グレーアウトされたボリュームを拡張する Windows Server 2012 R2

ジェームズ著、更新日:2021年10月8日

サーバーストレージデバイスの管理を支援するために、マイクロソフトは ディスク管理 in Windows Server 2012 およびその他のバージョン。 このネイティブツールを使用すると、ボリュームを作成、削除、フォーマットし、 change drive letter。 基本的なディスクパーティション管理機能に加えて、それはあなたを助けます パーティションサイズを変更する 高度な ボリュームを縮小 影響により ボリュームの拡張 関数。 ボリュームを拡張できます システムパーティションを拡張する データを失うことのないデータ量(ほとんどの場合)。 ただし、これには多くの制限があり、非常に制限された条件下で機能します。 したがって、多くの人々はそれをフィードバックします ボリュームの拡張はグレー表示されます in Windows Server 2012 (R2)ディスク管理。 この記事では、ボリュームの拡張が無効になっている理由と、この問題を簡単に修正する方法を紹介します。

Server2012ディスク管理でボリュームの拡張が無効になっている理由

ExtendVolumeがグレー表示される理由はたくさんあります。 Windows Server 2012 (R2)ディスク管理、XNUMXつずつお見せします。

理由1: 未割り当てスペースなし

Extend Volume disabled

説明:

物理ディスクのサイズは固定です。 前 パーティションを拡張する、 がなければならない 未割り当て スペース。 500 GBのディスクを400 GBに減らしたり、600 GBに増やしたりすることはできません。 あなたはできる パーティションのサイズを変更する、ただし、ディスクのサイズを変更することはできません(仮想ディスクを除く)。

未割り当て領域のないボリュームを右クリックすると、もちろん、サーバー2012ディスク管理では[ボリュームの拡張]がグレー表示されます。 未割り当て領域を取得するには、既存のパーティションを削除または縮小します。

理由2: 未割り当てスペースは隣接していません

Extend volume disabled

説明:

これが、Server 2012r2ディスクの管理でボリュームの拡張がグレー表示される最も一般的な理由です。

ボリュームの縮小では、右側に未割り当てスペースのみを作成できます。 パーティションを縮小する、ただし、この未割り当て領域は、ディスク管理を使用して他のパーティションにマージすることはできません。 ボリュームの拡張機能は、右側に隣接する未割り当て領域がある場合にのみ機能するためです。

スクリーンショットにあるように、 ボリュームの拡張が無効になっています C:およびE:収縮後D:ドライブ。 Dから縮小した未割り当て領域はCドライブに隣接しておらず、Eドライブの左側にあるためです。

理由3: ファイルシステムはサポートされていません

Not support partition

説明:

Microsoftの説明によると、ボリュームの拡張機能は、フォーマットされたパーティションの拡張のみをサポートしています。 NTFS またはファイルシステムなし(RAW)。

このパーティションがFAT32またはその他のタイプの場合、隣接する未割り当て領域がある場合でも、ボリュームの拡張はグレー表示されます。

理由4: 空き領域をプライマリパーティションに拡張することはできません

Extend Volume disabled

説明:

ほとんどのサーバーでは、システムパーティションCはNTFSおよびプライマリです。 右の隣接するボリュームDが 論理ドライブ、 あなたはまだ C:ドライブを拡張できません Dを削除した後でも

論理ドライブを削除すると、そのディスク容量は次のように変更されます Free。 未割り当て領域とは異なり、空き領域は引き続き拡張パーティションの一部です。 Unallocatedに変換するには、他のすべての論理ドライブと拡張パーティション全体を削除する必要があります。

スクリーンショットに示されているように、論理ドライブDを削除した後、ディスクスペースは解放され、Cドライブのボリュームの拡張は無効になります。

理由5: 未割り当て領域は論理パーティションに拡張できません

Logical partition

説明:

同様に、プライマリパーティションから削除された未割り当て領域は、Server2012ディスクの管理のどの論理ドライブにも拡張できません。

理由6: MBRディスクの2TB制限

Extend Volume grayed

説明:

2TB以上のディスクをMBRとして初期化した場合、使用できるのは2TBのスペースのみで、残りのディスクスペースは未割り当てですが、 することはできません ディスクの管理で新しく作成するか、他のボリュームに追加します。 この未割り当て領域を右クリックすると、すべてのオプションがグレー表示されます。

スクリーンショットが示すように、F:ドライブはNTFSでフォーマットされており、右に隣接する未割り当て領域がありますが、[ボリュームの拡張]オプションはでグレー表示されています。 Windows Server 2012 ディスク管理。

直し方 Windows Server 2012 ボリュームの拡張のグレー表示の問題

隣接するDドライブを縮小して未割り当て領域がある場合は、 パーティションDを移動 右側に移動し、未割り当て領域をCドライブに隣接させると、ボリュームの拡張が有効になります。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ディスクパーティションの構造やその他の情報が表示されたメインウィンドウが表示されます。 ディスク管理でDドライブから縮小された20GBの未割り当て領域があります。

NIUBI Partition Editor

パーティションを移動してボリュームの拡張を修正する手順 Windows Server 2012 (R2):

ステップ1: 右クリック D:ドライブして「Resize/Move Volume"、マウスポインタを 真ん中 Dドライブを押して、ポップアップウィンドウで右にドラッグします。

Move rightwards

次に、未割り当てスペースが左側に移動します。

Move Unallocated space

ステップ2: 右クリック C: そして「Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 ポップアップウィンドウの右側に向かって。

Expand C drive

次に、未割り当てスペースがC:ドライブに追加されます。

Unallocated add to C

ステップ3: 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上にあり、実際のディスクパーティションに反映されます。 (クリックする前の操作 Apply 仮想モードで動作するだけです。)

拡張するパーティションのいずれかの側に連続した未割り当てスペースがある場合、次のように組み合わせることができます NIUBI Partition Editor このパーティションがNTFSまたはFAT1、論理またはプライマリパーティションであるかどうかに関係なく、32ステップずつ。 未割り当て領域が隣接していない場合は、移動してから結合できます。

修正方法のビデオを見る Windows Server 2012 ボリュームをグレー表示する問題を拡張:

Video guide

MBRディスク上の2TBパーティションのボリュームの拡張がグレー表示されている場合は、ビデオの手順に従ってください MBRからGPTに変換する 次に、未割り当て領域でパーティションを拡張します。

Video guide

要約すれば

Server 2012(R2)ディスクの管理でボリュームの拡張がグレー表示されている場合は、サーバーで関連する理由を見つけて、上記の対応する方法に従ってください。 パーティションの縮小、移動、拡張に加えて、 NIUBI Partition Editor パーティションのマージ、コピー、変換、非表示、ワイプ、デフラグ、スキャンなどに役立ちます。

ダウンロード