ボリュームを拡張 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームを拡張する方法を紹介します Windows Server 2008 R2ディスク管理、Server 2008 Extend Volume機能の制限、およびより良い方法。

Server 2008のボリューム拡張機能の前提条件

大部分 Windows 2008年のサーバーは数年稼働しているので、ディスクパーティションを作成することは非常に一般的です スペースが足りなくなります。 権利あり パーティションツール のことができます パーティションを拡張する データを失うことなく。 したがって、あなたは解決することができます ディスク容量不足 パーティションを再作成してバックアップから復元するのに長い時間を無駄にすることなく、問題をすばやく解決できます。

一部の人々は使用したい Windows ネイティブツール、ボリュームを拡張する場合 Windows Server 2008、確かに組み込みがあります ディスク管理 ツール。 以前のサーバー2003よりも優れている Windows Server 2008 新規追加 ボリュームを縮小 および ボリュームの拡張 役立つ機能 ディスクパーティションのサイズを変更する データを失うことなく。

ただし、ボリュームの拡張は非常に制限された条件下でのみ機能します。 ディスクパーティション構成が要件のXNUMXつを満たさない場合は、 ボリュームの拡張がグレー表示されている あなたも ボリュームを拡張できません それと。

Windows Server 2008 ボリューム要件を拡張します。

  • 拡張するボリュームは NTFS またはRAW(ファイルシステムなし)。
  • がなければならない 隣接 未割り当て 上のスペース .

したがって、 ディスクの管理では、隣接する正しいパーティションを削除することによってのみNTFSボリュームを拡張できます。 さらに、削除および拡張するパーティションは、同じタイプ(両方がプライマリまたは論理)である必要があります。

私のサーバーでは、 ボリュームの拡張が無効になっています 次の理由により、すべてのディスクパーティションに対応します。

  • C:ドライブに隣接する未割り当て領域はありません。
  • 未割り当て領域は、E:ドライブの左側にあります。
  • D:ドライブはFAT32であり、サポートされていません。

Extend Volume disabled

ボリュームを拡張する方法 Windows Server 2008 DM

ディスクパーティション構成が要件を満たしている場合、Server 2008のディスクの管理を使用してボリュームを拡張するのは非常に簡単です。 手順を示すために、ドライブDをFAT32からNTFSにフォーマットし、ボリュームの拡張を有効にします。

ボリュームを拡張する手順 Windows Server 2008 ディスク管理:

ステップ1: 最新情報 Windows および R キーボードで次のように入力します diskmgmt.mscと を押し 入力します.

ステップ2: ドライブD:を右クリックして選択します ボリュームの拡張.

Extend Volume

ナビゲーションヘッダーの ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウ。

Extend Volume Wizard

ステップ3: 利用可能なディスクとスペースがデフォルトで選択されています。 続行します。

Select space

ナビゲーションヘッダーの 終了 確認して拡張を開始します。

Confirm extending

短時間で、ドライブD:が拡張されます。

Partition extended

Server 2008ボリュームを拡張するより良い方法

ほとんどのサーバーでは、管理者は C:ドライブを拡張、ただし、プログラムまたは一部の Windows サービスはそれから実行されています。 他のボリュームを削除してボリュームを拡張できる場合でも、ファイルを転送するには別のパーティションまたはディスクが必要です。

明らかに、ディスクの管理はボリュームを拡張するのに役立つ最良のツールではありません Windows 2008サーバー。 このネイティブツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor より強力で、次のことができます。

他との比較 サーバーパーティションソフトウェア、NIUBIは革新的なテクノロジーにより、はるかに安全で高速です。

ダウンロード NIUBI Partition Editor そして、フォロー ビデオで音量を拡張する手順 Windows Server 2008:

Video guide