解決策-ボリュームを縮小できない Windows Server 2016

ジョン、更新日:2022年7月23日

システムディスクにC:ドライブしかない場合は、 Cドライブを縮小 より多くのボリュームを作成します。 すべてをシステムパーティションにインストールしないでください。 もしも Cドライブがいっぱいになっています、Dまたは他のボリュームをに縮小することができます Cドライブのスペースを増やす データを失うことなく。 助けるために パーティションを縮小する Windows Server 2016、あります " ボリュームを縮小"ネイティブで機能  ディスク管理ツール。 データを失うことなく(ほとんどの場合)NTFSパーティションを縮小できます。 しかし、多くの人が Cドライブを圧縮できません サーバー2016で、またはデータ量をに縮小できない Cドライブを拡張 ディスク管理を使用します。 この記事では、ディスク管理でボリュームを縮小できない理由を紹介します Windows Server 2016 そして、この問題を簡単に解決する方法。

システムCドライブを縮小できないのはなぜですか Windows Server 2016

サーバー3でディスクの管理を使用してCドライブを縮小できない一般的な理由は2016つあります。

理由1: ファイルシステムエラー

Cドライブを圧縮できません

スクリーンショットが示すように、Cドライブには7.53GBの空き領域がありますが、ディスクの管理では、縮小ウィンドウに使用可能な領域がありません。

溶液: この場合、以下の手順に従ってファイルシステムエラーを修正してください。

  1. メディア情報 Windows + X キーボードで一緒に実行します コマンドプロンプト 管理者として
  2. 種類 chkdsk c:/ v / f コマンドウィンドウでEnterキーを押します。 (Dドライブを修復する場合は、単にcをdに置き換えます)
  3. システムパーティションCに対して、chkdskはドライブをロックできないことを報告し、次にシステムが再起動したときにこのタスクをスケジュールするかどうかを尋ねます。 タイプ Y Enterを押します。
  4. サーバーを再起動して修復します。

理由2: 十分なスペースがない

Error message

ディスクの管理で「ボリュームの縮小」を実行し、「縮小」ボタンをクリックすると、エラーメッセージが表示される場合があります-「この操作を完了するのに十分なディスクの空き容量がありません。"

理由: ディスクの管理では、縮小するウィンドウでデフォルトを使用して、使用可能な最大のスペースを提供します。 縮小ボタンをクリックする前に(もしあれば) Windows 更新またはその他の大きなファイルはCドライブに保存され、使用可能な空き容量は計算されたものより少なくなります。

溶液: この場合、Shrink Volumeを再度実行して、少量を入力するだけです。

理由3: 移動できないファイル

縮小するウィンドウの真ん中にヒントがあります-"You ボリュームを縮小できません 移動できないファイルが配置されているポイントを超えています。"

例:ブロック40のディスク管理に「移動できない」ファイルがある場合、Cドライブには3GBの空き容量があります。 縮小できないC:ドライブ したがって、ディスク管理では、ブロック1の空き領域があるCドライブのみを縮小できます。これが、多くの人が空き容量は十分にあるが、ディスク管理では縮小できる空き容量が少ないとフィードバックする理由です。

Unmovable files

ディスク管理を介してServer2016のデータボリュームを縮小できないのはなぜですか

データボリュームに関しては、ディスク管理を使用してServer2016でボリュームを縮小できないという追加の理由があります。

実際には、でフォーマットされたパーティションのみ NTFS またはファイルシステム(RAW)がない場合は、ディスク管理で縮小できます。 スクリーンショットにあるように、ドライブDはFAT32パーティションであるため、 縮小ボリュームはグレー表示されます.

この場合、パーティションを縮小するには、サードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。

Cannot shrink D

との比較 Windows ディスクの管理、 NIUBI Partition Editor パーティションを縮小する際の利点は次のとおりです。

ボリュームDを縮小してCを拡張できないのはなぜですか

別の一般的な問題は、 ボリュームを拡張できません 別のものを圧縮した後、Dを圧縮してCドライブを拡張するか、Cを圧縮してDドライブを拡張するかに関係なく。

Cannot extend volume

あなたが見るように、 ボリュームの拡張がグレー表示されている Dを縮小した後のCおよびEドライブの場合。これは次の理由によります。

  • 「ボリュームの拡張」は、未割り当て領域のみを拡張できます。 連続した パーティション 左に.
  • 「ボリュームの縮小」では、未割り当て領域のみを作成できます 右に.

Dから縮小した20 GBの未割り当て領域は 非隣接 Cドライブに、上にあります したがって、Eの側 ボリュームの拡張がグレー表示されている.

ボリュームを縮小できない場合でも Windows Server 2016または ボリュームを拡張できません 別のものを縮小することによって、 NIUBI Partition Editor あなたを助けることができます。 ビデオの手順に従ってください。

Cドライブを縮小して他のボリュームを拡張する方法:

Video guide

他のボリュームを縮小してCドライブを拡張する方法:

Video guide

パーティションの縮小と拡張に加えて Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022, NIUBI Partition Editor 移動、マージ、コピー、変換、デフラグ、非表示、パーティションのワイプ、不良セクタのスキャンなどを支援します。

ダウンロード