Windows Server 2008 Cドライブへのボリューム拡張が無効になっています

更新日:2019年11月16日

この記事では、Cドライブのボリュームの拡張がグレー表示されている理由を紹介します。 Windows Server 2008 R2、およびシステムパーティションに対してボリュームの拡張が無効になっている場合の対処方法。

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 ネイティブ ディスク管理 ツールに新しい ボリュームを縮小 影響により ボリュームの拡張 〜へ ハードドライブのサイズを変更する データを失うことなくパーティション。 したがって、システムパーティションCが スペース不足、多くの人々はディスクの管理を介してそれを拡大しようとします。 しかし、多くの人はそれが不可能だと感じています。 Cドライブのボリュームの拡張が無効になっています Dまたは他のパーティションを縮小した後。

システムパーティションCでボリュームの拡張が無効になっている理由

Server 2008のディスクの管理でCドライブの[ボリュームの拡張]オプションが無効になっている一般的な理由はXNUMXつあります。

1. 右側に隣接する未割り当てスペースはありません

まず、ディスクのサイズが固定されていることを知っておく必要があります(VMDK / VHD仮想ディスクを除く)。そのため、システムパーティション(またはその他のパーティション)を拡張する前に、未割り当ての空き領域が必要です。 もちろん、そのようなスペースがないディスク管理でCドライブを右クリックすると、 ボリュームの拡張オプションが無効になっています.

Extend Volume disabled

問題は、Dを縮小した後、パーティションCに対してボリュームの拡張がまだ無効になっていることです。これは次の理由によります。

ボリュームの拡張では、パーティションの右側に隣接する未割り当てスペースがあるパーティションのみを拡張できますが、他のボリュームの縮小機能で必要なスペースを取得することはできません。

スクリーンショットにあるように、20GBの未割り当て領域は、 Dを縮小しながら。 不連続 CドライブにドライブEの左側にあるため、これらのXNUMXつのパーティションに対してボリュームの拡張は機能しません。

この場合、あなたは この未割り当てスペースを移動 左に。 隣接する未割り当て領域がある場合、Cドライブでボリュームの拡張が有効になります。

2. プライマリパーティションは、拡張パーティションの空き領域を超えて拡張できません

あなたが使用している場合 GPT タイプのハードディスク、そのような問題はありません。 使用する場合 MBR スタイルのディスクの場合は、ドライブD(Cドライブの背後にあるドライブ)のステータスを確認することをお勧めします。 それが 論理的 パーティション、ボリュームの拡張は、Dを削除した後でもシステムCドライブに対して無効のままです。

Extend volume disabled

MBRディスクでは、最大4つのプライマリパーティション、または3つに拡張パーティションを追加できます。 独立して動作するプライマリパーティションとは異なり、論理パーティションは Free 削除後のスペース。これはまだ拡張パーティションの一部です。

Server 2008のディスク管理では、 未割り当て から削除されたスペース プライマリー パーティションを論理パーティションに拡張することはできません。 Free から削除されたスペース 論理的 パーティションをプライマリパーティションに拡張することはできません。

削除したときのみ その他の論理および拡張パーティション全体では、空き領域は未割り当てに変換され、Cドライブでボリュームの拡張が有効になります。

Cドライブのボリュームの拡張がグレー表示された場合の対処方法

適切な連続パーティションDを削除できるが、それが論理ドライブである場合、 Cドライブをdiskpartで拡張する コマンド。 未割り当て領域が隣接していないためにCドライブのボリュームの拡張がグレー表示されている場合は、実行する必要があります サーバーパーティションソフトウェア.

プログラムなどをインストールした場合は、ボリュームDを削除しないでください。 Windows それにサービス。

ダウンロード NIUBI Partition Editor、隣接するパーティションを右クリック D: そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 真ん中 に向かって位置 ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、未割り当てスペースが左に移動します。

Move Unallocated space

クリックした後 Apply 実行するには、Cドライブでボリュームの拡張が有効になっています。 その後、あなたはどちらか Cドライブを拡張 ディスク管理を使用するか、NIUBIを続行します。 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Move Unallocated space

ビデオを見る ボリュームの拡張を修正する方法は、Cドライブの無効化/グレー表示されます Windows Server 2008 R2:

Video guide

ディスクパーティション管理ツールとして、 NIUBI Partition Editor 他の多くの操作を行うのに役立ちます。 また、独自のテクノロジーにより、他のツールよりもはるかに安全で高速です。

DOWNLOAD