Cドライブを縮小 Windows Server 2008

更新日:2019年11月16日

この記事では、システムパーティションを縮小する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことなく。 Cドライブを縮小してDまたは他のボリュームを拡張します。

Server 2008のディスク管理でCドライブを縮小する

以前のServer 2003よりも優れている Windows Server 2008 新しい ボリューム縮小機能 ネイティブで ディスク管理 データを失うことなく、システムパーティションとデータボリュームを縮小できるツール。 サードパーティのソフトウェアより優れており、 ハードドライブを縮小 サーバーを再起動せずにその場で。 ただし、いくつかの固有の制限により、システムCドライブの圧縮中に問題が発生する場合があります。

Cを縮小する手順:ドライブイン Windows Server 2008 ディスク管理:

  1. 次の項目を選択します。: Windows R キーボードで一緒に入力します diskmgmt.mscと Enterを押します。
  2. Cドライブを右クリックして選択します ボリュームを縮小 リストから。
  3. 単にクリックしてください 縮小する Cドライブを減少させる デフォルトで利用可能なスペースまたは自分でより少ない量を入力します。

しばらくすると、システムパーティションCが縮小され、右側に20 GBの未割り当て領域が作成されます。

Cドライブに未使用のスペースがたくさんあるが、ディスクの管理で縮小ウィンドウにスペースがほとんどない場合は、このパーティションに移動できないファイルがあることを意味します。

Shrink Volume C

Shrinking window

縮小C:ドライブウィンドウにヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

例:システムパーティションCに50GBの未使用領域があり、ブロック3に「移動できない」ファイルがある場合、ディスクの管理ではこのブロックを超えてCドライブを1または2に縮小できません。したがって、ディスクの管理ではCドライブの縮小しかできませんブロック4に空き領域があります。

Unmovable files

これが、システムパーティションを縮小するときに使用できるスペースがほとんどないと多くの人がフィードバックする理由です Windows Server 2008.

別の深刻な を縮小するためのディスク管理の使用:でフォーマットされたパーティションのみ NTFS または、ファイルシステムなし(RAW)は縮小できます。 FAT32およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。

スクリーンショットにあるように、ボリュームの縮小と拡張のオプションは両方とも グレーアウト ドライブEの場合、 FAT32.

ただし、ほとんどのシステムパーティションはNTFSでフォーマットされているため、Cドライブの問題ではありません。

Cannot shrink

システムパーティションCを縮小するより良い方法

もしあなた 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 縮小C:十分な空き容量のあるドライブ。ページングファイル、休止状態、またはその他の移動できないファイルがあるため、 ディスクパーティションソフトウェア。 最も安全なツールとして、 NIUBI Partition Editor これらのファイルを移動できるため、システムパーティションまたはその他のボリュームを(必要に応じて)最小サイズに縮小できます。 ながら パーティションの縮小 NIUBIでは、未割り当てスペースを左側または右側に作成できます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 右側に構造やその他の情報が記載されたディスクパーティションが表示されます。ハイライト表示されたディスクまたはパーティションに対して使用可能な操作は、左側または右クリックでリストされます。 ドライブC、D、Eとシステム予約済みパーティションがあります。 元のCドライブは60GBです。

NIUBI Partition Editor

システムパーティションを圧縮する方法 Windows Server 2008 NIUBIの場合:

システムC:ドライブを右クリックし、[Resize/Move Volume"、ドラッグ 国境 反対側に向けるか、ポップアップウィンドウで手動で金額を入力します。

Cドライブを左に縮小:

右の境界線を左にドラッグします

Drag to shrink

次に、未割り当てスペースが Cドライブの。

Shrinkk to left

Cドライブを右に縮小:

左の境界線を右にドラッグします

Drag to shrink

次に、未割り当てスペースが Cドライブの。

Shrink to right

NIUBIは仮想モードで動作するように設計されています。実際のディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 左上に確認します。

Cドライブを縮小してDまたはシステム予約済みパーティションを拡張する

システムパーティションを圧縮して新しいデータボリュームを作成したいだけの場合 Windows Server 2008、ほとんどの場合、ディスクの管理で実現できます。 しかし、あなたがしたい場合 拡張D:ドライブ or システム予約パーティションを拡張する Cドライブを縮小することにより、ディスクの管理 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 助けます。

Cant extend volume

スクリーンショットにあるように、Dドライブとシステム予約パーティションの両方でボリュームの拡張がグレー表示されています。これは次の理由によります。

ディスクの管理では、未割り当て領域のみを作成できます パーティションを縮小している間。

ボリュームの拡張では、未割り当て領域を 連続したまま パーティション。 ドライブCは隣接しておらず、Eは右側にあるため、ボリュームの拡張は機能しません。

NIUBI Partition Editor C:ドライブを縮小して未割り当て領域を作ることができます どちら 側。 未割り当て領域は、同じディスク内の他のパーティションと組み合わせることができます(ただし、 EFI GPTディスクのパーティション)。

ビデオの手順に従って、Cドライブを縮小し、Dまたはシステムで予約されたパーティションを拡張します。 Windows Server 2008 R2:

Video guide

パーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションの移動、コピー、変換、デフラグ、ワイプ、非表示、スキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD