パーティションを拡張する方法 Windows Server 2008

ランス、更新日:2020年11月10日

この記事では、パーティションを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくR2。 ディスクの管理、Diskpartコマンド、および partition editor ソフトウェア。

いつシステム Cドライブの空き容量が不足しています on Windows Server 2008、OEMメーカーのサポートに連絡すると、すべてをバックアップし、パーティションを削除して再作成し、最後にバックアップから復元するように指示されます。 あなたがそれを好きなら、一日が無駄になるかもしれません、明らかに、それは最善の解決策ではありません。

助けるために パーティションサイズを変更する、Microsoftは2つのネイティブツールを提供しています。 Windows Server 2008:Diskpartコマンドとディスクの管理。 どちらのツールも、データを失うことなく(ほとんどの場合)、Server2008のボリュームを縮小および拡張できます。 ただし、制限された条件下でのみ機能します。 ほとんどの場合、まだサードパーティが必要です Server 2008のパーティションソフトウェア.

1.ボリュームを拡張する Windows Server 2008 ディスク管理

パーティションを拡張するには Windows Server 2008 ディスクの管理、ディスクパーティション構造は以下のすべての要件を満たす必要があります。

  1. 拡張するパーティションは、 NTFS ファイルシステム。
  2. に別のパーティションがあります 同じ ディスクと 右に 増やしたいドライブの。
  3. 絶対です delete 未割り当て領域を取得するための適切な連続パーティション(たとえば、Dを削除してCを拡張します)。
  4. On MBR ディスクの場合、削除および拡張するパーティションは、同じプライマリパーティションまたは論理パーティションである必要があります。

ボリュームを拡張する方法 Windows Server 2008 ディスクの管理を使用:

  1. メディア情報 Windows 影響により R 一緒にホットキー、タイプ diskmgmt.mscと Enterを押します。
  2. 右隣のパーティション(D:など)を右クリックして、 ボリュームの削除の場合、ディスク容量は未割り当てに変更されます。
  3. 拡張するパーティション(C:など)を右クリックして、 ボリュームの拡張.
  4. ディスクと使用可能なスペースはデフォルトで選択されています。クリックするだけです。 終了 [ボリュームの拡張ウィザード]ダイアログボックスで。

ボリュームの拡張とともに、別の ボリュームを縮小 ディスクの管理で機能する理由 Cドライブを拡張 Dまたは他のパーティションを縮小して

Cant extend C

スクリーンショットにあるように、 拡張Cドライブはグレー表示されます Dを縮小した後です。これは、Dから縮小された未割り当てスペースが 隣接しない Cドライブに。 ボリュームの縮小により未割り当て領域ができる場合 左に、そのような問題はありませんが、できません。

2. diskpart cmdでServer 2008パーティションを拡張する方法

以前のServer2003と同じように、パーティションを拡張できます。 Windows Server 2008 DiskPartコマンドを使用します。 ただし、ディスクの管理と同じように、diskpartはパーティションを拡張できるのは 削除する 右の隣接するもの。 また、拡張できるのはNTFSパーティションのみです。

注意: パーティションのレイアウトと詳細情報を表示するディスクの管理とは異なり、diskpartはリスト内の単一のパーティションのみを表示します。 また、未割り当て領域は表示されません。

DiskpartでServer 2008パーティションを拡張する手順:

  1. メディア情報 Windows 影響により R 一緒にホットキー、タイプ DISKPART Enterを押します。
  2. 入力 list volume コマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押すと、すべてのパーティションが表示されます。
  3. 入力 select volume D Enterキーを押します。 (Dは右隣のドライブです。)
  4. 入力 delete volume Enterを押します。
  5. 入力 select volume C Enterキーを押します。 (Cは拡張するパーティションです。)
  6. 入力 extend Enterを押します。

注意: 未割り当て領域の一部のみでこのパーティションを拡張する場合は、次のように入力します。 extend desired=XX (XXはMB単位の金額です)。

Diskpart extend

3.パーティションを拡張する方法 Windows NIUBIを搭載した2008サーバー

との比較 Windows ネイティブツール、サードパーティソフトウェアには、次のような多くの利点があります。

ただし、ボリュームを拡張する前に Windows パーティションソフトウェアを備えた2008サーバーの場合は、バックアップを作成することをお勧めします。

関連するディスク、パーティション、およびファイルのすべてのパラメータを正しく変更する必要があるため、割り当てられたパーティションのサイズを変更する際に、データが失われる可能性があります。 一部の信頼できないソフトウェアは、システムの起動エラー、パーティションの損傷、データの損失を引き起こす可能性があります。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor システムとデータを保護する強力なテクノロジーを備えています。

パーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 R2と NIUBI Partition Editor:

ダウンロード このプログラムを実行すると、ディスクパーティション構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。

NIUBI Partition Editor

右クリック D: (右側の隣接するドライブ)そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 ポップアップウィンドウの右に向かって。 「」の後ろのボックスに金額を入力することもできますUnallocated space before"(1024MB = 1GB)。

Shrink D

次にD:ドライブDが縮小され、20 GBの未割り当て領域が左側に作成されます。

Shrink D

右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 この未割り当てスペースを結合する権利に向かって。

Extend C drive

次に、システムパーティションCが60GBに拡張されます。

Extend os drive

実際のディスクパーティションを変更するには、 Apply 左上に実行します。 それ以外の場合、これらの操作は仮想モードでのみ機能します。

パーティションCを拡張する方法 Windows Server 2008:

Video guide

パーティションDを拡張する方法 Windows Server 2008:

Video guide

  • 任意のタイプのハードウェアRAIDアレイを使用する場合は、RAIDアレイを壊したり、コントローラーをRAIDするための操作を行ったりしないでください。上記の手順に従ってください。
  • あなたが走ったら Windows Server 2008 VMwareまたはHyper-Vでは、NIUBIを仮想サーバーにインストールし、上記の手順に従ってください。
  • 同じディスクに十分な空き容量がない場合は、 このディスクをより大きなディスクにコピーします 追加のディスクスペースでServer2008パーティションを拡張します。 (仮想サーバーの場合、VMware / Hyper-V独自のツールを使用してディスクサイズを増やすことができます。追加のスペースは、最後に未割り当てとして表示されます。次の手順に従ってください。 未割り当てスペースをマージ Cドライブまたは他のパーティションに。)

パーティションの縮小と拡張に加えて Windows Server 2008/ 2012 / 2016 / 2019、 NIUBI Partition Editor 他の多くのディスクおよびパーティション管理操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード