システムの予約済みパーティションを拡張 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、システムで予約されたボリュームのサイズを変更する方法を紹介します Windows Server 2008 R2、他のドライブを縮小して、データを失うことなくシステム予約済みパーティションを拡張します。

システムで予約されたパーティションのボリュームの拡張が無効になっています

マイクロソフトはネイティブの能力を改善しました ディスク管理ツール in Windows Server 2008 新しいシュリンクおよびボリューム拡張機能を追加することにより。 ただし、 システム予約済みパーティションを拡張する このツールでCまたは他のドライブを圧縮することは不可能です。

ボリュームの拡張は無効です

スクリーンショットに表示されているように、Cドライブを圧縮すると、システムで予約されたパーティションの[ボリュームの拡張]オプションが無効になります。 それの訳は:

ボリュームの拡張では、未割り当て領域のみを追加できます 隣接する パーティションですが、ボリュームの縮小は、 .

この状況では、次のことを行うためのツールが必要です 未割り当てスペースを移動 左側にある場合、システムで予約されたパーティションに対してボリュームの拡張が有効になります。

Cドライブからシステム予約済みパーティションを拡張する方法

パーティション分割ソフトウェア など NIUBI Partition Editor、することができます Cドライブを縮小 左側に未割り当てスペースを作成すると、システム予約パーティションを簡単に拡張できます。 ディスクの管理でCドライブを縮小した場合は、未割り当て領域をシステムの予約済みパーティションの後ろに移動できます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側に構造やその他の情報を含むすべてのディスクパーティションが表示されます。 システム予約済みパーティションはディスク0にあり、同じディスクに他のドライブC、D、Eがあります。

NIUBI Partition Editor

システムで予約済みのパーティションを拡張する手順 Windows Server 2008 R2:

ステップ1: 右クリック C:ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左枠 ポップアップウィンドウの右側に向かって、またはボックスに金額を入力します 前の未割り当てスペース.

Shrink C drive

次に、Cドライブが縮小され、未割り当て領域が左側に作成されます。

C drive shrunk

ステップ2: システム予約済みパーティションを右クリックして、「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 未割り当てスペースを結合する権利に向かって。

Drag to extend

次に、システム予約済みパーティションが拡張されます。

Extend system reserved

ステップ3: クリック Apply 左上の実行、完了。

データパーティションからシステム予約ボリュームを拡張する

右側の隣接するパーティションCに未使用の空き領域が十分にない場合、同じディスク上の他のデータボリュームを縮小できます。 その場合、パーティションを移動する追加の手順があります。

システムの予約済みパーティションのサイズを増やす方法のビデオを見る Windows Server 2008 R2:

Video guide

何らかのタイプのハードウェアRAIDアレイを使用する場合は、アレイを壊したり、コントローラをレイドする操作を行ったりせず、上記の手順に従ってください。 VMware VMDKまたはHyper-V VHDのシステム予約済みパーティションのサイズを変更する場合も、手順は同じです。

システムとデータの管理

システム予約済みパーティションのサイズ変更と拡張は簡単です Windows Server 2008ただし、すべてのソフトウェアがこのタスクをうまく実行できるわけではありません。 一部の信頼性の低いソフトウェアは、システムブートの失敗やデータの損失を引き起こす可能性があるため、最初にバックアップすることを忘れないでください。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor 次のようなシステムとデータを保護する革新的なテクノロジーを提供します。

また、高度なファイル移動アルゴリズムにより、はるかに高速です。 パーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションの移動、マージ、コピー、変換、ワイプ、非表示、スキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD