グレーアウトされたボリュームを拡張する Windows Server 2016 - 直し方

ランス、更新日:2022年7月22日

Windows ネイティブ ディスク管理  ツールには、「ボリュームの縮小」および「ボリュームの拡張」機能があります。 パーティションサイズを変更する データを失うことなく(ほとんどの場合)。 しかし、多くの人々はそれをフィードバックします ボリュームの拡張はグレー表示されます in Windows Server 2016 ディスク管理。 典型的な例は ボリュームの拡張が無効になっています パーティションDまたはEを縮小した後のCドライブの場合。この記事では、考えられるすべての理由について説明します。 ボリュームの拡張がグレー表示される理由 in Windows Server 2016 ディスクの管理とこの問題を簡単に修正する方法。

1.ボリュームの拡張がグレー表示される理由 Windows Server 2016:

隣接する未割り当て領域がありません(MBRディスクとGPTディスクの両方)

パーティションのサイズは変更できますが、物理ディスクのサイズは変更できません。256 GB の物理ハード ドライブを 512 GB に増やすことはできません。 パーティションを拡張する、取得するには別のボリュームを縮小または削除する必要があります 未割り当て スペース。 パーティションを削除すると、そのすべてのディスク領域が「未割り当て」に変換されますが、その中のすべてのファイルは 削除された。 ドライブを縮小することにより、空き領域の一部のみが未割り当てに変換されますが、その中のファイルが失われることはありません。

未割り当て領域を取得するために他のボリュームを縮小または削除しなかった場合は、もちろん、[ボリュームの拡張]はグレー表示されます。 Windows Server 2016.

Extend Volume disabled

多くのサーバー管理者は、以前にドライブD / Eを縮小していました C:ドライブの拡張、ただし、ボリュームの拡張はまだ無効になっています Windows Server 2016.

Extend Volume greyed out

「ボリュームの縮小」機能は、未割り当て領域のみを作成できます 右に パーティションを縮小しながら。 ボリューム拡張機能は、 未割り当てスペースを組み合わせる 連続した パーティション 左に. Cドライブは隣接せず、Eドライブは未割り当て領域の右側にあります。 したがって、ボリューム拡張オプションは、D を縮小した後、C: および E: ドライブでは機能しません。 Server 2016 ディスク管理。

NTFSのみがサポートされています(MBRディスクとGPTディスクの両方)

ボリュームの拡張機能は、拡張のみをサポートします NTFS およびRAW(ファイルシステムなし)パーティション。 FAT32 右側に隣接する未割り当て領域がある場合でも、パーティションおよびその他のタイプのパーティションは拡張できません。

Extend Volume disabled

この不足を示すために、D: ドライブを NTFS から FAT32 にフォーマットしました。 スクリーンショットでわかるように、D ドライブの後ろに 20GB の未割り当て領域がありますが、[ボリュームの拡張] はグレー表示されています。 Server 2016 ディスク管理も。

ほとんどの Windows servers、システム C ドライブは NTFS でフォ​​ーマットされているため、この問題はデータ ドライブに共通しています。

プライマリパーティションと論理パーティション間の制限(MBRディスク上)

ボリュームを縮小しても機能しないので、代わりにパーティションを削除することで機能するかどうか疑問に思う人もいます。 GPTディスク上にある場合は、はい。ただし、MBRディスクを使用する場合は、状況によって異なります。

GPTディスクでは、すべてのパーティションがプライマリですが、MBRディスクでは、両方が存在する可能性があります  プライマリー および 論理的 パーティション。 削除および拡張するパーティションのタイプが 異なります、 ディスクの管理  パーティションを拡張できません  隣接するボリュームを削除した後でも。

Extend Volume greyed out

スクリーンショットにあるように、 D:ドライブのボリュームの拡張が無効になっています 右側の連続パーティションを削除した後E.

