システムの予約済みパーティションを拡張 Windows 10/8/7

ジョン、更新日:2021年4月20日

この記事では、システムで予約されたパーティションのサイズを変更して拡張する方法を紹介します Windows 10/8/7 データを失うことなく32/64ビット。

システム予約済みパーティションを拡張する理由 Windows 10/8/7

システムに予約済みのパーティションはありません Windows XPとServer 2003、システムとブートパーティションは同じC:ドライブです。 から Windows 7およびServer 2008では、システム予約パーティションが導入されています。 システム予約済みパーティションには、次のXNUMX種類のファイルが含まれています。

一般に、システム予約済みパーティションを気にする必要はありません。 からアップグレードする場合 Windows 7 / 8に Windows 10、または更新 Windows 10/8/7、エラーが発生する可能性があります "システムの予約済みパーティションを更新できませんでした", エラーコード0xc1900104または エラーコード0x800f0922。 それの訳は:

  1. システム予約パーティション(SRP)は、ハードドライブ上の小さなパーティションであり、サードパーティのウイルス対策アプリやセキュリティアプリの中にはSRPに書き込みを行うものがあります。
  2. システム予約済みパーティションは、100 MBのスペースを消費します Windows 7、350 MBの空き容量 Windows 8、500 MBの空き容量 Windows 10。 アップグレードするとき Windows 7 / 8に Windows 10、元のシステム予約済みパーティションが小さすぎます。

あなたはこの問題を解決することができます システム予約済みパーティションの拡張 Windows 10/8/7.

diskpartまたはディスクの管理でシステム予約済みパーティションを拡張することはできません

ありますが ボリュームを拡張 Windows 10/ 8/7ディスク管理ツール、あなた システム予約済みパーティションを拡張できません Cまたはその他のボリュームを縮小する。 ディスク管理を使用してパーティションを拡張する場合、 連続した 右側の未割り当て領域。 隣接するCドライブを縮小すると、未割り当て領域はシステム予約済みパーティションに隣接しません。

システム予約済みパーティションの連続した未割り当て領域を取得する唯一の方法は、次の方法です。 削除する Cドライブ。 そこにあるので削除できません Windows オペレーティングシステムが見つかりました。 スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張が無効になっています Cドライブを縮小した後のシステム予約パーティション用。

Extend Volume disabled

Windows 10/8/7 そして非常に古い Windows Vista / XPには、別のネイティブツールであるdiskpartがあります。 コマンドプロンプトからディスクパーティションを管理するのに役立ちます。 拡張コマンドがありますが、 diskpartはシステム予約済みパーティションを拡張できません。 ディスクの管理と同じであるため、適切な隣接パーティション(C:ドライブ)を削除する必要があります。 でシステム予約パーティションサイズを変更するには Windows 10/8/7、あなたは走らなければならない partition editor ソフトウェア。

システム予約ボリュームを拡張する方法 partition editor

取消 Windows できるディスク管理 ボリュームを縮小する 左に向かって NIUBI Partition Editor ドライブを縮小して未割り当て領域を作ることができます どちら 左か右。 したがって、システム予約済みパーティションは、Cドライブを縮小した後に簡単に拡張できます。 ディスクの管理を使用してCまたはその他のパーティションを縮小した場合は、 NIUBI Partition Editor できる 未割り当てスペースを移動 Cドライブの左側に配置し、システム予約済みパーティションに結合します。

ダウンロード NIUBI Partition Editor 最初のパーティションサイズとその他の情報が表示されます。テストコンピューターには550MBのシステム予約パーティションがあります。

Main window

システムで予約済みのパーティションを拡張する手順 Windows 10/8/7 ラップトップ/デスクトップ:

ステップ1: 右クリック C: ドライブして「Resize/Move Volume"、 引っ張る 左のボーダーを右に ポップアップウィンドウで(または「Unallocated space before")。

Shrink C

Cドライブが縮小され、左側に未割り当て領域が作成されます。

C drive shrank

右の枠を左にドラッグすると、右側に未割り当て領域ができます。

ステップ2: システム予約パーティションを右クリックして、「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右に向かって右の境界線 この未割り当てスペースを組み合わせる。

Extend system reserved

システム予約パーティションが2.5GBに拡張されました。

Reserved partition extended

Dなどの隣接していないパーティションから未割り当て領域を取得する場合は、次の追加手順があります。 未割り当てスペースを移動 システム予約済みパーティションに追加する前。 コンピューターが必要です リブート C:ドライブを縮小および移動する場合。

ビデオガイドに従って、システム予約済みパーティションを拡張します。 Windows 10/8/7:

Video guide

パーティションのサイズを変更しながらシステムとデータに注意する

パーティションのサイズを変更すると、各パーティションとその中のすべてのファイルのパラメータが変更され、すべてのファイルが新しい場所に移動される場合があります。 したがって、潜在的なシステムの損傷とデータ損失のリスクがあります。 事前にバックアップして、安全なソフトウェアを実行することをお勧めします。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor ユニークな 1秒ロールバック エラーが発生した場合、コンピューターをフラッシュ内で自動的に元の状態に戻すことができるテクノロジー。 また、 仮想モード, よくキャンセル と高度な ファイル移動アルゴリズム パーティションのサイズ変更をより安全かつ迅速に行うため。 パーティションの縮小と拡張に加えて、パーティションのコピー、変換、デフラグ、ワイプ、スキャン、非表示などを支援します。

ダウンロード