Windows Server 2008 ボリュームの縮小がグレー表示

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームの縮小が無効になっている理由を紹介します Windows Server 2008 R2ディスク管理、およびボリュームの縮小がグレー表示されるか機能しない場合の対処方法。

ボリュームの縮小オプションが無効になっている理由

一定期間サーバーを実行した後、次のことを行う必要があります。 ハードドライブの再パーティション。 たとえば、割り当てられたパーティションを縮小して、特定の目的のために新しいボリュームを作成する、または Dを縮小してCドライブを拡張.

このタスクを達成するために、マイクロソフトは新しい ボリュームを縮小 組み込みのディスク管理ツールの機能。 することができます システムパーティションを縮小する データ量の一部は高速で、データを失うことなく。 ただし、サーバー2008のディスクの管理ではボリュームの縮小が無効になっているとのフィードバックもあります。 なぜこれが起こるのでしょうか?

理由: パーティションはサポートされていません

Microsoftの説明によると、ボリュームの縮小は、フォーマットされたパーティションのみを縮小できます。 NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。 別の一般的なFAT32および他のタイプのパーティションはサポートされていません。

私のサーバーに表示されているように、ドライブEのボリュームの拡張と縮小は灰色になっています。 FAT32.

ただし、ほとんどのシステムパーティションはNTFSでフォーマットされているため、Cドライブでは一般的な問題ではありません。

Cannot shrink

ボリュームの縮小がアクティブになっているが機能しない

場合によっては、ボリュームの縮小がアクティブになって利用可能になることがありますが、縮小できるスペースはほとんどありません。

Shrinking window

縮小ウィンドウにヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

例:ブロック40のディスク管理に「移動できない」ファイルがある場合、Cドライブには3GBの未使用の空き容量があります。 Cドライブを圧縮できません このブロックを超えて1または2になります。したがって、ディスクの管理では、 Cドライブの縮小 ブロック4に空きスペースあり。

Unmovable files

これが、多くの人が利用できるスペースが少ないとフィードバックする理由です。 パーティションの縮小 in Windows Server 2008.

この状況では、サードパーティを実行する必要があります パーティション分割ソフトウェア など NIUBI Partition Editor、これらの「移動できない」ファイルを移動できるため、必要に応じてこのパーティションを最小サイズに縮小できます。

ほとんどの場合、NTFSデータボリュームの圧縮中に問題が発生することはありません。 未割り当て領域を解放すると、新しいボリュームを簡単に作成できます。 ただし、この未割り当て領域で他のパーティションを拡張する場合、ディスクの管理は役に立ちません。

詳細はこちら ボリュームを拡張できない理由 Windows Server 2008.

ボリュームの縮小がグレー表示された場合の対処方法

FAT32パーティションを縮小したり、パーティションを縮小して他のパーティションを拡張したりするには、以下も必要です。 NIUBI Partition Editor。 ディスクマップ上にドラッグアンドドロップするだけで、未割り当て領域を左側または右側に作成できます。 このスペースは、同じディスク内の他のパーティションと組み合わせることができます(ただし、 EFI GPTディスクのパーティション)。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従って、ボリュームのグレー表示の問題を修正してください Windows Server 2008:

Video guide

パーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションの移動、コピー、デフラグ、変換、ワイプ、非表示、スキャンなど、他の多くの操作に役立ちます。