システムパーティションCのサイズを変更 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、システムパーティションのサイズを変更する方法を紹介します Windows Server 2008 R2。 Cドライブのサイズを変更して、データを失うことなくDまたはシステム予約パーティションを拡張します。

ディスクの管理でシステムパーティションのサイズを変更する

数年間サーバーを実行した後、元のディスクパーティション構成は合理的でなくなり、次のことを行う必要があります。 パーティションサイズを調整する。 典型的な例はそのシステムパーティションです Cのスペース不足なので、サイズを大きくする必要があります。 一部のサーバーでは、管理者はシステムパーティションのサイズをもっと小さくしたいと考えています。 Dを展開 or システム予約 パーティション。

Windows Server 2008 内蔵しています 縮小する   ボリュームの拡張 データを失うことなくシステムドライブとデータボリュームのサイズを変更できるディスクの管理の機能。 ただし、いくつかの制限があるため、これは最良の選択ではありません。

システムCのサイズを変更する方法:ドライブイン Windows Server 2008 ディスク管理:

ナビゲーションヘッダーの サーバーマネージャ の隣に 開始 画面の左下で、ディスクの管理に切り替えます。

システムボリュームを縮小するには:

  1. それを右クリックして、ボリュームの縮小を選択します。
  2. 金額を入力し、[縮小]をクリックします。

システムボリュームを拡張するには:

  1. 隣接するドライブ(D :)を右クリックし、[ボリュームの削除]を選択します。
  2. Cドライブを右クリックして、ボリュームの拡張を選択します。
  3. ポップアップの「ボリュームの拡張ウィザード」ウィンドウで「終了」まで「次へ」をクリックします。

ドライブDを削除する理由 あなたが Cドライブを拡張できません ディスク管理でDを縮小する。

DMを使用したシステムボリュームのサイズ変更の制限

新しいボリュームを作成するためにシステムのCドライブのサイズを小さくしたい場合、または隣接するパーティションを削除してCドライブを拡大できる場合は、ネイティブのディスク管理ツールを試すことができます。

シュリンクボリュームの制限:

  1. You Cドライブを圧縮できません そこに移動不可能なファイルがある場合。
  2. NTFSパーティションのみをサポートし、他のすべてのパーティションは拡張できません。
  3. ボリュームを左に縮小し、右側に未割り当てスペースを作成することができます。

拡張ボリュームの制限:

  1. NTFSパーティションのみをサポートし、FAT32パーティションは拡張できません。
  2. 右側に隣接する未割り当て領域があるパーティションのみを拡張できます。他のすべてのパーティションは拡張できません。
  3. 右の連続パーティションDが論理の場合、Dを削除した後もCドライブを拡張できません。

制限を示すために、テストサーバーでドライブDを縮小しました。 あなたが見るように:

Extend Volume disabled

Extend is grayed

Cドライブのサイズを partition editor ソフトウェア

ディスク管理と比較すると、 NIUBI Partition Editor はるかに強力です。 NTFSパーティションとFAT32パーティションの両方を圧縮できます。圧縮中に未割り当て領域を作成するか、同じディスク上の他のパーティションに結合できます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従ってください。

Cドライブのサイズを小さくする方法 Windows Server 2008 他のボリュームを拡張するには:

Video guide

Cドライブのサイズを変更する方法 Windows Server 2008 他のボリュームを縮小することにより:

Video guide

あなたがしたい場合 システムの音量を上げる 同じディスク上に十分な空き容量がない場合は、 ディスクをコピーする より大きなものに、そして Cドライブを拡張 (およびその他のパーティション)追加のディスク領域。

他のソフトウェアと比較すると、 NIUBI Partition Editor 革新的なテクノロジーにより、より安全で高速です。

DOWNLOAD