のディスクパーティションのサイズを変更 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、パーティションのサイズを変更する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなくr2、システムパーティションのサイズを変更するか、他のボリュームまたはディスクでドライブD

Server 2008のディスクの管理でパーティションのサイズを変更する方法

たくさんの Windows 2008年のサーバーは数年稼働しているので、ディスクパーティションが スペース不足、特にシステムパーティションCと、交換およびデータベース用のボリューム。 あなたができるならそれは良くなることはできません パーティションのサイズを変更 Windows 2008サーバー パーティションの再作成とバックアップからの復元に長い時間を費やすことなく。

でディスクパーティションのサイズを変更するには Windows Server 2008 (R2)、XNUMX種類のツールがあります。ネイティブディスク管理とサードパーティのパーティションエディターソフトウェアです。

Server 2008のディスクの管理には、データを失うことなくディスクパーティションのサイズを変更するための新しいボリュームの縮小と拡張機能があります。 ただし、固有の制限が多いため、最適なツールではありません。

ディスクの管理でパーティションを縮小する方法:

  1. ニュース WindowsR キーボードで一緒に入力します diskmgmt.mscと Enterキーを押してディスクの管理を開きます。
  2. 右クリック NTFS パーティション化して選択 ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する.

ボリューム縮小機能の制限:

  • NTFSパーティションのみがサポートされ、FAT32およびその他のタイプのパーティションは縮小できません。
  • 未割り当て スペースは上でのみ作成できます パーティションを縮小するとき。
  • 場合によっては パーティションを圧縮できません または、少しスペースを与えますが、このパーティションにははるかに多くの空きスペースがあります。

ディスクの管理でパーティションを拡張する方法:

  1. 右クリック NTFS パーティション 連続した 上の未割り当てスペース 、その後、選択し ボリュームの拡張 リストから。
  2. 数回クリックするだけで、ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウの指示に従ってください。

ボリューム拡張機能の制限:

  • NTFSパーティションのみがサポートされています。
  • 左側の連続したパーティションに未割り当て領域のみを追加できます。
  • プライマリパーティションから削除された未割り当て領域は、どの論理ドライブにも拡張できません。論理ドライブから削除された空き領域は、どのプライマリパーティションにも拡張できません。

別のボリュームを縮小してボリュームを拡張する場合、ディスクの管理では不可能です。

カント拡張C

カント延長D

スクリーンショットに表示されているように、 パーティションサイズを増やす C:またはD:ドライブの場合、それは不可能です。 ボリュームの拡張は常に グレーアウト 他のボリュームを縮小した後のCおよびDドライブの場合。 学ぶ ボリュームの拡張が無効になっている理由 Server 2008のディスク管理。

Server 2008のディスクパーティションのサイズを変更するには、サードパーティのソフトウェアの方が適しています。

Dまたは他のボリュームでシステムパーティションのサイズを変更する方法

無料試用 NIUBI Partition Editor、右側に構造とその他の情報を含むすべてのディスクパーティションが表示されます。選択したディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作が左側または右クリックによって一覧表示されます。 私のサーバーでは、C:ドライブは40GB、Dは70GBです。

NIUBI Partition Editor

でディスクパーティションのサイズを変更する手順 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: 右の隣接するパーティションを右クリックします D: (またはE :)を選択し、「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 に向かって ポップアップウィンドウで、または後ろのボックスに金額を入力します前の未割り当てスペース"。

シュリンクD

次に、ドライブDのサイズが変更され、左側に未割り当てスペースが作成されます。

シュリンクD

ステップ2: 右クリック C: ドライブして選択Resize/Move Volume"もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって 未割り当てスペースを組み合わせる。

Cドライブの拡張

次に、Cドライブは60GBにサイズ変更されます。

OSドライブを拡張する

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に表示されます。

隣接していないドライブEのサイズを変更して空き領域を確保したい場合は、Cドライブに追加する前に、 パーティションを移動する 右にD。

システムパーティションCのサイズを変更する方法 Windows Server 2008:

ビデオガイド

パーティションD:またはその他のデータボリュームのサイズを変更する方法:

ビデオガイド

他のディスクでServer 2008パーティションのサイズを変更する方法

一般的に言えば、 パーティションサイズを変更する 上記の手順に従ってください。 ただし、一部の古いサーバーでは、システムディスクが大きくなく、 ディスク全体に十分な空き容量がない。 その場合は、以下の手順に従ってください。

他のディスクを含むパーティションのサイズを変更する手順 Windows Server 2008 R2:

  1. このサーバーに別の大きなディスクを追加します。新品ではない場合は、貴重なファイルを転送してください。
  2. この大きなディスクにコピーします NIUBI Partition Editor、コピー中に、追加のディスク容量でパーティションのサイズを変更できます。
  3. 元のディスクを交換するか、BIOSを変更して、より大きなディスクから起動します。

ビデオガイド

RAID、VMware、Hyper-V仮想ディスクパーティションのサイズを変更する方法

いずれかのパーティションに使用可能な未使用の空き領域がある場合は、それを縮小して、同じディスク上の他の領域を拡張できます。 これらのパーティションが物理ディスク、RAIDアレイ、またはVMware / Hyper-V仮想ディスクにある場合でも、上記の手順に従ってください。

どのタイプのハードウェアRAIDに対しても、アレイを壊したり、コントローラに対して操作を行ったりしないでください。 どのように多くのディスクでアレイを構築しても、同じディスクはディスク0、1、2などを意味します。 NIUBI Partition Editor or Windows ディスク管理。

同じRAID仮想ディスクに使用可能な空き容量がない場合は、コントローラーがRAID拡張をサポートしているかどうかのモデルを確認してください。 はいの場合、追加のスペースは次のように表示されます 未割り当て より大きなディスクで再構築した後、元の仮想ディスクの最後に。 それ以外の場合は、元の仮想ディスクを他の物理ディスクまたはRAIDアレイにコピーする必要があります。

VMwareまたはHyper-V仮想ディスクに使用可能な空き領域がない場合は、はるかに簡単です。 独自のツールを使用してVMDKまたはVHD仮想ディスクのサイズを増やすことができます。追加のスペースは、元のディスクの最後に未割り当てとして表示され、実行されます。 NIUBI Partition Editor この未割り当てスペースでパーティションのサイズを変更します。

DOWNLOAD