Windows Server 2008 ボリュームの拡張はグレー表示されます

ランス、更新日:2020年12月2日

この記事では、ボリュームの拡張がグレー表示される理由を紹介します Windows Server 2008 R2ディスクの管理、およびボリュームの拡張が無効になっている場合の対処方法。

サーバーの実行時間が長いほど、ディスクパーティションの可能性が高くなります スペースが足りなくなります、特にシステムパーティションCを使用する場合。 C:ドライブを拡張 すべてをバックアップして復元するために、最初からやり直したり、長い時間を無駄にしたりする必要はありません。 以前のServer 2003では、次のことができます。 DiskPartを介してパーティションを拡張する コマンド・プロンプト。 簡単にするために、Microsoftは新しいGUIを追加します ボリュームの拡張 の機能 Server 2008のディスク管理 ツール。

ほとんどのサーバーマシンでは、同じハードディスク上にDなどの別のボリュームがあるため、一部の人は Dを縮小してCドライブを拡張 しかし失敗した。 Googleで検索すると、多くの人が同じ問題に遭遇したことがわかります ボリュームの拡張はグレー表示されます in Windows Server 2008 ディスク管理。 多くのサーバー管理者にとって、この問題は厄介です。 この記事は理由を紹介します Windows Server 2008 [ボリュームの拡張]オプションはグレー表示され、何をすべきか.

1.拡張Cドライブがグレー表示される理由 Windows 2008サーバー

ほとんどのサーバー管理者は、次の場合に問題が発生します。 Cドライブの拡張、最初に、Cドライブの拡張ボリュームがグレー表示される理由を紹介します。 Windows Server 2008 およびR2。 一般的な理由は2つあり、XNUMXつずつ紹介します。

理由1。 右側に隣接する未割り当てスペースはありません

まず、物理ハードディスクのサイズは固定されていることを知っておく必要があります。250GBのディスクを200GBに減らしたり500GBに増やしたりすることはできません。 前 パーティションを拡張する、無料である必要があります 未割り当て 上のスペース 同じディスク.

したがって、削除または 別のボリュームを縮小する 未割り当てスペースを取得するには、もちろんあなた パーティションを拡張できません。 その場合、[ボリュームの拡張]オプションはすべてのパーティションで無効になります。

Extend greyed

パーティションを削除すると、その中のすべてのファイルも削除されます。 ただし、このパーティションを縮小すると、すべてのファイルがそのまま保持され、空き領域の一部のみが未割り当てに変換されます。 また、このパーティションをプログラムなどに使用する場合 Windows サービス、削除することはできません。

非常に多くの人が、パーティションを縮小して未割り当て領域を作成しようとします。 ただし、ご覧のとおり、パーティションDを縮小した後もCとE:ドライブのボリュームの拡張はグレー表示されています。これは次の理由によるものです。

Extend greyed

Dから縮小された未割り当て領域はCドライブに隣接しておらず、E:は右側にあるため、ボリュームの拡張は無効になっています。 これが、拡張Cドライブがグレー表示される最も一般的な理由です。 Windows Server 2008 ディスク管理。

理由2。 異なるパーティションタイプ

一部の人々はそれが可能かどうか疑問に思っています ボリュームの拡張を有効にする 右側の隣接するパーティション(D :)を削除する。 はい GPT ディスク、しかし MBR ディスクによって異なります。

システムC:ドライブは常にプライマリであり、隣接する右側のパーティションD(一部のサーバーではE)が論理の場合、Dを削除した後もCドライブのボリュームの拡張がまだグレー表示されます。

In Windows ディスクの管理、 未割り当て プライマリパーティションから削除されたスペースは、どの論理ドライブにも拡張できません。 Free 論理ドライブから削除されたスペースは、どのプライマリパーティションにも拡張できません。

論理ドライブから削除された空き領域は、引き続き 拡張パーティション、未割り当てに変換するには、他のすべての論理ドライブと拡張パーティション全体を削除する必要があります。 明らかに、それは悪い考えです。

Extend volume disabled

2.ボリュームを拡張する理由 Windows Server 2008 R2

データボリュームについては、Server 2 DiskManagementで[ボリュームの拡張]がグレー表示される2008つの追加の理由があります。

理由1。 サポートされていないファイルシステム

Microsoftの説明によると、ボリュームの拡張は、フォーマットされたパーティションのみを拡張できます NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。

別の一般的なFAT32およびその他のタイプのパーティションはサポートされていません。

この制限を示すために、DドライブをFAT32に変換しました。ご覧のとおり、右側に隣接する未割り当て領域がありますが、縮小ボリュームと拡張ボリュームの両方がグレー表示されています。

Extend is grayed

理由2。 MBRディスクの2TB制限

現在、ハードディスクははるかに大きく、サーバーでは2TB以上の物理ディスクまたは10TB以上のRAIDアレイを使用するのが一般的です。 問題は、ディスクをMBRとして初期化した場合、使用できるのは2TBのスペースのみで、残りのスペースは することはできません 新規に作成するか、ディスクの管理で他のボリュームに追加します。

スクリーンショットが示すように、ドライブHはNTFSとしてフォーマットされており、右側に連続した未割り当て領域がありますが、ボリュームの拡張はまだグレー表示されています。

この場合、ディスクの管理で未割り当て領域を右クリックすると、すべてのオプションがグレー表示されます。

Extend Volume grayed

[ボリュームを拡張]オプションがグレー表示/無効になっている場合の対処方法

少し複雑に見えますが、これらの問題を解決することは非常に簡単です NIUBI Partition Editor。 まず、サーバーのディスクパーティション構造を確認し、[ボリュームの拡張]がグレー表示されている理由を確認してから、以下の対応する解決策に従ってください。

ソリューション1。 Cドライブの横にある未割り当て領域を移動する

ドライブD(またはE)を縮小してディスクの管理で未割り当て領域を取得した場合は、 NIUBI Partition Editor できる パーティションDを移動 右側にある場合、未割り当てスペースはCドライブに隣接します。

ダウンロード このプログラムを実行すると、メインウィンドウにディスクパーティションのレイアウトやその他の情報が表示されます。 ドライブDから縮小されたディスク20に0GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

ボリュームの拡張を修正する手順がグレー表示される Windows Server 2008 NIUBIを使用したR2:

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 真ん中 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Move drive D

次に、未割り当てスペースがDドライブの左側に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Move Unallocated space

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

ソリューション2。 パーティションのサイズを変更 NIUBI Partition Editor

FAT32パーティションを拡張する場合、または論理ドライブを縮小してプライマリパーティションを拡張する場合(またはその逆)、ビデオの手順に従ってNIUBIでパーティションのサイズを変更します。

Video guide

ソリューション3。 拡張する前にMBRディスクをGPTに変換する

パーティションを2TB以上に拡張する場合、またはMBRディスクで2TB以上のスペースを使用する場合は、次のことを行う必要があります。 MBRからGPTに変換する 事前に、ビデオの手順に従ってください。

Video guide

パーティションの縮小、移動、拡張に加えて、ボリュームの拡張のグレー表示の問題を修正します。 Windows Server 2008/ 2012 / 2016 / 2019、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、コピー、ワイプ、非表示、デフラグ、スキャンなど、他の多くのディスクパーティション管理操作を実行するのに役立ちます。

ダウンロード