Diskpartでボリュームを縮小 Windows Server 2012

更新日:2019年11月16日

このページでは、Diskpartコマンドでボリュームを縮小する方法を紹介します Windows Server 2012 R2、およびdiskpart cmdがパーティションを圧縮できない場合の方法。

Diskpartコマンドでボリュームを縮小する方法

DiskPart   Windows コマンドプロンプトから実行するネイティブディスクパーティション管理ツール。 ボリュームの作成、削除、フォーマット、変換、縮小、拡張などが可能です。

このツールを開くには:を押します Windows 影響により R キーボードで次のように入力します DISKPART を押し 入力します。 diskpart.exeコマンドプロンプトウィンドウで、「?すべてのコマンドが表示されます。この記事では、Diskpartコマンドをオンにしてパーティションを圧縮する方法について説明します Windows 2012サーバー。

GUIディスク管理ツールと比較すると、Diskpartはより簡単で高速です。 ただし、デメリットがあります。構造のないすべての単一パーティションのみが一覧表示されます。 Diskpart Shrinkコマンドの動作をわかりやすくするために、両方のツールを同時に開きます。

Diskpartコマンドでパーティションを縮小する手順 Windows Server 2012:

ステップ:1 種類 リスト容積 DiskpartコマンドプロンプトウィンドウでEnterキーを押すと、すべてのパーティションが表示されます。

List volume

ステップ:2 種類 ボリューム2を選択 Enterキーを押して、Cドライブにフォーカスを移動します。

ステップ:3 種類 希望の収縮= 10240 Enterキーを押します。 Diskpartは、このボリュームを正常に10GB縮小したと報告しています。

Partition C shrank

ドライブDを縮小する場合は、手順1から繰り返します。

Partition D shrank

ドライブEは、 FAT32 パーティションの場合、「ファイルシステムがボリュームをサポートしていないため、ボリュームを縮小できません。"

Cannot shrink

Diskpartでパーティションを圧縮するときの制限

タイプ 収縮を助ける 、Diskpartには、次のようなShrinkコマンドの制限が一覧表示されます。

あなたがしたい場合 他のパーティションを拡張する 収縮後も Diskpart Extendコマンド ディスクの管理も役に立ちません。 未割り当てスペースは、 右隣 または任意の 隣接しない パーティション。 理由を学ぶ ボリュームを拡張できません Server 2012のディスク管理。

NIUBIでドライブを縮小するより良い方法

より良いです パーティションを縮小 in Windows 2012サーバー NIUBI Partition Editor。 Diskpart Shrinkコマンドと比較すると、NIUBIには次のような利点があります。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従って、パーティションを縮小および拡張します Windows Server 2012:

Video guide