MBRをGPTに変換する方法 Windows server 2019

ジョン著、公開日:28年2020月XNUMX日

この記事では、MBRをGPTに変換する方法を紹介します。 Windows Server 2019、詳細な手順で3つの方法。

ファイルを新しいハードディスクに保存する前に、このディスクを初期化し、未割り当て領域で新しいボリュームを作成し、最後にこのボリュームをファイルシステムでフォーマットする必要があります。 でディスクを初期化するとき Windows Server 2019、どちらかを選択できます MBR or GPT。 MBRディスクでは、最大数しか作成できません 2TB パーティションとほとんどの場合、2TBのディスクスペースしか使用できません。 を使用して4TBディスクをMBRとして初期化する場合 Windows 組み込みのディスク管理ツールである残りの2TBの未割り当て領域は、新しいボリュームを作成したり、他のパーティションに追加したりすることはできません。

GPTにはMBRよりも多くの利点があるため、ほとんどの場合、Server 2019をインストールすると、システムディスクはデフォルトでGPTとして初期化されます。 ディスクをMBRとして初期化し、すでにこのディスクにファイルを保存している場合、次のことが可能ですか? でMBRをGPTに変換する Windows Server 2019 データを失うことなく? 答えはイエスです。 この記事では、3つの一般的で簡単な方法を紹介します。

1. Server2019ディスク管理でMBRをGPTに変換する方法

この方法は、MBRディスクにパーティションがない場合、またはMBRディスク上のすべてのパーティションを削除できる場合にのみ使用されます。

パーティションの作成、削除、フォーマットの他に、 Windows ディスクの管理では、MBRをGPTに変換し、GPTディスクをMBRに変換できます。 ただし、ディスク上にパーティションがあってはなりません。 パーティションがXNUMXつでもある場合は、事前に削除する必要があります。 スクリーンショットにあるように、オプション「GPTディスクに変換するディスクの管理でMBRディスクを右クリックすると、「」がグレー表示されます。

サーバー2019ディスク管理を使用してMBRをGPTに変換する手順:

  1. メディア情報 Windows 影響により X キーボードで一緒にクリックし、リストの[ディスクの管理]をクリックします。
  2. このMBRディスクのパーティションを修正し、 ボリュームの削除、同じディスク上の他のパーティションに繰り返します。 事前にファイルを転送することを忘れないでください。
  3. 右クリック フロント このディスクの GPTディスクに変換する。 しばらくすると、変換が完了します。

明らかに、MBRディスクをそのようにGPTに変換することはお勧めできません。 より良い方法があります データを失うことなくMBRをGPTに変換する でいたソリューション Windows 2019サーバー。 開始する前に、システムディスクをGPTに変換するか、データのみでMBRディスクを変換するかを確認してください。

2.MBR2GPT.exeでディスクを変換する方法 Windows Server 2019

この方法は、システムMBRディスクをGPTに変換するために使用されます。

あなたがしたい場合はもっと注意を払う必要があります システムディスクをGPTに変換します、オペレーティングシステムがこのディスクから起動しているためです。 システムディスクをGPTに変換するのに役立つツールがいくつかありますが、ディスクをMBRからGPTに変換した後、100%起動できることを保証できるツールはありません。 失敗した場合、起動できません Windows。 したがって、実行したほうがよい サーバー2019MBR2GPT.exe これはネイティブのコマンドプロンプトツールです。 MBR2GPTを使用してディスクを変換するのは非常に簡単ですが、ディスクパーティションのレイアウトはいくつかの要件を満たす必要があります。

サーバー2019MBR2GPTコマンドツールでシステムディスクを変換するための前提条件:

  1. ないはずです 論理ドライブ このディスク上。 ある場合は、次の方法に従います。 論理パーティションをプライマリに変換します.
  2. 最大になる可能性があります 3 このディスクのプライマリパーティション。 それ以上ある場合は、次の方法に従います。 パーティションを別のディスクに移動する。 パーティションを別のディスクに保持するか、GPTディスクに変換した後にパーティションを元に戻すことができます。
  3. あるべきではない Windows サポートされていない EXT2、EXT3などのディスク上のパーティションのタイプ。

