DからCにスペースを追加 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、DからCにスペースを追加する方法を紹介します。 Windows Server 2008 R2、データを失うことなく、他のパーティションまたはディスクからCドライブに空き領域を転送/移動します。

Server 2008のディスクの管理でDからCにスペースを追加する

システムパーティション Cのスペースが不足しています、Dまたは他のボリュームからディスク領域を追加できるため、ボリュームを再作成してバックアップからすべてを復元するのに長い時間を費やすことなく、この問題を簡単に解決できます。

のみ 未割り当て 割り当てられたパーティションにスペースを追加できます。 このような種類のディスク領域を取得するには、同じディスク上の他のボリュームを縮小または削除します。 Server 2008のネイティブディスク管理を使用すると、 Cドライブにスペースを追加する 右側の連続したパーティションを削除することによります。 隣接していないパーティションを削除したり、右側の連続したパーティション(D:またはE :)を縮小したりしても意味がありません。

ボリュームの拡張は無効です

Cドライブを増やす (または他のボリューム)Server 2008のディスクの管理を介して、 連続した 上の未割り当てスペース 、 だけど ボリュームを縮小 関数は、未割り当て領域を したがって、D Cドライブのボリュームの拡張が無効になっています.

隣接するパーティションがないか、削除できない場合は、 Cドライブを拡張できません ディスク管理。

:

  • Dを縮小してCドライブに空き領域を追加することはできません Diskpartこれは、このコマンドツールにはディスクの管理と同じ制限があるためです。
  • 右の連続パーティションDが 論理的、ディスク容量はに変換されます Free 削除後、 Cドライブに拡張することはできません.

NIUBIを使用して空きスペースをDからCに移動/移動する方法

サーバーパーティションマネージャー などのソフトウェア NIUBI Partition Editor、そのような制限はありません。 隣接するパーティションDを縮小して左側に未割り当てスペースを作成し、このスペースをCドライブに簡単に追加できます。 非連続パーティションEを縮小し、生成された未割り当てをCドライブの隣に移動することもできます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側に構造やその他の情報を含むすべてのディスクパーティションが表示されます。選択したディスクまたはパーティションで使用できる操作は、左側または右クリックで一覧表示されます。 私のサーバーでは、C:ドライブとD:ドライブの両方が同じディスク0にあり、Cは40 GB、Dは70 GBです。

NIUBI Partition Editor

DからCにスペースを移動/追加する手順 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: 右の隣接するパーティションを右クリック(D:)そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで、または「」の後ろのボックスに手動で金額を入力します前の未割り当てスペース".

Shrink D

次に、Dドライブの未使用スペースの一部が移動され、左側の未割り当てに変換されます。

Shrink D

ステップ2: 右クリックシステム C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、20GBの未割り当てスペースがCドライブに追加され、サイズが60GBに増加します。

Extend os drive

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に表示されます。

サーバーの右隣のパーティションがドライブEの場合は、上記の手順でDをEに置き換えるだけです。

D:または他のボリュームからCドライブに空き領域を転送/追加する方法 Windows Server 2008 R2:

Video guide

注意: ドライブD(またはE)が別のディスクにある場合、ソフトウェアはD(またはE)からCドライブにスペースを追加できません。

ディスク0に単一のCドライブがあり、それがいっぱいである場合、2つのオプションがあり、独自のディスクパーティション構成に従って適切なドライブを選択します。

VMwareまたはHyper-Vでゲストサーバーを使用する場合:

  1. 独自のツールでVMDKまたはVHD仮想ディスクのサイズを大きくすると、追加のスペースが次のように表示されます 未割り当て 元のディスクの最後に。
  2. 上記のステップ2に従って 未割り当てスペースを組み合わせる Cドライブに。

物理ディスクまたはRAIDアレイでローカルサーバーを使用する場合:

  1. このサーバーに別の大きなディスクを追加するか、新しいRAIDアレイを構築します。
  2. 元のディスクをコピー 大きい方やレイドに NIUBI Partition Editor.
  3. Cドライブに未割り当て領域を追加します。

ディスク領域を移動しながらデータに注意する

パーティションを縮小、移動、および拡張する場合、関連するディスク、パーティション、およびファイルのすべてのパラメーターを正しく変更する必要があります。 また、パーティションに縮小または移動するファイルが大量にある場合も、長時間かかります。 したがって、最初にバックアップして、信頼性の高いパーティション分割ソフトウェアを実行することをお勧めします。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor システムとデータを保護する革新的なテクノロジーを提供します。

また、高度なファイル移動アルゴリズムにより、はるかに高速(30%〜300%)です。

要約すれば

Server 2008のディスクの管理でDからCにスペースを追加する場合は、 delete Dドライブ。 プログラムがないか確認してください Windows それから実行されるサービスは、それ以外の場合、これを行いません。 と NIUBI Partition Editor、他のパーティションまたはディスクを使用してCドライブに空き領域を追加するには、いくつかの方法があります。 独自のディスクパーティション構成に応じて、対応する方法を選択します。

DOWNLOAD