パーティション/ボリュームを拡張する方法 Windows Server 2008 R2

ランス著、更新日:2022年3月16日

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に<i> 酢酸</i>(お酢)に転化します。 システムCドライブがいっぱいになります in Windows 2008サーバーでは、OEMメーカーのサポートに連絡すると、すべてをバックアップし、パーティションを削除して再作成し、最後にバックアップから復元するように指示されます。 あなたがそれを好きなら、週末全体が無駄になるかもしれません。 あなたならそれは良くなることはできません Server 2008パーティションを拡張する 別のボリュームに空き領域があります。 以前のバージョンよりも優れています、 Windows Server 2008 持っています Diskpartコマンド 及び ディスク管理 データを失うことなくパーティションを拡張するのに役立ちます(ほとんどの場合)。 ただし、これらは制限された条件下でのみ機能します。 ほとんどの場合、ディスクパーティションソフトウェアが必要です。 この記事では、パーティションを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 (R2)3種類の工具付き。

1.ボリュームを拡張する Windows Server 2008 ディスク管理

サーバー2008パーティションをディスクの管理で拡張するには、ディスクパーティション構造が以下のすべての要件を満たしている必要があります。

  1. 拡張するパーティション(C:など)は、次の形式でフォーマットする必要があります。 NTFS ファイルシステム。
  2. 別のパーティションがあります(D :) 隣接 及び 右に 拡張したいドライブの。
  3. 絶対です delete パーティション(C)を拡張する前に、未割り当て領域を取得するための右側の隣接パーティション(D)。
  4. On MBR ディスクの場合、削除および拡張するパーティションは次のようになります。 同じ プライマリまたは論理パーティション。

ディスクパーティションの構成が要件を満たしている場合は、ソフトウェアなしでServer2008ボリュームを拡張できます。

ディスク管理を使用してServer2008(R2)でボリュームを拡張する方法:

  1. メディア情報 Windows + R 一緒にホットキー、タイプ diskmgmt.mscと Enterを押します。
  2. 右隣のパーティション(D:など)を右クリックして、 ボリュームの削除の場合、ディスク容量は未割り当てに変更されます。
  3. 拡張するパーティション(C:など)を右クリックして、 ボリュームの拡張.
  4. ポップアップのボリューム拡張ウィザードをフォローアップするだけです。

ボリュームの拡張とともに、別の ボリュームを縮小 ディスクの管理で機能する理由 Cドライブを拡張 Dまたは他のパーティションを縮小することによって?

Cant extend C

Server 2008のディスクの管理でパーティションを拡張するには、 連続した 未割り当て領域 右に。 「ボリュームの縮小」機能では、このような必要な未割り当て領域を作成することはできません。 スクリーンショットにあるように、未割り当て領域は、Dドライブを縮小するときに右側にのみ作成できます。 このスペースはCドライブに隣接していないため、 ボリュームの拡張がグレー表示されている.

2. diskpart cmdでServer 2008パーティションを拡張する方法

以前のServer2003と同じように、パーティションを拡張できます。 Windows Server 2008 (R2)と Diskpart 指図。 ただし、ディスクの管理と同じように、diskpartは、適切な連続したボリュームを削除することによってのみNTFSパーティションを拡張できます。 Diskpartの動作は異なりますが、ディスクの管理ツールと同じ制限があります。

パーティションのレイアウトと詳細情報を表示するディスクの管理とは異なり、diskpartはリスト内の単一のパーティションのみを表示します。 また、未割り当て領域は表示されません。

パーティションを拡張する手順 Windows Server 2008 Diskpartコマンドを使用:

  1. メディア情報 Windows 及び R 一緒にホットキー、タイプ DISKPART Enterを押します。
  2. 入力 list volume コマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押すと、すべてのパーティションが表示されます。
  3. 入力 select volume D Enterキーを押します。 (Dは右隣のドライブです。)
  4. 入力 delete volume Enterを押します。
  5. 入力 select volume C Enterキーを押します。 (Cは拡張するパーティションです。)
  6. 入力 extend Enterを押します。

注意: 未割り当て領域の一部のみでこのパーティションを拡張する場合は、次のように入力します。 extend desired=XX (XXはMB単位の金額です)。

Diskpart extend

3. Server2008のボリュームを NIUBI Partition Editor

ボリュームを拡張するには Windows 2008サーバー、サードパーティソフトウェアがより良い選択です。 と比較するので Windows ネイティブツールであるディスクパーティションソフトウェアには、次のような多くの利点があります。

関連するディスク、パーティション、およびファイルのすべてのパラメータを正しく変更する必要があるため、割り当てられたパーティションのサイズを変更する際に、データが失われる可能性があります。 一部の信頼性の低いソフトウェアは、システムブートの失敗、パーティションの損傷、およびデータの損失を引き起こす可能性があります。 したがって、ボリュームを拡張する前に Windows 2008サーバー、バックアップを作成し、安全なプログラムを実行します。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor システムとデータを保護する強力なテクノロジーを備えています。

パーティションを拡張する方法 Windows Server 2008 データを失うことなくR2:

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。

NIUBI Partition Editor

右クリック D: (右隣のボリューム)そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 ポップアップウィンドウの右に向かって。 「」の後ろのボックスに金額を入力することもできますUnallocated space before"(1024MB = 1GB)。

Shrink D

次に、D:ドライブDが縮小され、左側に未割り当て領域が作成されます。

Shrink D

右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 右の境界 この未割り当てスペースを結合する権利に向かって。

Extend C drive

その後、システムパーティションCが短時間で拡張されます。

Extend os drive

実際のディスクパーティションを変更するには、 Apply 左上に実行します。 それ以外の場合、これらの操作は仮想モードでのみ機能します。 操作方法のビデオをご覧ください。

パーティションCを拡張する方法 Windows Server 2008 R2:

Video guide

パーティションDを拡張する方法 Windows Server 2008 R2:

Video guide

  • いずれかのタイプのハードウェアRAIDを使用する場合は、RAIDアレイを壊したり、コントローラーをRAIDするための操作を行ったりしないでください。上記の手順に従ってください。
  • あなたが走ったら Windows Server 2008 VMwareまたはHyper-Vでは、NIUBIを仮想サーバーにインストールし、上記の手順に従ってください。
  • 同じディスクに十分な空き容量がない場合は、 このディスクをより大きなディスクにコピーします 追加のディスク領域でServer2008パーティションを拡張します。 (仮想サーバーの場合、VMware / Hyper-V独自のツールを使用してディスクを拡張できます。その後、追加のスペースが最後に未割り当てとして表示されます。次の手順に従ってください。 未割り当てスペースをマージ Cドライブまたは他のパーティションに。)

パーティションの縮小と拡張に加えて Windows Server 2008/ 2012/2016/2019/2022、 NIUBI Partition Editor 他の多くのディスクおよびパーティション管理操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード