パーティション/ボリュームを縮小する方法 Windows Server 2008 R2

ジョーダン著、更新日:2021年11月2日

ハードドライブパーティションは、オペレーティングシステムのインストール時に割り当てられるか、サーバーOEMメーカーによって割り当てられます。 このサーバーを一定期間実行した後、次のことを行う必要があります。 パーティションサイズを変更する、 例えば:

パーティションを縮小するには Windows Server 2008 (R2)、3種類のツールがあります。 Diskpartコマンドツール、ディスク管理および NIUBI Partition Editor。 この記事では、各ツールを使用してServer2008のボリュームを縮小する方法を紹介します。

1.Diskpartコマンドを使用してServer2008パーティションを縮小します

一部のサーバー管理者はコマンドラインツールを使用するのが好きですが、Diskpartは Windows ネイティブコマンドツール。 ディスクの管理とは異なり、Diskpartはパラメータの一部を含む単一のパーティションのみを表示し、ディスクパーティションのレイアウトや未割り当て領域は表示しません。 ディスクパーティションについてすべてを理解していない場合は、このツールの使用をお勧めしません。

Diskpartcmdを使用してServer2008 R2でパーティションを縮小するためのその他の不足:

  1. NTFSパーティションのみを縮小できます。FAT32およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。
  2. パーティションを縮小できるのは 未割り当て領域を作成します 右に.
  3. パーティションに移動できないファイルがある場合、これらの「移動できない」ファイルを移動できないため、スペースを少ししか縮小できません。

パーティションを縮小する方法 Windows Server 2008 diskpartコマンドを使用したr2:

  1. メディア情報 Windows + R ホットキーを一緒に開いて ラン、タイプ DISKPART を押し 入力します.
  2. 入力 list volume diskpartコマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押すと、すべてのパーティションがリストに表示されます。
  3. 入力 select volume C Enterキーを押します。 Cは、圧縮するドライブ文字またはパーティションの番号です。
  4. 入力 shrink desired=XX Enterキーを押します。 XXは、このパーティションから縮小する容量(MB単位)です。

List volume

一般に、ファイルシステムやその他のエラーがない場合、このパーティションは短時間で縮小されます。

2.ボリュームを縮小 Windows Server 2008 ディスク管理

ディスクの管理には、ハードドライブのパーティションを縮小する際に、上記と同じ不足があります。 ベンefiディスクの管理では、パーティションのレイアウトと各パーティションの詳細情報を視覚的に表示します。 さらに、パーティションを縮小した後、未割り当て領域が生成される場所が明確にわかります。 サードパーティのソフトウェアを使用したくない場合は、Server 2008 DiskManagementのボリュームの縮小機能を試してみてください。

ボリュームを縮小する方法 Windows Server 2008 R2ディスク管理:

  1. メディア情報 Windows + R ホットキーを一緒に開いて ラン、タイプ diskmgmt.mscと Enterを押します。
  2. NTFSパーティションを右クリックして、 ボリュームを縮小 リストから。
  3. 利用可能な最大スペースはデフォルトで指定されています。 縮小する 直接、または自分で少量を入力します。

Enter amount

Server 2008 R2ディスクの管理を使用してパーティションを縮小する際の一般的な問題:

  1. このパーティションに十分な空き容量があるが、ディスクの管理で 0 縮小するスペース。つまり、ファイルシステムエラーが発生します。 実行する必要があります chkdsk X:/v/f ファイルシステムを修復して再度縮小するコマンド(Xは、縮小するパーティションのドライブ文字です)。
  2. このパーティションに十分な空き容量があるが、ディスクの管理で 少し 縮小するスペースは、このパーティションに移動できないファイルがあることを意味します。 その場合、サードパーティのソフトウェアを実行する必要があります。
  3. パーティションを縮小して別のパーティションを拡張する場合は、どちらも Windows ネイティブツールが役立ちます。

上で述べたように、diskpartコマンドとディスクの管理では未割り当て領域しか作成できません 右に パーティションを縮小しながら。 未割り当て領域を追加できるのは 隣接する パーティション。 スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張が無効になっています Cは隣接しておらず、Eはこの未割り当てスペースの右側にあるため、Dを縮小した後のCとEの両方について。

Extend greyed

3.パーティションボリュームを縮小する方法 NIUBI Partition Editor

これらのネイティブツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor より強力で、次のことができます。

  1. NTFSとFAT32の両方のパーティションを縮小して拡張します。
  2. 移動できないファイルが配置されているポイントを超えてパーティションを縮小します。
  3. パーティションを圧縮するときは、左側または右側に未割り当て領域を作成します。
  4. 隣接する未割り当て領域を1ステップずつマージして、パーティションを拡張します。
  5. 未割り当てスペースを移動 同じディスク上の隣接していないパーティションに結合します。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側にパーティションレイアウトやその他の情報を含むすべてのストレージデバイスが表示され、選択したディスクまたはパーティションで使用可能な操作が左側に表示され、右クリックします。 使用できない操作は自動的に非表示になります。

NIUBI Partition Editor

Server2008のボリュームを縮小する方法 NIUBI Partition Editor:

NTFSまたはFAT32パーティションを右クリックして、[Resize/Move Volume"、ポップアップウィンドウには2つのオプションがあります。

ドラッグすると 右の境界 左に向かって、またはボックスに金額を入力します Unallocated space after:

Shrink to left

次に、未割り当てスペースが 右側.

Partition Shrunk

ドラッグすると 左枠 右に向かって、またはのボックスに金額を入力してください Unallocated space before:

Shrink to right

次に、未割り当てスペースが 左側.

Partition Shrunk

パーティションのボリュームを縮小するためのビデオガイド Windows Server 2008 R2:

Video guide

必要に応じて手順に従ってください Server 2008パーティションを拡張する 別のものを縮小することによって。

パーティションの縮小と拡張に加えて Windows Server 2008/ 2012/2016/2019/2022、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、コピー、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、スキャンなどに役立ちます。 独自の1秒ロールバック、仮想モード、およびWell-Cancelテクノロジーにより、他のツールよりもはるかに安全です。

ダウンロード