ボリュームを縮小できません Windows Server 2016

公開日:16年2019月XNUMX日

この記事では、ボリュームを縮小できない理由について説明します Windows Server 2016 Server 2016のディスクの管理でCドライブを圧縮できない場合の対処方法。

オペレーティングシステムのインストール中にパーティションの編集を忘れた場合、システムパーティションCは使用可能なすべてのディスク領域を占有します。 その場合、あなたはできます Cドライブを縮小 最初からやり直さずに新しいボリュームを作成します。 もし Cドライブがいっぱいになっています、Dまたは他のボリュームを縮小して、データを失うことなくそれを拡張できます。

しかし、多くの人々は彼らが ボリュームを縮小できません Dまたは Cドライブを縮小できません in Windows Server 2016 ディスク管理。 この記事では、考えられる理由とその場合の対処法を紹介します ボリュームの縮小がグレー表示 Server 2016のディスク管理。

Server 2016でシステムCドライブを圧縮できない理由

以前のバージョンと同じ、 Windows Server 2016 内蔵しています ボリュームを縮小 の機能 ディスク管理ツール。 データを失うことなく、オンザフライでパーティションサイズを縮小できます。 ただし、ボリュームの縮小と別の ボリュームの拡張 関数には多くの制限があります。

3つの一般的な理由があります Server 2016のディスク管理でCドライブを圧縮できない理由.

理由1: ファイルシステムエラー

Cドライブを圧縮できません

スクリーンショットが示すように、Cドライブには7.53GBの空き領域がありますが、ディスクの管理では、縮小ウィンドウに使用可能な領域がありません。

この場合、以下の手順に従ってファイルシステムエラーを修正します。

  1. メディア情報 Windows 影響により X キーボードで一緒に、クリック コマンドプロンプト.
  2. 種類 chkdsk c:/ v / f コマンドウィンドウでEnterキーを押します。 (Dドライブを修復する場合は、単にcをdに置き換えます)
  3. システムCドライブに対して、chkdskはドライブをロックできないことを報告し、次にシステムが再起動したときにこのボリュームをチェックするようにスケジュールするかどうかを尋ねます。 タイプ Y Enterを押します。
  4. サーバーを再起動して修復します。

理由2: 十分なスペースがない

Error message

[縮小]ボタンをクリックすると、エラーメッセージが表示される場合があります-"この操作を完了するのに十分なディスクの空き容量がありません。"

ディスク管理は デフォルトでは、縮小ウィンドウで使用可能なスペース。 縮小ボタンをクリックする前に、もしあれば Windows Cドライブに保存された更新ファイルまたはその他のファイルで、使用可能な空き容量が計算されていません。

この場合は、ボリュームの縮小機能を再度実行するだけです。

理由3: 移動できないファイル

縮小するウィンドウの真ん中にヒントがあります-"You 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小します。"

例:Cドライブに40GBの未使用領域があり、ブロック3に「移動できない」ファイルがある場合、ディスクの管理ではC:ドライブをこのブロックを超えて1または2に縮小できません。したがって、ディスクの管理では、Cドライブをブロック4の空き容量。これが、多くの人が空き容量は十分にあるとフィードバックする理由ですが、ディスクの管理では縮小できる空き容量がほとんどありません。

Unmovable files

ディスク管理でデータボリュームを縮小できない理由

データボリュームについても同じ理由がありますが、「移動できない」ファイルのほとんどがCドライブにあるため、システムパーティションCと比較してこの問題が発生する可能性はほとんどありません。

最も一般的な理由 Server 2016のディスク管理でデータ量を縮小できない理由 このパーティションは サポートされていません.

実際には、でフォーマットされたパーティションのみ NTFS または、ファイルシステムなし(RAW)は、ディスクの管理で縮小できます。 スクリーンショットにあるように、ドライブDはFAT32パーティションであるため、ボリュームの縮小はグレー表示されています。

この場合、サードパーティ製のソフトウェアを使用して収縮を縮小する必要があります。

Cannot shrink D

との比較 Windows ディスクの管理、 NIUBI Partition Editor パーティションを縮小する際の利点:

ボリュームDを縮小してCを拡張できないのはなぜですか

別の一般的な問題は、 ボリュームを拡張できません 別のものを圧縮した後、Dを圧縮してCドライブを拡張するか、Cを圧縮してDドライブを拡張するかに関係なく。

Cannot extend volume

あなたが見るように、 ボリュームの拡張がグレー表示されている Dを縮小した後のCおよびEドライブの場合。これは次の理由によります。

  • ボリュームの拡張は、 連続した 上の未割り当てスペース サイド。
  • ボリュームの縮小では、未割り当て領域のみを作成できます .

Dから縮小した20 GBの未割り当て領域は 非隣接 Cドライブに、上にあります したがって、E側では、ボリュームの拡張は無効になります。

ボリュームを縮小できない場合でも Windows 2016サーバー、または他のサーバーを縮小してボリュームを拡張できない場合は、ビデオの手順に従ってください。 ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。

Cドライブを縮小して他のボリュームを拡張する方法:

Video guide

他のボリュームを縮小してCドライブを拡張する方法:

Video guide

パーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor パーティションの移動、マージ、コピー、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、不良セクターのスキャンなどに役立ちます。

DOWNLOAD