解決策-でボリュームを拡張できません Windows Server 2016

ジェームズ、更新日:2022年7月20日

パーティションは、オペレーティングシステムのインストール時またはサーバーの製造元によって作成されましたが、 ハードドライブの再パーティション 一定期間サーバーを実行した後。 典型的な例は Cドライブがいっぱいになっています。 この問題の解決を支援するために、Microsoftは ボリュームの拡張 ネイティブの機能 ディスク管理 Server 2008から。 Windows Server 2016 何の改善もなく同じ機能を継承しました。 多くのサーバー管理者は、 ボリュームを拡張できません ディスク管理を備えたServer2016では、 ボリュームの拡張がグレー表示されている。 この記事では、ボリュームを拡張できない理由を紹介します Windows Server 2016 ディスク管理とこの問題を簡単に解決する方法。

1.別のボリュームを縮小した後、Server2016でボリュームを拡張できないのはなぜですか

500GBのディスクを1TBに増やすことはできないため(仮想ディスクを除く)、以前は パーティションを拡張する、未割り当て領域を取得するには、別のXNUMXつを削除または縮小する必要があります。 ディスク管理には ボリュームを縮小 パーティションサイズを減らし、未割り当て領域を作成する機能。 多くの人がパーティションD(またはE)を正常に縮小しましたが、 Cドライブを拡張できません in Windows 2016サーバー。

Cannot extend volume

それの訳は:

  • ボリューム拡張機能は、 未割り当てスペースを追加 隣接する パーティション。
  • ボリュームの縮小は未割り当てスペースのみを作成できます 右に.

スクリーンショットにあるように、D:ドライブを縮小した後、Dの右側に20GBの未割り当て領域があります。この領域はCドライブに隣接しておらず、Eの左側にあるためです。 ボリュームの拡張が無効になっています 両方のパーティションに。

これが、ボリュームを拡張できない最も一般的な理由です。 Windows Server 2016 ディスク管理。 この問題を解決するには、 システムCドライブを拡張する、あなたがする必要が 未割り当てスペースを移動 事前にCドライブの後ろ。

でボリュームを拡張できない場合の手順 Windows Server 2016 収縮後:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、 右クリック D: ドライブして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 真ん中  ポップアップウィンドウの右に向かってDの。 次に、未割り当て領域がC:ドライブの隣に移動します。
  2. C:ドライブを右クリックし、[Resize/Move Volume「もう一度、ドラッグ 右の境界 この未割り当てスペースを結合する権利に向かって。
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上に実行します。

NIUBI Partition Editor で動作するように設計されています 仮想モード、クリックするまで、実際のディスクパーティションは変更されません。 Apply 確認するために。 何か間違ったことをした場合は、「元に戻す」をクリックしてキャンセルしてください。 としてマークされた保留中の操作 チェック サーバーを再起動せずに実行できます。

操作方法のビデオを見る:

Video guide

2.パーティションを拡張できないのはなぜですか Windows Server 2016 削除後

ディスク管理はDを縮小した後にパーティションCを拡張できないため、代わりにDを削除しようとした人もいましたが、ボリュームの拡張はまだ無効になっています。 ボリュームを拡張できない一般的な理由は2つあります。 Windows Server 2016 削除後、ディスク管理を介して。

ボリュームの拡張機能は、拡張のみをサポートします NTFS およびRAW(ファイルシステムなし)パーティション、 FAT32 また、右側に隣接する未割り当てスペースがある場合でも、他のタイプのパーティションは拡張できません。

Extend Volume disabled

削除および拡張するパーティションが異なります。 MBRディスクでは、 フリースペース から削除された 論理ドライブ に拡張することはできません プライマリー パーティション。 未割り当て領域 論理ドライブに拡張することはできません。

Extend Volume greyed out

ボリュームを拡張できない場合 Windows Server 2016 サポートされていないFAT32パーティションまたはプライマリパーティションと論理パーティション間の制限により、ドラッグアンドドロップでパーティションのサイズを変更できます。 NIUBI Partition Editor。 ビデオの手順に従ってください:

Video guide

3.ボリュームを2TBを超えて拡張できないのはなぜですか Windows Server 2016

Extend Volume grayed

サーバーでは、2 TBから4 TBの単一ディスクまたは10 TBを超えるRAIDアレイを使用するのが一般的です。 ディスクを次のように初期化した場合 MBR、2TBのディスク容量のみを使用できます。 残りのスペースは未割り当てとして表示されます。新しいボリュームを作成したり、他のパーティションを拡張したりするために使用することはできません。

スクリーンショットが示すように、ドライブHはNTFSであり、右側に隣接する未割り当て領域がありますが、ディスク管理ではこのパーティションを拡張できません。

で2TBを超えてパーティションを拡張できない場合 Windows Server 2016: MBRからGPTにディスクを変換する 事前に、未割り当て領域でパーティションを簡単に拡張できます。 これを行う方法のビデオを見る:

Video guide

要約すれば

で音量を伸ばせない場合 Windows Server 2016 ディスクの管理、独自のディスクパーティション構造に従って理由を確認し、上記の対応するソリューションに従ってください。 パーティションの縮小、移動、拡張の他に、 NIUBI Partition Editor マージ、コピー、変換、デフラグ、ワイプ、パーティションの非表示、不良セクタのスキャンなどを支援します。 高度なファイル移動アルゴリズムにより、他のツールよりもはるかに高速です。 最も重要なのは、システムとデータを保護するための独自の1秒ロールバック、仮想モード、およびウェルキャンセルテクノロジーを備えていることです。

ダウンロード