でMBRをGPTに変換する際の一般的なディスクパーティションの構成とエラー Windows Server 2019:

スクリーンショットにあるように、MBRディスクをGPTに変換すると Windows 2019サーバー、エラーが発生しました "ディスク0のディスクレイアウト検証に失敗しました"。最初のスクリーンショットには論理ドライブがあり、両方のスクリーンショットには4つのパーティションがあるためです。

MBR2GPTは最初にディスクパーティションレイアウトを検証します。検証が失敗した場合、変換は続行されません。 正常に変換された場合、変更を元に戻すことはできず、 Windows データを失うことなくGPTをMBRに変換するネイティブツール。

でMBRをGPTに変換する手順 Windows Server 2019 MBR2GPTの場合:

  1. サーバーがGPTの起動をサポートしていない場合は、システムのバックアップを作成してください。
  2. メディア情報 Windows 影響により R キーを一緒に、入力 CMD を押し 入力します.
  3. コマンドプロンプトウィンドウで、 mbr2gpt /disk:0 /convert /allowFullOS 次にEnterキーを押します。システムディスクが0でない場合は、正しい番号に置き換えます。

MBR2GPTについて詳しく知りたい場合は、次のように入力してください。 mbr2gpt /? コマンドウィンドウで、または このページ.

知っておくべきことがもうXNUMXつあります。 システム予約済みパーティションを拡張せずにMBRディスクを変換すると、 EFI 作成されたパーティション Cドライブの後ろ GPTディスクに変換した後。 これは問題ではありません NIUBI Partition Editor、このパーティションのサイズを変更して移動できるためです。 しかしに Windows ディスク管理、それは何もすることができません EFI パーティション。

システム予約パーティションを拡張せずにMBRをGPTに変換した後:

MBRディスクをGPTに変換する前の拡張システム予約パーティション:

スクリーンショットに示されているように、システム予約済みパーティションが拡張されているかどうかに関係なく、MBRからGPTへの変換は正常に完了しています。 なぜ EFI パーティションはC:ドライブの左側または右側に作成できますか? MBR2GPTは、最初にシステム予約済みパーティションを縮小します。十分な空き領域がない場合は、代わりにブートパーティション(Cドライブ)を縮小します。 作りたいなら EFI GPTディスクに変換した後、Cドライブの左側にあるパーティションを作成するには、次の方法に従います。 システム予約パーティションを拡張する (2GBで絶対に十分です)。

3.MBRからGPTへのコンバーターでディスクを変換する方法

この方法は、MBRディスクをGPTに変換するために使用されます 無し その中のオペレーティングシステム。

MBRをGPTに変換するのは非常に簡単です NIUBI Partition Editor、MBRディスク上のすべてのパーティションがNTFSおよびFAT16 / 32である必要があるという点はXNUMXつだけです。

MBRをGPTに変換する手順 Windows 2019サーバー NIUBI Partition Editor:

  1. ダウンロード このプログラムを右クリックします フロント MBRディスクのを選択し、「GPTディスクに変換する".
  2. 単にクリックしてください あり 確認のため、保留中の操作が追加されます。
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上で有効になります。

MBRディスクをGPTに変換する方法のビデオを見る Windows Server 2019/ 2016/2012/2008/2003:

Video guide

MBRディスクをGPTに変換する以外に、 NIUBI Partition Editor プライマリと論理の間でパーティションを変換し、データを失うことなくNTFSをFAT32に変換するのに役立ちます。 また、パーティションを縮小、拡張、移動、マージしてディスクスペースを最適化するのにも役立ちます。 clone disk/ partitionは、オペレーティングシステムとデータの移行、作成、削除、フォーマット、非表示、デフラグ、パーティションのワイプなどを行います。