グレーアウトされたボリュームを拡張する Windows Server 2008 R2

ランス、更新日:2022年9月22日

以前のバージョンよりも優れています Windows Server 2008 ネイティブディスク管理ツールに新しい「ボリュームの縮小」および「ボリュームの拡張」機能があります。 いつ C:ドライブがいっぱいになっています in Windows 2008サーバー、多くの人がしようとします Cドライブを拡張 このネイティブ ツールを使用しましたが、失敗しました。 なぜなら ボリュームの拡張オプションが無効になっています Dまたは他のパーティションを縮小した後のCドライブ用。 この記事ではその理由を紹介します ボリュームの拡張がグレー表示される理由 in Windows Server 2008 (R2)ディスクの管理とこの問題を簡単に解決する方法。

でグレー表示されたCドライブを拡張する理由 Windows Server 2008 R2

理由1。 右側に隣接する未割り当てスペースはありません

まず、物理ハードディスクのサイズは固定されていることを知っておく必要があります。250GBのディスクを200GBに減らしたり500GBに増やしたりすることはできません。 前 パーティションを拡張する、 がなければならない 未割り当て 上のスペース 同じディスク.

したがって、別のボリュームを削除または縮小して未割り当て領域を取得しなかった場合は、もちろん パーティションを拡張できません. その場合、[ボリュームの拡張] オプションは無効になっています。 Windows Server 2008 すべてのパーティションに。

Extend greyed

パーティションを削除すると、その中のすべてのファイルも削除されます。 しかし、このパーティションを縮小すると、すべてのファイルはそのまま残り、空き領域の一部のみが未割り当てに変換されます。 このパーティションがプログラムなどに使用されている場合 Windows サービス、削除することはできません。

非常に多くの人が、パーティションを縮小して未割り当て領域を作成しようとします。 ただし、スクリーンショットに示されているように、パーティションDを縮小した後のCおよびE:ドライブの[ボリュームの拡張]はグレー表示されています。これは次の理由によるものです。

Extend greyed

つまり、Dから縮小した未割り当てスペースは 隣接しない Cドライブに接続するため、ボリュームの拡張は無効になります。 これが、拡張Cドライブがグレー表示される最も一般的な理由です。 Windows Server 2008 (r2)ディスク管理。

理由2。 異なるパーティションタイプ

一部の人々はそれが可能かどうか疑問に思っています ボリュームの拡張を有効にする  正しい連続パーティション D を削除することにより、C ドライブの場合、答えははいです。  GPT ディスク、しかし MBR ディスクによって異なります。

システムC:右側の隣接するパーティションD(またはE)が 論理的、Dを削除した後も、Cドライブの拡張ボリュームはグレー表示されたままです。

In Windows ディスクの管理、 未割り当て プライマリパーティションから削除されたスペースは、どの論理ドライブにも拡張できません。 無料版 論理ドライブから削除されたスペースは、どのプライマリパーティションにも拡張できません。

論理ドライブから削除された空き容量は、まだ「拡張パーティション」の一部です。 未割り当てに変換するには、削除する必要があります 他の論理ドライブと拡張パーティション全体。 明らかに、それは悪い考えです。

Extend volume disabled

2. Server2008R2で拡張ボリュームがグレー表示されるその他の理由

データボリュームについては、[ボリュームの拡張]がグレー表示される2つの追加の理由があります。 Windows Server 2008 (r2)ディスク管理。

理由3。 サポートされていないファイルシステム

Microsoftの説明によると、ボリュームの拡張は、フォーマットされたパーティションのみを拡張できます NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。

別の一般的なFAT32およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。

この制限を示すために、D ドライブを NTFS から FAT32 に変換しました。スクリーンショットでわかるように、ボリュームの縮小と拡張の両方がグレー表示されていますが、右側には隣接する未割り当て領域があります。

Extend is grayed

理由4。 MBRディスクの2TB制限

現在、ハードディスクははるかに大きく、サーバーでは2TB以上の物理ディスクまたは10TB以上のRAIDアレイを使用するのが一般的です。 問題は、ディスクをMBRとして初期化した場合、使用できるのは2TBのスペースのみで、残りのスペースは することはできません ディスク管理で新しいボリュームを作成したり、他のボリュームに追加したりするために使用されます。

スクリーンショットが示すように、ドライブHはNTFSとしてフォーマットされており、右側に連続した未割り当て領域がありますが、ボリュームの拡張はまだグレー表示されています。

この場合、ディスクの管理で未割り当て領域を右クリックすると、すべてのオプションがグレー表示されます。

Extend Volume grayed

でボリュームの拡張が無効になっている場合の方法 Windows Server 2008

少し複雑に見えますが、これらの問題を解決することは非常に簡単です NIUBI Partition Editor. まず、サーバーのディスク パーティション レイアウトを確認し、サーバーで [ボリュームの拡張] がグレー表示されている理由を見つけてから、以下の対応する方法に従ってください。

ソリューション1。 Cドライブの横にある未割り当て領域を移動する

ドライブD(またはE)を縮小してディスクの管理で未割り当て領域を取得した場合は、 NIUBI Partition Editor できる パーティションDを移動 右側にある場合、未割り当て領域はCドライブに隣接します。

ダウンロード このプログラムを実行すると、メインウィンドウにディスクパーティションのレイアウトやその他の情報が表示されます。 ドライブDから縮小されたディスク20に0GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

Server 2008 R2 で C ドライブの [ボリュームの拡張] がグレー表示になっている場合の手順:

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、マウスポインタを 真ん中 Dドライブの ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、未割り当てスペースがDドライブの左側に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Move Unallocated space

ステップ3: 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上に実行します。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

ソリューション2。 パーティションのサイズを変更 NIUBI Partition Editor

FAT32パーティションを拡張する場合、または論理ドライブを縮小してプライマリパーティションを拡張する場合(またはその逆)、ビデオの手順に従ってNIUBIでパーティションのサイズを変更します。

Video guide

ソリューション3。 拡張する前にMBRディスクをGPTに変換する

パーティションを過去2TBに拡張する場合、または2TB以上のスペースを使用する場合は、次のことを行う必要があります。 MBRからGPTに変換する 事前に、ビデオの手順に従ってください。

Video guide

パーティションの縮小、移動、拡張に加えて、ボリュームの拡張のグレー表示の問題を修正します。 Windows Server 2008/ 2012/2016/2019/2022、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、コピー、ワイプ、非表示、デフラグ、スキャンなど、他の多くのディスクパーティション管理操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード