システムCドライブを拡張できません Windows Server 2008

ランス、更新日:2020年7月23日

この記事では、Cドライブを拡張できない理由を紹介します。 Windows Server 2008 R2、およびDiskpartまたはDisk Managementがシステムパーティションを拡張できない場合の対処方法。

Windows Server 2008 10年以上リリースされており、多くのサーバーディスクパーティション スペース不足、特にシステムパーティションCに対して。多くのサーバー管理者は Cドライブを拡張 パーティションを再作成してすべてを復元するのに長い時間を費やすことなく。 しかし、多くの人々は彼らが Cドライブを拡張できません Windows 2008サーバー diskpartコマンドまたはディスクの管理を使用します。

この記事では、理由と対応するソリューションを紹介します。

1. DiskpartコマンドでCドライブを拡張できないのはなぜですか

Diskpartはコマンドプロンプトを介して機能します。非常に簡単で高速です。 ただし、ディスクの管理とは異なり、diskpartは情報の一部を含む単一のパーティションのみを一覧表示します。 パーティション構造や未割り当て領域は表示されないため、ディスクパーティションに関するすべてを明確に知らないと、さらに問題が発生する可能性があります。

Diskpartは、Cドライブがある場合にのみ拡張できます 隣接 右側の未割り当てスペース。 それ Cドライブを拡張できません このボリュームから縮小された未割り当てスペースは 非隣接 Cドライブに。

ご覧のとおり、連続するボリュームDを縮小した後、エラーが発生しました。エクステントのサイズが最小値よりも小さい"Cドライブを拡張する場合。

Unable with diskpart

入力 help extend diskpartコマンドウィンドウでは、diskpart Extendコマンドの機能、構文、および制限を確認できます。

Extend command limitation

要するに:

2.ディスク管理でパーティションCを拡張できないのはなぜですか

ディスクパーティション管理機能を強化するために、Microsoftは新しい ボリュームを縮小  ボリュームの拡張 Server2008のネイティブディスクの管理でグラフィックインターフェイスを使用して機能します。 ただし、Diskpartコマンドと同じように、Server2008のディスクの管理は パーティションCを拡張できません Dまたは他のドライブを縮小する。 diskpart extendコマンドと同じように、ボリュームの拡張機能には右側に連続した未割り当て領域が必要です。

私のサーバーで確認できるように、20 GBの未割り当て領域はDから縮小され、Cドライブに隣接せず、Eの左側にあるため、 ボリュームの拡張はグレー表示されます これらのボリューム。

ディスクの管理で左側に未割り当て領域を作成したり、右から左に移動したりできる場合は、そのような問題はありません。

Extend greyed

パーティションDが 論理的、Server 2008のディスク管理はまだ Dを削除してもCドライブを拡張できない.

Extend volume disabled

プライマリパーティションとは異なり、論理パーティションは次のように変換されます Free 削除後のスペース。これはまだ拡張パーティションの一部です。

Server 2008のディスク管理では、 未割り当て プライマリパーティションから削除されたスペースは、どの論理ドライブにも拡張できません。 Free 論理ドライブから削除されたスペースは、どのプライマリパーティションにも拡張できません。

Diskpartにはそのような制限はありません。Dから削除された空き領域はCドライブに拡張できます。

3.システムCドライブを拡張できない場合の対処法

この問題を解決するには、1ステップで 未割り当てスペースを移動 Dの右から左へ。 このタスクを実行するには、次のようなサードパーティソフトウェアが必要です。 NIUBI Partition Editor。 他のツールよりも優れており、そのユニークなため、はるかに高速で安全です 1秒ロールバック, 仮想モード よくキャンセル 技術。

直し方 Windows Server 2008 (R2)はCドライブのパーティションを拡張できません:

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報を含むメインウィンドウが表示されます。 ドライブ20から縮小されたディスク0にはXNUMX GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

ステップ1: 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る ミドルポジション ポップアップウィンドウの右側に向かって。

Move drive D

次に、未割り当てスペースが左に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Extend C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに結合されます。

Move Unallocated space

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。 (このステップの前のすべての操作は仮想モードでのみ機能します)

ビデオガイドを見る:

Video guide

DiskpartまたはDisk Managementを使用してボリュームDを縮小していない場合は、移動せずに左側の未割り当て領域を直接作成できます。ビデオの手順に従ってください:

Video guide

パーティションCを他のディスクで拡張できない

同じシステムディスクに使用可能な空き領域がない場合、Cドライブを拡張するソフトウェアはありません。 この状況では、ディスクパーティションの構成に応じてXNUMXつの選択肢があります。

CドライブがVMDKまたはVHDにある場合:

独自のツールで仮想ディスクのサイズを増やす ヴイエムウェア or Hyper-Vの、追加のディスク容量は次のように表示されます 未割り当て 最後に。 ビデオの手順に従って、未割り当て領域をCドライブに移動して結合します。

物理ディスクまたはRAIDアレイを使用する場合:

別の大きなディスクにコピーする 追加のディスク容量でCドライブを拡張します。

ディスクパーティションの縮小、移動、拡張、コピーの他に、 NIUBI Partition Editor 他の多くの管理操作を行うのに役立ちます。

DOWNLOAD