ボリュームを拡張 Windows Server 2012

更新日:2019年11月16日

この記事では、ボリュームを拡張する方法を紹介します Windows Server 2012 (R2)ネイティブディスク管理、その欠点、およびディスクパーティションを拡張するための優れた方法。

拡張ボリュームを使用するための前提条件

多くのサーバー管理者は 割り当てられたパーティションのサイズを変更する 一定期間サーバーを実行した後。 特にシステムパーティションCの空き容量が不足している場合、再インストールするのは好きではありません Windows とプログラム。 また、パーティションを再作成してバックアップから復元するのにも長い時間がかかります。

Microsoftはネイティブでボリュームの縮小と拡張機能を提供します ディスク管理 役立つツール パーティションサイズを変更する。 ただし、どちらの機能にも制限があり、 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 状況によってはパーティションを縮小および拡張します。

パーティションサイズを増やす Server 2012のディスクの管理でボリュームの拡張を使用する場合、ディスクパーティション構成は要件を満たしている必要があります。

パーティションDを圧縮した後、 ボリュームCを拡張できません およびE.未割り当てスペースはDの右側にのみ作成できるため、Cドライブに隣接せず、Eドライブの左側にあります。

私のサーバーに表示されるように、 ボリュームの拡張が無効になっています これらのパーティション用。


3 ほとんどのサーバー、プログラム、または一部では Windows サービスはドライブDにインストールされているため、削除して隣接する未割り当てスペースを取得することはできません。 さらに、Dが 論理的 パーティションを削除しても、ボリュームCを拡張することはできません。

Extend volume disabled

Server 2012 DMでボリュームを拡張する方法

ディスクパーティションの構成が要件を満たし、隣接するパーティションを削除できる場合、ボリュームを拡張するのは非常に簡単です。 Windows Server 2012 ディスク管理。 手順:

ステップ1: ディスクの管理を開きます(プレス Windows 影響により X キーボードで)、パーティション(ここではD :)を右クリックして、[ボリュームの拡張".

ボリュームを拡張

ステップ2: ボリュームウィザードを拡張 ウィンドウが開きます。[次へ]をクリックして続行します。

Extend Volume Wizard

ステップ3: 利用可能なディスクとスペースがデフォルトで選択されています。[次へ]をクリックして続行するか、最初に手動で変更します。

Enter amount

ステップ4: ナビゲーションヘッダーの 終了 確認して拡張を開始します。

Confirm extending

すぐに、ドライブD:は、右側の隣接する未割り当て領域をマージすることによって拡張されます。

Volume extended

ボリュームを拡張するためのより良い方法 partition editor

ボリュームを拡張するには Windows 2012サーバー NIUBI Partition Editor より良い選択です。 ネイティブのディスク管理ツールと比較すると、次のような利点があります。

他との比較 サーバーパーティションソフトウェア、NIUBIには次のような利点もあります。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従ってボリュームパーティションを拡張します Windows Server 2012 (R2)。

Video guide