Cドライブのパーティションを縮小 Windows Server 2016

更新日:2019年11月16日

この記事では、Cドライブを縮小する方法を紹介します Windows Server 2016 ディスク管理、およびデータを失うことなくサーバー2016のシステムパーティションCを圧縮するためのより良い方法。

時々あなたはする必要があります Cドライブを縮小する Windows Server 2016たとえば、オペレーティングシステムのインストール時にディスクの編集とパーティションの作成を忘れたため、使用可能なすべてのディスク領域がCドライブによって占有されています。 ご存知のように、すべてをシステムパーティションに配置することはお勧めできません。 それでは、何をすべきか、最初から始めますか? いいえ、データを失うことなくServer 2016ディスクの管理でパーティションCを縮小できます。そうすると、Cドライブの未使用領域の一部が未割り当て領域に変換され、より多くのボリュームを作成するために使用できます。

ただし、ディスクの管理にはいくつかの制限があるため、Cドライブを圧縮できない場合があります。 この記事は紹介します システムパーティションCを縮小する方法 in Windows Server 2016 ディスクの管理、機能しない場合の対処方法、Cドライブを縮小してデータボリュームを拡張する方法。

Server 2016のディスク管理でCドライブを縮小する

XNUMXサーバ当たり年間 Windows Server 2008、マイクロソフトが追加 ボリュームを縮小 ネイティブの機能 ディスク管理 ユーティリティ。データを失うことなく、その場でパーティションサイズを減らすことができます。 高速で使いやすいです。

Cを縮小する手順:ドライブイン Windows Server 2016 ディスク管理:

  1. 次の項目を選択します。: Windows X キーボードで一緒にクリックし、リストから[ディスクの管理]を選択します。
  2. Cドライブを右クリックして選択します ボリュームを縮小.
    Shrink C drive
  3. ディスクの管理が利用可能な空き容量を照会するのを待ってから、単にクリックします 縮小する デフォルトの最大使用可能スペースで減少させるか、自分で少ない量を入力します。
    Enter amount

すぐに、システムCパーティションは39.45GBに縮小され、120GBの空き領域がその背後にある未割り当てに変換されます。

C drive shrank

Server 2016のディスクの管理でパーティションを圧縮するのは簡単ですが、上で述べたように、場合によってはCドライブを圧縮できません。

システムパーティションCを圧縮できない、または圧縮できない

実際、ボリュームの縮小は、 NTFS パーティション、FAT32パーティションを圧縮すると、 ボリュームの縮小はグレー表示されます。 ただし、ほとんどのシステムパーティションはデフォルトでNTFSとしてフォーマットされているため、システムCドライブの圧縮中に問題が発生します。

パーティションCを圧縮する場合 Windows Server 2016、2つの一般的な問題があります。

1.十分なスペースがない

Cannot shrink C

[縮小]をクリックすると、エラーメッセージが表示されました-"この操作を完了するのに十分なディスクの空き容量がありません。"

Error message

ディスク管理は デフォルトでは、縮小ウィンドウで使用可能なスペース。 縮小ボタンをクリックする前に、もしあれば Windows Cドライブに保存された更新ファイルまたはその他のファイルで、使用可能な空き容量が計算されていません。 このようなエラーが発生した場合は、ボリュームの縮小機能を再度実行してください。

2.ファイルシステムエラー

場合によっては、パーティションにファイルシステムエラーがあると、ディスクの管理でそれを圧縮できないことがあります。 スクリーンショットにあるように、システムCドライブには7.53GBの空き容量がありますが、縮小ウィンドウでは、使用可能な空き容量は0と表示されます。

Cannot shrink

3.移動できないファイル

Cドライブに大量の空き領域があるが、ディスクの管理で縮小する領域がほとんどない場合は、このパーティションに「移動できない」ファイルがいくつかあることを意味します。 これは、システムCドライブを縮小する際のもうXNUMXつの一般的な問題です。 Windows Server 2016.

Tip of shrinking

シュリンクウィンドウには、ヒントがあります。移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません。"

たとえば、Cドライブには4つのブロックがあります。 移動できないファイルがブロック3にある場合、ボリュームCは空白であってもブロック2に縮小できません。

Unmovable files

この場合、実行する必要があります NIUBI Partition Editor これらの移動できないファイルを移動できるサーバー。必要に応じて、Cドライブを最小サイズに縮小できます。

Cドライブを圧縮した後、DまたはEを拡張できません

Cドライブを圧縮して未割り当て領域を取得した後、新しいパーティションを簡単に作成できます。 しかし、あなたがしたい場合 システム予約済みパーティションを拡張する、Dドライブまたは他のパーティション、ディスクの管理はあなたを助けることができません。

Cannot extend

スクリーンショットにあるように、Cドライブを圧縮した後、 ボリュームの拡張はグレー表示されます システム予約済みパーティションの場合、DおよびEドライブ。

これは次の理由によります:ボリュームの拡張機能は、未割り当て領域を 左に隣接するNTFS パーティションですが、ボリュームの縮小機能では、 サイド。

この問題を解決するには、実行する必要があります NIUBI Partition Editor 〜へ 未割り当てスペースを組み合わせる 他のパーティションに。

サーバーでCドライブを減らす partition editor

との比較 Windows ディスク管理、NIUIBI Partition Editor 次のような利点があります。

Cドライブ(システムパーティション)を圧縮する方法 Windows Server 2016 NIUBIの場合:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、Cドライブを右クリックして、[Resize/Move Volume".
  2. ポップアップウィンドウで、いずれかをドラッグします 国境 反対側に向かって。 右の境界線を左にドラッグすると、未割り当てスペースが  Cドライブの側面。
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上に実行します。 (NIUBIは仮想モードで動作するように設計されています。実際のディスクパーティションはクリックするまで変更されません Apply 確認するために。)

システムCを縮小して他のパーティションを拡張する方法のビデオを見る:ドライブイン Windows Server 2016:

Video guide

要約すれば

Windows Server 2016 は、ディスクの管理でネイティブのボリューム縮小機能を提供しますが、多くの制限があるため、最適なツールではありません。 NTFSパーティションを縮小して新しいパーティションを作成するのに役立つだけです。 また、システムCドライブを縮小できない場合もあります。 Cドライブが正常に縮小されても、他のボリュームを拡張することはできません。

ディスクの管理でCドライブを圧縮しているときに問題が発生した場合、または 他のボリュームを拡張する パーティションCを Windows 2016サーバー、実行 NIUBI Partition Editor。 他のツールよりも優れており、革新的です 1秒ロールバック, 仮想モード よくキャンセル システムとデータを保護するテクノロジー。 高度なファイル移動アルゴリズムにより、30〜300%高速です。

DOWNLOAD