Cドライブの縮小

Cドライブパーティションを縮小 Windows Server 2008

Windows ディスクの管理では、Cドライブのみを圧縮して新しいボリュームを作成できます。 この記事では、Cドライブのパーティションを縮小するためのより良い方法を紹介します Windows Server 2008 R2。 新しいボリュームを作成する以外に、システムで予約済みのパーティションやその他のデータドライブを拡張できます。

Cドライブの縮小

Cドライブを縮小して新しいボリュームを作成する

C:ドライブパーティションを圧縮してボリュームをさらに作成したい場合は、 Windows Server 2008 ネイティブのディスク管理が役立ちます。 これは非常に簡単で高速です。さらに、サーバーを中断することなくこのタスクを実行できます。 ただし、状況によっては Cドライブを縮小できません この組み込みユーティリティで。

Server 2008ディスク管理でCドライブを圧縮する手順:

ステップ1 次の項目を選択します。: Windows   Rキー キーボードで実行を開始するには、次のように入力します diskmgmt.mscと それから、 入力します.

オープンディスク管理

ステップ2 Cドライブを右クリックし、ディスクの管理スナップインで[ボリュームの縮小]を選択します。

Cドライブの縮小

ステップ3 金額を入力してクリック 縮小する.

金額を入力します

61336MB Cドライブの右側に未割り当てスペースが作成され、新しいパーティションを作成できます。

Cドライブが収縮した

先端

  • ボリュームの縮小はNTFSパーティションのみを縮小できます。FAT32はサポートされていません。
  • ボリュームの縮小では、左側に未割り当てスペースを作成できません。

Cを圧縮してシステム予約パーティションを拡張する

Cドライブを圧縮して他のパーティションを拡張したい場合は、 Windows ディスクの管理は役に立ちません。 私のテストサーバーを見るとわかるように、他のパーティションではボリュームの拡張が無効になっています。

ボリュームの拡張は無効です

実際、ボリュームの拡張では、右側に隣接する未割り当て領域があるパーティションのみを拡張できます。 スクリーンショットから:

  • 30 GBの未割り当て領域は、システムで予約されているパーティションに隣接していないため、 ボリュームの拡張がグレー表示されている.
  • 未割り当て領域が左側にあるため、ドライブDのボリュームの拡張は無効になっています。

3rdパーティー ディスクパーティショニングソフトウェア Cドライブを右側に縮小し、左側に未割り当てスペースを生成できるため、システムで予約済みのパーティションを簡単に拡張できます。

ステップ1 ダウンロード NIUBI Partition Editor、Cドライブを右クリックして、「Resize/Move Volume"機能。

Cドライブのサイズ変更

ステップ2 左の境界線を右にドラッグして、ポップアップウィンドウで縮小します。

Cドライブの縮小

[OK]をクリックしてメインウィンドウに戻ると、システムCドライブは80GBに縮小されています。

Cドライブが収縮した

 システム予約パーティションを右クリックして、「Resize/Move Volume」再び。 右の境界線を右にドラッグして、20GBの未割り当て領域を結合します。

予約済みの拡張システム

システム予約済みパーティションは20.1GBに拡張されています。 Apply 左上に実行します。

システム予約拡張

先端

  • このプログラムは仮想モードで動作するため、実際のディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 確認します。
  • マークされた保留中の操作 チェック デスクトップとマークされたもので行うことができます リブート 実行するには再起動が必要です。

Cを縮小してDまたは他のボリュームを拡張する

Cドライブを縮小してDを拡張する場合 Windows Server 2008、同様です。以下の手順に従ってください。

ステップ1 Cドライブを右クリックして、「Resize/Move Volume" 右の境界線を左にドラッグします それを縮小します。

Cドライブの縮小

[OK]をクリックすると、Cドライブの右側に未割り当てスペースが作成されます。

Cドライブが収縮した

ステップ2 ドライブDを右クリックして、「Resize/Move Volume」再び、 左の境界線を左にドラッグします 30GBの未割り当て領域を組み合わせる。

Dを延長する

[OK]をクリックすると、ドライブDが89.9GBに拡張されます。

ドライブD拡張

要約すれば

Cドライブを縮小するには Windows Server 2008 (R2)、ネイティブディスクの管理は最良の選択ではありません。 パーティションCを縮小し、右側にUnallocateを生成して、新しいドライブを作成することしかできません。 また、移動できないファイルがあると、Cドライブを縮小できない場合があります。 として 最高のサーバーパーティションソフトウェア, NIUBI Partition Editor パーティションを簡単かつ安全に縮小および拡張できます。

ダウンロード