削除可能なプライマリパーティションがある場合にのみ、ソフトウェアなしでServer 2008(R2)のシステムパーティションを拡張できることを忘れないでください。

システムパーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 (R2)ディスク管理あり:

  1. 隣接するパーティション(D :)内のすべてのファイルを別の場所に転送します。
  2. メディア情報 Windows 影響により R キーボードで一緒に入力します diskmgmt.mscと を押し 入力します.
  3. D:ドライブを右クリックして選択 ボリュームの削除.
  4. システムパーティションC:を右クリックし、 ボリュームの拡張.
  5. 利用可能なディスクとスペースがデフォルトで選択されています。クリックするだけです 終了 ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウ。

2.DまたはEを縮小してシステムドライブCを拡張する方法

Server 2008(R2)でシステムパーティションのサイズを増やすには、 NIUBI Partition Editor より良い選択です。 D:ドライブを縮小して、 、システムパーティションCを簡単に拡張できます。 隣接するパーティションに十分な空き領域がない場合は、隣接していないボリュームを縮小できます 同じディスク上.

他のディスクパーティションツールよりも優れており、 NIUBI Partition Editor システムとデータを保護する革新的なテクノロジーを備えています。

  • 仮想モード -実行した操作はプレビュー待ちとしてリストされ、実際のディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 確認します。
  • よくキャンセル -間違った操作を適用した場合、サーバーに損傷を与えることなく、進行中の操作をキャンセルできます。
  • 1秒ロールバック -パーティションのサイズ変更中にエラーが検出された場合、サーバーはフラッシュで元のステータスに自動的に戻ります。
  • 高度な ファイル移動アルゴリズム -パーティションの移動と拡張を30%から300%高速化し、特に大量のファイルがある場合に多くの時間を節約します。

ダウンロード NIUBI Partition Editor、右側にパーティションレイアウトとその他の情報を含むすべてのストレージデバイスが表示され、選択したディスクまたはパーティションで使用可能な操作が左側に一覧表示され、右クリックします。 ディスク0には、ドライブC、D、E、およびシステム予約パーティションがあります。 システムパーティションCの元のサイズは40GBです。

NIUBI Partition Editor

システムパーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 NIUBIを使用したR2:

ステップ1: ドライブを右クリック D: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで。 「」の後ろのボックスに金額を入力することもできますUnallocated space before"(1024MB = 1GB)。

Shrink D

次に、ドライブDが縮小され、左側に未割り当てスペースが作成されます。

Shrink D

ステップ2: システムパーティションを右クリック C: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 に向かって この未割り当てスペースを組み合わせる。

Extend C drive

次に、システムパーティションCが拡張されます。

Extend os drive

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に表示されます。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

このようにして、システムボリュームを拡張し、オペレーティングシステム、プログラム、その他すべてを以前と同じに保つことができます。 同じディスクに空き容量があれば、Cドライブに簡単に転送して追加できます。

ビデオガイドに従って、システムドライブを拡張します Windows 2008サーバー:

Video guide

ハードウェアRAIDアレイのタイプを使用する場合は、 Studio上ではサポートされていません。 アレイを壊すか、RAIDコントローラーに対して任意の操作を実行します。 サイズ変更と違いはありません RAIDパーティションを拡張する または、VMware / Hyper-Vで仮想ディスクを再パーティション化します。

3.システムボリュームを別のディスクで拡張する方法

一部のサーバーでは、システムディスクに他のパーティションがないか、他のパーティションに十分な空き領域がありません。 その場合、他のソフトウェアから空き領域を追加してシステムパーティションを拡張できるソフトウェアはありません。 ディスク。 ただし、NIUBIには2つのオプションがあります。

VMwareまたはHyper-Vゲストサーバーを使用する場合:

  1. で仮想ディスクサイズを増やす ヴイエムウェア/Hyper-Vの 独自のツールの場合、余分なスペースはディスクの最後に未割り当てスペースとして表示されます。
  2. 手順に従って 未割り当てスペースを移動 C:ドライブに結合します。

単一ディスクまたはRAID仮想ディスクを使用する場合:

  1. システムディスクをコピーする より大きなものに拡張し、余分なディスクスペースでパーティションを拡張します。
  2. 元のディスクを交換するか、BIOSを変更して、大きい方のディスクから起動します。

この記事では、システムパーティションを拡張するための完全なソリューションを紹介します。 Windows Server 2008 R2、独自のディスクパーティション構成に従って、対応する方法を選択します。 ディスクパーティションの縮小、移動、拡張、コピーの他に、 NIUBI Partition Editor 他の多くの管理操作を行うのに役立ちます。

ダウンロード