未割り当て領域を移動/マージする方法 Windows Server 2016

ジョン、更新日:2022年7月27日

新しいボリュームを作成するだけでなく、「未割り当て」領域をパーティションに結合して空き領域を増やすことができます。 使用する場合 Windows ネイティブのディスク管理または diskpart コマンドを使用すると、未割り当て領域を Server 2016 の左側の隣接するパーティションにのみマージできます。未割り当て領域を右側の隣接するパーティションにマージするか、未割り当て領域を Windows Server 2016、サードパーティのソフトウェアを実行する必要があります。 この記事では、未割り当て領域を移動/マージする詳細な手順を紹介します Windows Server 2016.

未割り当て領域を移動するときは注意してください Windows 2016サーバー

上で言ったように、 Windows ネイティブツール 未割り当てスペースを移動できません Server 2016 では、サードパーティのソフトウェアが必要です。 沢山あります サーバーパーティションソフトウェア 市場に出回っていますが、十分に安全なものはほとんどありません。 一部の信頼できないソフトウェアは、システムやパーティションに損傷を与える可能性があります。

未割り当て領域を移動する場合 Windows 2016 サーバーでは、関連するパーティションも移動されます。 このパーティションのパラメータを正しく変更する必要があります。 さらに、このパーティション内のすべてのファイルも新しい位置に移動されます。 わずかなエラーでも、システムまたはパーティションが破損します。 これが、最初にバックアップして実行するほうがよい理由です 安全な パーティションソフトウェア。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor はるかに安全で高速です。 未割り当て領域の移動中またはその他のパーティションの変更中にエラーが検出された場合は、 サーバーを元の状態に戻す 瞬時に自動的に。 別 仮想モード 及び よくキャンセル テクノロジーは、誤った操作を見つけてキャンセルするのに役立ちます。 別の主要なベンefitはその高度です ファイル移動アルゴリズム、それは 30%の300%に パーティションを縮小および移動すると高速になります。 未割り当て領域を移動してマージするには Windows Server 2016、ディスク マップ上でクリック、ドラッグ アンド ドロップするだけです。

Server 2016 で未割り当て領域を左に移動する方法

システムC:ドライブが スペース不足、多くの人がディスク管理ツールで拡張しようとしています。 でも、 ボリュームの拡張が無効になっています Dを縮小した後のCドライブの場合、この未割り当て領域は 非隣接 Cドライブへ。 この状況では、未割り当て領域を左 (C ドライブの隣) に移動する必要があります。

Extend Volume disabled

未割り当てスペースを左に移動する方法 Windows Server 2016:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、 右クリック ドライブD をクリックして Resize/Move Volume.
    NIUBI Partition Editor
  2. ドラッグ 真ん中 Dドライブの ポップアップ ウィンドウの左側に移動すると、未割り当て領域が同時に左側に移動します。
    Move Unallocated
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 Apply 左上の実行、完了。 (この手順より前の操作は、仮想モードでのみ機能します。)
    Unallocated moved

未割り当て領域をCドライブにマージする方法 Windows Server 2016:

右クリック Cドライブ をクリックして Resize/Move Volume 再び。 ドラッグ 右の境界 ポップアップウィンドウの右側に向かって。

Merge Unallocated to C

次に、未割り当て領域がCドライブに結合されます。 「」をクリックすることを忘れないでくださいApply「有効にする。

C drive extended

未割り当て領域を移動する方法のビデオを見る Windows Server 2016 Cドライブにマージします:

Video guide

未割り当て領域を他のボリュームに追加する方法

ディスクの管理で D ドライブを縮小した後、他のすべてのパーティションでボリュームの拡張機能が無効になります。 右側の隣接するパーティション (私のサーバーでは E) を拡張する場合は、未割り当て領域を次のように結合できます。 NIUBI Partition Editor 動かずに直接。

これを行うには、右クリックします E: そして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 左枠 ポップアップウィンドウの左に向かって。

Merge Unallocated to E

Eの右側に別のドライブFがある場合、ドライブFを拡張するには、次のようにする必要があります。 未割り当て領域を右に移動します。 これを行うには、右クリックします E そして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 真ん中 ポップアップ ウィンドウの左側に移動します。

Move Unallocated space

その後、「Resize/Move Volume" 再びドライブ F が未割り当て領域を結合します。必要に応じて、未割り当て領域をディスクの先頭または末尾に移動できます。

未割り当て領域を別のディスクに移動/マージ

ハードディスクがいっぱいで、未割り当て領域を作成できない場合、別の未割り当て領域を移動してパーティションを拡張できないか疑問に思う人もいます。 ディスク。 答えはノーだ。 物理ハードディスクの場合、サイズは固定されています。 500GBのディスクを1TBに増やすことはできません。 この状況では、次のことができます clone disk より大きなものに 追加のディスク容量でパーティションを拡張します。

あなたが走ったら Windows Server 2016 VMware または Hyper-V の仮想マシンとして、仮想ディスクがいっぱいになると、直接拡張できます。 その後、追加のディスク領域がディスクの最後に未割り当てとして表示されます。次に、上記の方法に従って、未割り当て領域を移動し、拡張するパーティションに結合します。

の未割り当てスペースの移動とマージの他に Windows Server 2016/2019/2022/2003/2008/2012, NIUBI Partition Editor 他の多くのディスク/パーティション管理操作を行うのに役立ちます。

ダウンロード