それの訳は:

MBRディスクで、 論理ドライブ に拡張することはできません プライマリー パーティション。 プライマリパーティションから削除された「未割り当て」スペースは、どの論理ドライブにも拡張できません。

注:この問題は、次のコマンドでボリュームを削除した場合にのみディスク管理に存在します。 NIUBI Partition Editor、することができます 未割り当てスペースを組み合わせる いずれかの隣接するパーティションに直接。 

MBRディスクの2TB制限

現在、ハードディスクははるかに安価で大型であるため、4TBのシングルディスクまたは10TBを超えるRAIDアレイを使用するのが非常に一般的です。 ディスクまたはRAIDをMBRとして初期化した場合、ディスク管理で使用できるディスク容量は2TBのみです。

Extend Volume grayed

スクリーンショットが示すように、ドライブHはNTFSでフォーマットされており、右側に隣接する未割り当て領域がありますが、ボリュームの拡張はグレー表示されたままです。

2TB以上のディスク領域をすべて使用するか、2TBを超えるパーティションを拡張するには、次のことを行う必要があります。 MBRからGPTにディスクを変換する あらかじめ。

2. でボリュームの拡張が無効になっている場合の対処方法 Server 2016

ディスクの管理を開き、サーバーのディスクパーティションの構成を確認します。 独自のディスクパーティション構造に従って、以下の対応するソリューションに従ってください。 各ソリューションにはビデオガイドがあります。

ソリューション1: 未割り当てスペースを移動

ボリュームの拡張がグレー表示された場合の手順 Server 2016 Dドライブを縮小した後:

  1. ダウンロード NIUBI Partition Editor、 右クリック D: 移動し、「サイズ変更・移動」を選択し、ドラッグ 真ん中  ポップアップウィンドウでDドライブを右に向けます。 次に、未割り当て領域が左に移動します。
  2. 右クリック C: ドライブし、再度「サイズ変更/移動」を選択し、ドラッグ 右の境界 この未割り当てスペースを結合する権利に向かって。
  3. クリック 該当する 左上に実行します。 (この手順より前のすべての操作は、 仮想モード.)

Video guide

ソリューション2: NIUBIでパーティションのサイズを変更する

ボリュームの拡張がグレー表示されるのを修正する方法 Windows Server 2016 サポートされていないFAT32パーティション、またはプライマリパーティションと論理パーティション間の制限のため:

  1. ラン NIUBI Partition Editor、隣接するパーティションを右クリックし、「サイズ変更/移動」を選択します。
  2. 境界線を反対側にドラッグして、未割り当てスペースを左側または右側の隣接するスペースに結合します。
  3. クリック 該当する 左上に実行します。

Video guide

ソリューション3: MBRディスクをGPTに変換する

ときにあなたを 2TBを超えてパーティションを拡張することはできません in Windows Server 2016次の手順を実行します。

  1. ラン NIUBI Partition Editor、 右クリック フロント このディスクの「GPTディスクに変換する".
  2. 「サイズ変更/移動」機能を実行し、未割り当て領域を拡張したいパーティションに結合します。

Video guide

3.サーバーのパーティションを拡張しながらデータに注意する

読み取り専用プログラムとは異なり、パーティション分割ソフトウェアは、関連するディスク、パーティション、およびファイルのパラメーターを変更します。 したがって、特にパーティションを縮小および移動する場合、システムの損傷やデータ損失のリスクが生じる可能性があります。 事前にバックアップして、安全なパーティションソフトウェアを実行することを忘れないでください。

他のツールよりも優れています NIUBI Partition Editor 次のようなシステムとデータを保護する革新的なテクノロジーを備えています。

NIUBI Partition Editor 高度なファイル移動アルゴリズムを備えているため、パーティションの縮小、移動、およびコピーの際に30%から300%高速です。 でボリュームの拡張グレーアウトの問題を修正するのに役立ちます Windows Server 2016/ 2019/2022/2012/2008/2003、それはあなたがマージ、最適化、変換、非表示、パーティションのワイプ、不良セクタのスキャンなどを支援します。

ダウンロード