Windows Server 2012 ボリュームの拡張はグレー表示されます

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームの拡張がグレー表示される理由について説明します Windows Server 2012 R2ディスク管理、および[ボリュームの拡張]オプションがグレー表示されている場合の対処方法。

Server 2012 DMでボリュームの拡張がグレー表示される理由

いつシステム C:ドライブの容量が不足しています、多くの人が他のパーティションに空き領域を付けて拡張したいと考えています。 動作する場合、 ディスク容量不足 バックアップから復元するために長い時間を無駄にすることなく、あるいはゼロから始めることなく、問題を簡単に修正できます。

Windows Server 2012 は、大阪で ボリュームの拡張 ネイティブのディスク管理ツールの機能。 両方を拡張することができます システムパーティション データ量は速く、データを失うことはありません。 しかし、多くの人々はそれをフィードバックします ボリューム拡張オプションがグレー表示されている 他のパーティションを縮小した後でも。

Server 2012のディスクの管理で[ボリュームの拡張]がグレー表示になる理由はいくつかあります。 XNUMXつずつ説明します。

理由1: 隣接する未割り当てスペースなし

ご存知のように、ハードディスクのサイズは固定されており、500 GBのディスクを250 GBに減らしたり、1 TBに増やしたりすることはできません。 パーティションを拡張する前に、 未割り当て スペース。 他のスペースを削除または縮小することにより、このスペースを取得できます。 同じディスクに未割り当ての領域がない場合は、当然、すべてのパーティションで[ボリュームの拡張]がグレー表示されます。

多くのサーバー管理者はこれについて知っているので、Dなどの他の割り当てられたパーティションを縮小しますが、ボリュームの拡張はまだです C:ドライブでは無効.

Extend volume disabled

あなたが私のサーバーで見るように:

ドライブDから縮小された18.96GBの未割り当てスペースがあります。C:ドライブとE:ドライブの両方で、ボリュームの拡張がグレー表示されます。

それの訳は:

C:ドライブは隣接しておらず、E:は未割り当て領域の右側にあるため、ボリュームの拡張はそれらに対しては機能しません。

同じ理由で、ディスクの管理でC:とE:を縮小した後、ドライブD:のボリュームの拡張がグレー表示されます。


ディスクの管理で左側の未割り当て領域を作成できる場合、または パーティションを移動する D反対側に、そのような問題はありません。 これが最も一般的な理由です ボリュームを拡張できません Server 2012のディスクの管理で他のXNUMXつを縮小する。

Extend Volume disabled

理由2: MBRディスクの制限

右隣のパーティションを削除すると、必要な未割り当て領域が表示され、ボリュームの拡張が有効になります。 ほとんどのサーバー、プログラム、または一部では Windows サービスはドライブDから実行されているため、削除してCを展開することはできません。 拡張D:ドライブ、他のデータボリュームE(ある場合)を削除することで達成できます。

ただし、DとEのパーティションタイプが異なる場合は、ディスクの管理で再び問題が発生します。

Extend is grayed

スクリーンショットに表示されているように、Eを削除した後も、D:ドライブのボリュームの拡張はグレー表示のままです。

削除した後 プライマリー パーティション、ディスクスペースはに変換されます 未割り当て、ただしディスク容量は次のように表示されます Free 削除した後 論理的 パーティション。

MBRディスクでは、プライマリパーティションから削除された未割り当て領域を拡張できません どれか 論理パーティション、論理から削除された空き領域は、どのプライマリパーティションにも拡張できません。 これは、ディスク管理のもうXNUMXつの深刻な制限です。

GPTディスクを使用する場合、そのような問題はありません。

70GBの空き容量を未割り当てに変換するには、空き容量を右クリックして[パーティションの削除]を選択します。 Eの後ろに別の論理パーティションがある場合は、それを削除してから全体を削除する必要があります 延長された パーティション。

理由3: パーティションはサポートされていません

ボリュームの縮小と拡張の両方の機能は、フォーマットされたパーティションのみをサポートします。 NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。

この制限を示すために、ドライブDを FAT32。 ご覧のとおり、[ボリュームの拡張]はグレー表示されていますが、その横には20 GBの未割り当て領域があります。

Extend Volume disabled

[ボリュームの拡張]オプションがグレー表示されている場合の対処方法

難しいように見えますが、この問題は簡単に解決できます。 まず、ディスクの管理でドライブD:を縮小した場合の対処方法を見てみましょう。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報がメインウィンドウに表示されます。 ディスク管理を介してDドライブから縮小された20GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

修正する手順 Windows Server 2012 ボリュームをグレー表示する問題を拡張:

ステップ1: ドライブを右クリック D:そして「Resize/Move Volume"、 引っ張る ミドルポジション に向かって ポップアップウィンドウで:

Move rightwards

次に、未割り当てスペースが左側に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: ドライブを右クリック C: そして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 に向かって ポップアップウィンドウに表示されます。

Expand C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに追加されます。

Unallocated add to C

ステップ3: ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に反映されます。 (クリックする前の操作 Apply 仮想モードで動作するだけで、保留中としてリストされます。)

ボリュームの拡張がグレー表示される問題は、サポートされていないFAT32パーティション、またはプライマリパーティションと論理パーティション間の制限が原因である場合。 ビデオの手順に従ってください:

Video guide

ルールを覚えて、パーティションを右クリックして「Resize/Move Volume"機能、ポップアップウィンドウ:

パーティションを縮小および拡張しながらデータに注意する

システムの損傷やデータ損失の可能性があります リスク while ディスクパーティションのサイズ変更なので、最初にバックアップし、信頼性の高いパーティション分割ソフトウェアを使用することを忘れないでください。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor 革新的な1秒ロールバックテクノロジーを採用しています。 エラーが発生した場合、サーバーをフラッシュ内で自動的に元の状態に戻すことができます。 その場合、サーバーは変更なしで迅速にオンラインに戻る可能性があります。 その他の利点は次のとおりです。

DOWNLOAD