未割り当て領域の移動とマージ Windows Server 2016

更新日:2019年11月16日

この記事では、未割り当てスペースを移動する方法を紹介します Windows Server 2016、データを失うことなく、Server 2016で未割り当てスペースをCドライブにマージする方法。

Windows Server 2016 組み込みを提供します ディスク管理 ユーティリティは、未割り当て領域またはディスクパーティションを移動できません。 ボリュームの拡張 機能は未割り当てスペースをマージすることしかできません 連続した NTFS パーティション。

この記事では、未割り当て領域を転送/移動する方法を紹介します Windows Server 2016、および未割り当て領域を隣接または非隣接パーティションに結合/マージする方法。

パーティションと未割り当て領域を移動するときは注意してください

Windows Server 2016 ディスク管理 未割り当てスペースを移動できません、だからあなたはサードパーティが必要です ディスクパーティションソフトウェア。 パーティションソフトウェアははるかに強力ですが、システムやデータの損傷を引き起こす可能性があります。 未割り当て領域を移動するときは、ディスクのパラメータ、関連するパーティションを正しく変更する必要があります。また、関連するパーティション内のすべてのファイルも移動する必要があります。 少しのエラーでも損傷を引き起こします。 したがって、最初にバックアップして実行する方がよいでしょう。 安全な パーティションソフトウェア。

これらの中で サーバーパーティションソフトウェア, NIUBI Partition Editor 最も安全で最速として推奨されます。 ソフトウェアエラーまたはハードウェアの問題が発生した場合 パーティションの移動 と未割り当てスペース、それは自動的にすることができます サーバーを元の状態に戻す 一瞬で。 別の 仮想モードよくキャンセル テクノロジーは、システムとデータが誤った操作によって損傷するのを防ぐのにも役立ちます。 その高度のおかげで ファイル移動アルゴリズム、それは 30%の300%に 他のツールよりも高速です。

未割り当て領域を移動してマージするには Windows Server 2016、ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。

Cドライブの隣の未割り当て領域を移動するにはどうすればよいですか?

システムC:ドライブが スペース不足、多くの人々はディスク管理のボリュームの拡張でそれを拡張しようとします。 しかしながら、 Cドライブのボリュームの拡張が無効になっています Dを縮小した後、この未割り当てスペースは 非隣接 Cドライブに。 この状況では、未割り当て領域をDの右側から左側に移動するだけで、ボリュームの拡張が有効になります。

Extend Volume disabled

Cドライブ(の後ろ)の横にある未割り当て領域を移動する方法 Windows Server 2016:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、 右クリック ドライブD をクリックして Resize/Move Volume.
    NIUBI Partition Editor
  2. ドラッグ 真ん中 に向かって ポップアップウィンドウのサイドをクリックすると、同時に未割り当てスペースが左に移動します。
    Move Unallocated
  3. ナビゲーションヘッダーの Apply 左上の実行、完了。 (この手順より前の操作は、仮想モードでのみ機能します。)
    Unallocated moved

未割り当て領域をCドライブにマージする方法は?

どちらかの側に隣接する未割り当てスペースがある場合、未割り当てスペースをNIUBIと組み合わせるには、1つの手順が必要です。 ドライブDを右側に移動した後、手順に従って Server 2016で未割り当て領域をCドライブにマージする:

右クリック Cドライブ をクリックして Resize/Move Volume 再び。 ドラッグ 右の境界 ポップアップウィンドウの右側に向かって。

Merge Unallocated to C

次に、この未割り当てスペースをマージすることにより、システムCドライブが拡張されます。 クリックすることを忘れないでください Apply 有効にします。

C drive extended

未割り当て領域をCドライブに移動およびマージする方法のビデオを見る Windows Server 2016:

Video guide

未割り当て領域を他のボリュームに追加する方法

ディスクの管理でDを圧縮した後、他のすべてのパーティションでボリュームの拡張機能が無効になります。 ドライブEを拡張する場合は、未割り当てスペースを NIUBI Partition Editor 動かずに直接。

これを行うには、右クリックします E そして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 左枠 ポップアップウィンドウの左に向かって。

Merge Unallocated to E

Eの右側に別のドライブFがある場合、ドライブFを拡張するには、未割り当て領域を移動して隣接させる必要があります。 これを行うには、同様に、右クリック E そして「Resize/Move Volume"、ドラッグ 真ん中 ポップアップウィンドウで左に配置します。

Move Unallocated space

その後、「Resize/Move Volume"ドライブFで未割り当て領域を結合します。必要に応じて、未割り当て領域をディスクの最後に移動して、新しいボリュームを作成することもできます。

未割り当て領域を別のディスクに移動/マージ

パーティションに未使用の空き容量がある場合は、それを縮小して、 同じ ディスク。 しかし、一部のサーバーでは、ディスクに使用可能な空き容量がないため、パーティションを拡張できるかどうか疑問に思う人もいます。 別のディスクから未割り当てスペースを追加する。 答えはいいえだ。

物理ハードディスクの場合、サイズは固定されており、500 GBのディスクを1 TBに増やすことはできません。 ディスク全体がいっぱいの場合は、 clone disk より大きなものに 追加のディスク容量でパーティションを拡張します。

あなたが走ったら Windows Server 2016 VMwareまたはHyper-Vの仮想マシンとして、仮想ディスクがいっぱいになったときに、直接拡張できます。 その後、追加のディスク容量は次のように表示されます 未割り当て オン ディスクの終わり次に、上記の方法に従って、未割り当て領域を拡張するパーティションに移動して結合します。

要約すれば

Windows ネイティブディスク管理は未割り当て領域を移動できません。未割り当て領域を左の隣接パーティションにマージするのに役立ちます。 さらに、このパーティションはNTFSでフォーマットする必要があります。 未割り当て領域を移動してマージするには Windows 2016サーバー NIUBI Partition Editor 強力なデータ保護と高速移動機能のため、最適な選択肢です。 未割り当て領域をCドライブまたは隣接するパーティションにマージするには、境界線を反対側にドラッグし、未割り当て領域を移動するには、中央の位置を反対側にドラッグします。

DOWNLOAD