でディスククリーンアップを実行する方法 Windows Server 2019/ 2022

ジョン、更新日:2022年8月5日

Cドライブがいっぱい の一般的な問題です Windows Server 2019 そして2022年。 Cドライブをクリーンアップします ディスク容量を再利用します。 Cドライブをクリーンアップするには Windows Server 2019/2022年、ネイティブがいます」ディスクのクリーンアップ" ユーティリティです。使いやすく、高速に動作し、ジャンク ファイルや不要なファイルのほとんどを安全に削除できます。十分なディスク領域を再利用できない場合は、他のパーティションからより多くの空き領域を移動することをお勧めします。そうしないと、C ドライブが次のようになります。この記事では、ディスク クリーンアップを実行する方法を紹介します。 Windows Server 2019/2022 とウィザード、および C ドライブをクリーンアップする方法 Server 2019/2022で  ます。cleanmgr コマンドを自動的に実行します。

でディスククリーンアップを実行する方法 Windows Server 2019/2022 ウィザード付き

ステップ1: イベント Windows + E キーボードでファイルエクスプローラーを開くには、右クリックします。 C ドライブしてクリック プロパティ.

プロパティ

ステップ2: ディスクのクリーンアップ ポップアップウィンドウに表示されます。

Disk Cleanup

ステップ3: 削除するファイルの前にあるチェックボックスをクリックして、 OK そして確認します。

Select files

ステップ4: 切り替える その他のオプション システムの復元ポイントとシャドウコピーをクリーンアップするタブ。

More options

コマンド ライン ツールを使用する場合は、C ドライブをクリーンアップできます。 Windows Server 2019/2022で ます。cleanmgr

でディスククリーンアップを実行する方法 Server 2019/2022 と cleanmgr コマンド

ディスクをクリーンアップするにはいくつかの方法があります Windows Server 2019/2022 経由 ます。cleanmgr コマンドで、ニーズに合ったものを選択してください。

方法1: ファイルを選択して手動で確認する

  1. イベント Windows > R キーボードで一緒に。
  2. ます。cleanmgr Enterを押します。
  3. 選択 C: ドロップダウンボックスでドライブ(または他のドライブ)をクリックし、 OK.
  4. [ディスククリーンアップ]ダイアログボックスが表示され、次の手順は上記と同じです(手順2から)。

方法2: すべてのファイルを自動的に選択しますが、手動で確認します

  1. イベント Windows + R 一緒に実行を開きます。
  2. ます。cleanmgr / LOWDISK Enterを押します。
  3. [ディスククリーンアップ]ダイアログボックスが表示され、すべてのタイプのファイルがデフォルトで選択されているので、確認のために[OK]をクリックするだけです。

方法3: すべてのジャンクファイルを自動的にクリーンアップする

  1. イベント Windows > R キーボードで一緒に。
  2. ます。cleanmgr /不思議の国のアリス Enterを押します。

その後、ディスククリーンアップは削除されます ジャンクファイルが自動的に表示され、結果のダイアログボックスが表示されます。

Clean up result

方法4: 指定されたジャンクファイルを自動的にクリーンアップする

  1. イベント Windows > R キーボードで一緒に開く ラン.
  2. ます。cleanmgr / sageset:1 Enterキーを押します。 (0から65535の値を指定できます)。
  3. [ディスククリーンアップ]ダイアログボックスが表示され、削除するファイルを選択して[OK]をクリックします。
  4. イベント Windows > R キーボードで一緒に入力します ます。cleanmgr / sageset:1 Enterキーを押します。 そうして 事前選択 ジャンクファイルは結果ウィンドウなしで削除されます。

将来的には、実行する必要があります ます。cleanmgr / sageset:1。 他の種類のファイルを削除する場合は、次のように入力します。 ます。cleanmgr / sageset:2 ステップ2で実行 ます。cleanmgr / sageset:2 ステップ4で

ディスクをクリアした後の追加手順

ディスクをクリーンアップしても Windows Server 2019/2022 を GUI ウィザードまたはコマンドで実行しても、結果に違いはありません。 通常、ある程度のディスク容量を再利用できますが、20GB を超える空き容量を確保することはできません。 冒頭で述べたように、空き領域を他のパーティションから C ドライブに移動することをお勧めします。

Download NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従ってください:

Video Server 2019

空き容量は、データ、オペレーティングシステム、プログラム、および関連する設定を失うことなく、Cドライブに転送されます。 ディスクパーティションの縮小と拡張の他に、 NIUBI Partition Editor マージ、移動、変換、デフラグ、非表示、ワイプ、読み取り専用属性の設定、不良セクターのスキャンなど、他の多くのディスクパーティション操作を実行できます。

注: ディスクのクリーンアップを実行することをお勧めします Server 2019/2022 月に XNUMX 回、新しく生成されたジャンク ファイルを削除します。 さらに、プログラムのデフォルトの出力パスを他の大きなパーティションに変更します。