Windows Server 2008 ボリューム縮小機能

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームを縮小する方法を紹介します Windows Server 2008 データを失うことのないR2ディスク管理とボリュームの縮小機能の制限。

Server 2008でボリュームを縮小する方法

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 持っています ボリュームを縮小 組み込み機能 ディスク管理。 できます システムパーティションを縮小する オンザフライでデータを失うことなく、データ量。 より良い Diskpartコマンド、Disk Managementは、ディスクパーティションの構造やその他の情報をグラフィカルインターフェイスで表示します。 ボリュームを縮小すると、結果が視覚的に表示されます。 縮小できないパーティションがある場合、ボリュームの縮小オプションは無効になります。

ボリュームを縮小する手順 Windows Server 2008 ディスク管理:

ステップ1: 次の項目を選択します。: Windows R、タイプ diskmgmt.mscと を押し 入力しますをクリックすると、ディスクの管理が開きます。

ステップ2: 削減するパーティションを右クリックして選択します ボリュームを縮小 リストから。

Shrink Volume

ステップ3: 利用可能な最大スペースはデフォルトで指定されています。 縮小する または、最初に少ない金額を入力してください。 ここに20480と入力しました。

Enter amount

しばらくすると、パーティションDが50GBから30GBに縮小され、20GBの未割り当てスペースがDの右側に作成されます。

Volume shrunk

Server 2008のディスクの管理でパーティションを圧縮するのは非常に簡単ですが、このネイティブツールにはいくつかの制限があるため、状況によっては問題が発生する可能性があります。

ボリューム縮小機能の制限

1. NTFSパーティションのみ縮小できます

ボリュームの縮小では、フォーマットされたパーティションのみを縮小できます。 NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。 右クリックすると FAT32 またはその他のタイプのパーティションでは、ボリュームの縮小オプションはグレー表示されます。

2. 移動できないファイルを超えて縮小することはできません

縮小ウィンドウには、ヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

これらの移動できないファイルには、ページングファイル、休止状態、およびその他の大きなファイルが含まれます。 このようなファイルがある場合、このパーティションには十分な空き領域がありますが、ディスクの管理では縮小ウィンドウにほとんどまたはまったく表示されません。

これらの移動できないファイルはシステムパーティションCに異常に存在するため、この問題が発生する可能性が非常に高いです。 Cドライブの縮小.

3. 未割り当てスペースは左側に作成できません

Server 2008のディスクの管理でボリュームを縮小する場合、容量を入力するオプションはXNUMXつしかありません。 その後、このパーティションは左方向に縮小され、未割り当てスペースが作成されます .

この未割り当て領域で新しいボリュームを作成する場合は問題ではありませんが、 他のパーティションを拡張する このスペースでは、 不可能 ディスク管理。 ボリュームの拡張 機能のみ 未割り当てスペースを組み合わせる 隣接する パーティション。 したがって、 ボリュームの拡張がグレー表示されている C:とE:Dを縮小した後にドライブします。

Diskpartコマンド 同じ制限があります。

ディスクパーティションを縮小するより良い方法

ネイティブのDiskpartおよびDisk Managementツールと比較すると、 NIUBI Partition Editor より強力で、次のことができます。

ダウンロード NIUBI Partition Editor サーバー そして、フォロー ビデオのボリュームを縮小する手順 Windows Server 2008 R2:

Video guide

NTFSまたはFAT32パーティションを右クリックして、[Resize/Move Volume"、どちらかをドラッグ 国境 ポップアップウィンドウの反対側に向かって、このボリュームを縮小するか、未割り当てスペースをこのボリュームに結合できます。 ドラッグ 真ん中 反対側に向けて配置すると、このパーティションと隣接する未割り当てスペースの位置を交換できます。