パーティションを移動する Windows Server 2008 (R2)

ジョン、更新日:2020年12月1日

この記事では、パーティションを移動する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくR2。 ボリュームを左または右に移動し、パーティションを別のディスクに移動します。

1. Server2008ディスク管理でボリュームを移動できない

Windows Server 2008 には、パーティションを作成、削除、フォーマットする基本的な機能に加えて、組み込みのディスク管理ツールがあり、新しいボリュームの縮小と拡張機能を備えています。 ディスクパーティションのサイズ変更.

ただし、このネイティブツールは、左側に未割り当てスペースを作成できません。 体積の縮小 またはパーティションの場所を移動するため、ボリューム拡張機能は常に グレーアウト.

拡張ボリュームは、次の場合にのみパーティションを拡張できます 右側に隣接する未割り当てスペースがあります.

スクリーンショットにあるように、ドライブDのみが要件を満たしているため、ボリュームの拡張がアクティブになっています。 あなたがしたい場合は システムパーティションCを拡張するは、以下を行う必要があり パーティションDを右に移動、次に未割り当て領域がCドライブの背後にあるため、 ボリュームの拡張が有効になっています.

ディスクの管理および別のdiskpartツールはServer2008でパーティションを移動できないため、このタスクを実行するにはサードパーティのソフトウェアが必要です。

Extend disabled

2.ドライブを左または右に移動する方法 Windows Server 2008

Server 2008/2012/2016/2019でパーティションを移動すると、開始位置と終了位置が変更され、パーティション内のすべてのファイルも新しい場所に移動されます。 したがって、潜在的なデータ損失のリスクがあります。バックアップして安全なツールを使用することを忘れないでください。

他より良い パーティション分割ソフトウェア, NIUBI Partition Editor ユニークな 1秒ロールバック, 仮想モード, よくキャンセル テクノロジーと高度な ファイル移動アルゴリズム パーティションのサイズ変更と移動をより安全かつ迅速に行うのに役立ちます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にパーティションレイアウトやその他の情報が記載されたすべてのディスクが表示されます。

NIUBI Partition Editor

パーティションを右に移動する手順 Windows Server 2008 R2および拡張Cドライブ:

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 真ん中 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、パーティションDが右に移動され、同時に未割り当てスペースが左に移動されます。

Move partition d

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Drive D moved

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。

ドライブEを拡張する場合:この未割り当て領域を使用すると、ドライブEを左に移動せずに直接結合できます。 これを行うには、E:を右クリックし、[Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 ポップアップウィンドウの左側に向かって。

Extend E

Drive E extended

Server 2008R2でパーティションを移動およびマージする方法のビデオをご覧ください。

Video guide

別のドライブF:が右側にあり、それを拡張したい場合は、最初に パーティションEを左に移動します。 ステップ1とは異なり、中央をに向かってドラッグする必要があります ポップアップウィンドウに表示されます。

3. Server2008パーティションを別のディスクに移動する方法

上記のこの方法は、同じディスク上の隣接する未割り当て領域を持つパーティションを移動するために使用されます。 ボリュームを別のハードディスクに移動する場合は、以下の手順に従ってください。

パーティションを別のディスクに移動する手順 Windows Server 2008 R2:

  1. (オプション)他のディスクのボリュームを縮小して、未割り当て領域を取得します。
  2. 元のパーティション(D:など)を右クリックして、 Copy Volume、ポップアップウィンドウの[未割り当て領域]を選択します。
  3. ターゲットパーティションのサイズ、場所、タイプを編集して、 終了.
  4. 元のパーティションDを右クリックして選択します Change Drive Letter、他のものに変更します。
  5. ターゲットパーティションのドライブ文字をDに変更します。

Video guide

物理ハードディスクのサイズは固定されており、500GBのディスクを250GBに減らしたり1TBに増やしたりすることはできません。 したがって、パーティションを移動してそのディスク領域を別のディスクに追加することはできません。 パーティションをディスクのフロント/エンドに移動する場合でも、パーティションを別のディスクに移動する場合でも、パーティションを未割り当て領域に移動する必要があります。 未割り当て領域がない場合は、割り当て済みパーティションを縮小して取得する必要があります。

パーティションを移動する以外に Windows Server 2008/ 2012 / 2016 / 2019、 NIUBI Partition Editor 縮小、拡張、マージ、変換、非表示、パーティションのワイプ、不良セクタのスキャンなど、他の多くの操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード