パーティションのサイズを変更

ディスクパーティションのサイズを変更 Windows Server 2008

この記事では、パーティションのサイズを変更する方法を紹介します Windows Server 2008 (R2)データを失うことなく。 サーバーマネージャーでディスクパーティションのサイズを変更する2つの方法と NIUBI Partition Editor.

ハードディスクは、物理ディスクやRAIDアレイ仮想ドライブを使用する場合でも、サーバーに不可欠なコンポーネントです。 ディスクスペースをより効率的に使用するには、ディスクに複数のパーティションを作成することをお勧めします。 ただし、ディスク内のパーティションが多いほど、パーティション内のスペースが少なくなるため、特にシステムCドライブと、バックアップおよびプロジェクトに使用されるボリュームに対して、パーティションのスペースが不足する可能性が高くなります。

多くの人が再インストールせずにServer 2008パーティションのサイズを変更できるかどうか尋ねます Windows。 別の問題は、ディスクパーティションのサイズを変更しても安全かどうかです。 Windows server、一部の人々は、ボリュームのサイズを変更した後のシステムの起動の失敗とデータの損失についてフォーラムでフィードバックしているためです。

パーティションのサイズを変更

この記事では、パーティションのサイズを変更する2つの安全な方法を紹介します Windows Server 2008 (R2)。 Windows ディスクの管理は、ディスクドライブのサイズを変更しても安全な1つのオプションですが、一方で、いくつかの制限があります。 サードパーティのパーティションソフトウェアは、より簡単で制限のない別のオプションですが、すべてのパーティションソフトウェアがサーバーパーティションのサイズを変更するのに十分安全であるとは限りません。

ディスクの管理でパーティションのサイズを変更する

In Windows Server 2008 組み込みのディスク管理には、既存のボリュームのパーティションサイズを増減するために使用できるボリュームの縮小機能とボリュームの拡張機能があります。

ボリュームを縮小するには:

ステップ1。 押す Windows 影響により R キーボードのキー、タイプ diskmgmt.mscと をクリックし OK ディスクの管理を開きます。

Diskmgmt.msc

ステップ2。 減らしたいパーティションを右クリックして選択します ボリュームを縮小.

ボリュームを縮小

ステップ3。 縮小する容量を入力し(20480MB = 20GB)、[縮小]をクリックして実行します。

スペースを入力してください

間もなく、このパーティションは縮小されます。 簡単で高速ですが、ボリュームの縮小には次のような制限があります。

1。 ご覧のように、20 GBの未割り当て領域はDの右側に生成されますが、ディスクの管理では左側に生成できません。

パーティションが縮小した

2。 縮小できるのはNTFSパーティションのみです。ボリュームの縮小は、FAT32およびその他のタイプのパーティションでは無効になっています。

ボリューム制限の縮小

3。 このパーティションに移動できないファイルがある場合、このパーティションに大量の空き領域があっても、わずかな領域しか縮小できません。

ボリュームを拡張するには:

注意: あるときだけ 隣接 未割り当て 上のスペース サイド、ボリュームの拡張は有効です。 スクリーンショットから、 ボリュームの拡張はグレー表示されます ドライブCおよびEを右クリックすると、Dドライブでのみアクティブになります。

ボリュームの拡張は無効です

ボリュームの拡張でドライブを増やすには、右クリックしてボリュームの拡張ウィザードを終了するだけです。

ボリュームの縮小と同様に、ボリュームの拡張はFAT32パーティションでは無効です。

FAT32はサポートされていません

制限があるため、ディスクの管理はServer2008パーティションのサイズを変更するのに最適なツールではありません。

パーティションソフトウェアでディスクドライブのサイズを変更する

などのパーティションソフトウェア NIUBI Partition Editor、パーティションのサイズを変更できます Windows Server 2008 (R2)はるかに簡単です。 未割り当てスペースは、左側または右側に生成できます。 NTFSおよびFAT32パーティションは、圧縮と拡張の両方でサポートされています。 ディスクパーティションのサイズを変更するには、プログラムをクリックしてドラッグするだけです。

パーティションのサイズを変更する手順 Windows Server 2008 R2:

ダウンロード NIUBI Partition Editor、パーティション(ここではD :)を右クリックして選択します Resize/Move Volume.

ボリュームのサイズを変更

ポップアップウィンドウで、 国境 右向き.

シュリンクDドライブ

Dドライブの左側に20GBの未割り当て領域が生成されます。 ドラッグすると 国境 左向き、右側に未割り当て領域が生成されます。

未割り当て領域

未割り当て領域は、左または右に隣接するパーティションに追加できます。

Cドライブを拡張するには:Cドライブを右クリックして選択します Resize/Move Volume もう一度、ポップアップウィンドウで、 国境 右向き この未割り当てスペースを組み合わせる。

Cドライブの拡張

Cドライブは、Dを縮小することによって拡張されます。

Cドライブ拡張

間違いを避けるために、これらの操作はすぐには実行されません。代わりに、左下に[保留中]と表示されます。何か間違ったことをした場合は、クリックするだけです。 アンドゥ キャンセルするには左上に。 このようにボリュームのサイズを変更したい場合は、 Apply 物理ディスクドライブの変更を実行します。 オペレーションは  で行うことができます Windows サーバーを再起動せずにデスクトップ。

要約すれば

パーティションのサイズを変更するには Windows Server 2008 (R2)、組み込みのディスク管理で一部の作業を実行できますが、制限のため、ほとんどの場合、サードパーティのパーティションソフトウェアが必要です。 独自の1秒ロールバックテクノロジーと特別なファイル移動アルゴリズムのおかげで、 NIUBI Partition Editor 最も安全で最速のパーティションソフトウェアです。
ダウンロード