パーティションを移動する Windows Server 2008 データ損失のないR2

ジョン、更新日:2022年8月25日

パーティションを移動する必要がある場合があります Windows 2008サーバー。 たとえば、一部の人々はしたい Cドライブを拡張、 だけど ボリュームの拡張がグレー表示されている Dを縮小した後のディスク管理で。この問題を解決するには、次のことを行う必要があります。 パーティションDを右に移動 Cドライブの横に未割り当て領域を作成します。 Windows ネイティブのディスク管理および Diskpart コマンド ツールではパーティションを移動できないため、サード パーティのソフトウェアを実行する必要があります。 この記事では、パーティションを移動する方法を紹介します Windows Server 2008 (R2) データを失うことなく。 ディスク上でボリュームを左または右に移動し、パーティションを別のディスクに移動します。

1. ディスクの管理を介して Server 2008 でパーティションを移動できない

Windows Server 2008 ディスク管理ツールが組み込まれているほか、パーティションを作成、削除、フォーマットする基本的な機能に加えて、ボリュームの縮小および拡張機能が追加されています。 ディスクパーティションのサイズ変更.

ただし、ボリュームの縮小機能では未割り当て領域を作成できません 左に ボリュームを縮小しながら。 ボリュームの拡張は、パーティションがある場合にのみパーティションを拡張できます 右側の隣接する未割り当てスペース.

スクリーンショットでわかるように、D ドライブから縮小された未割り当て領域は、C ドライブに隣接していません。 したがって、 ボリュームの拡張オプションが無効になっています. パーティション D を右に移動すると、C ドライブの後ろに隣接する未割り当て領域ができ、ボリュームの拡張が有効になります。

ディスクの管理では、ボリュームの開始位置を変更できません。これが、ボリュームを右に縮小したり、ボリュームを左に拡張したり、パーティションを移動したりできない理由です。 これらのタスクを実行するには、実行する必要があります ディスクpatitionソフトウェア.

Extend disabled

2.ドライブを左または右に移動する方法 Windows server

Server 2008/2012/2016/2019/2022でパーティションを移動すると、開始位置と終了位置が変更され、パーティション内のすべてのファイルも新しい場所に移動されます。 したがって、信頼性の低いソフトウェアでは潜在的なデータ損失のリスクがあります。事前にバックアップすることを忘れないでください。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor ユニークな 1秒ロールバック, 仮想モード, よくキャンセル、システム/データを保護するためのホット クローン テクノロジ、および高度な ファイル移動アルゴリズム パーティションをより速く移動するのに役立ちます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にパーティションレイアウトやその他の情報が記載されたすべてのディスクが表示されます。

NIUBI Partition Editor

パーティションを移動する方法 Windows Server 2008 R2を右に移動し、Cドライブを拡張します。

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、マウスポインタを 真ん中 Dドライブの ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、パーティションDが右に移動され、同時に未割り当てスペースが左に移動されます。

Move partition d

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Drive D moved

ステップ3: 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上に実行します。

ドライブ E: を拡張したい場合は、隣接する未割り当て領域を残して、直接組み合わせることができます パーティションEを左に移動せずに。 これを行うには、E:を右クリックし、[Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 ポップアップウィンドウの左側に向かって。

Extend E

Drive E extended

Server 2008 R2 でパーティションと未割り当て領域を移動する方法のビデオをご覧ください。

Video guide

別のドライブF:が右側にあり、それを拡張したい場合は、最初に パーティションEを左に移動します. STEP 1とは異なり、Eドライブの真ん中をドラッグする必要があります。 ポップアップウィンドウに表示されます。

3. Server 2008 ボリュームを別のディスクに移動する方法

上記のこの方法は、同じディスク上の隣接する未割り当て領域を持つパーティションを移動するために使用されます。 ボリュームを別のハードディスクに移動する場合は、以下の手順に従ってください。

パーティションを移動する方法 Windows Server 2008 あるディスクから別のディスクへのR2:

  1. (オプション)宛先ディスクのボリュームを縮小して、未割り当て領域を取得します。
  2. 元のパーティション(D:など)を右クリックして、 "Copy Volume"、ポップアップウィンドウで宛先ディスクの未割り当て領域を選択します。
  3. ターゲットパーティションのサイズ、場所、タイプを編集して、 終了.
  4. 元のパーティションDを右クリックして選択します Change Drive Letter、他のものに変更します。
  5. コピーしたパーティションのドライブ文字をDに変更します。

Video guide

物理ハードディスクのサイズは固定されており、500GBのディスクを250GBに減らしたり1TBに増やしたりすることはできません。 したがって、パーティションを移動してそのディスク領域を別のディスクに追加することはできません。 パーティションをディスクの左/右またはフロント/エンドに移動したり、パーティションを別のディスクに移動したりする場合でも、未割り当て領域が必要です。 未割り当て領域がない場合は、既存のパーティションを縮小して作成できます。

パーティションを移動する以外に Windows Server 2008/ 2012/2016/2019/2022、 NIUBI Partition Editor 縮小、拡張、マージ、変換、非表示、パーティションのワイプ、不良セクタのスキャン、ファイルシステムの最適化など、他の多くの操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード