Windows Server 2012 ディスク管理

更新日:2019年11月16日

この記事では、 Windows Server 2012 ディスクの管理、Server 2012のディスクパーティション管理でパーティションを縮小および拡張する方法。

Server 2012のディスク管理の機能

ディスク管理 マイクロソフトです Windows で最初に導入された組み込みユーティリティ Windows XP。 Diskpartコマンドと同様の機能がありますが、グラフィカルインターフェイスで動作します。 下部にレイアウトのあるすべての接続ハードディスクを表示し、上部にすべての単一パーティションをリストし、その後にタイプ、ファイルシステム、ステータス、容量、空き容量、使用率などを表示します。

ユーザーは、コンピューターにインストールされているディスクドライブと、それらのドライブに関連付けられているパーティションを表示および管理できます。 Windows Server 2008 新しいシュリンクと ボリュームの拡張 機能。 Windows Server 2012 すべてのインターフェイスと機能を継承し、違いや改善はありません。

Server 2012のディスク管理は何をしますか:

新しいハードディスクに:

オンライン、オフライン、初期化。 新しいボリュームを作成する前に、ハードディスクをオンラインにして初期化する必要があります。 ディスクを初期化するときに、パーティションスタイルをMBRまたはGPTとして選択できます。

未割り当てスペースへ:

XNUMXつ以上の新しいボリュームを作成します。

ボリュームのあるディスク:

ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換します。

ボリュームのないディスクへ:

MBRディスクをGPTに、またはその逆に変換し、ベーシックディスクをダイナミックディスクに、またはその逆に変換します。

Disk Management

割り当てられたパーティション:

  • ファイルエクスプローラーでルートディレクトリを開く
  • パーティションをアクティブとしてマーク
  • Change drive letter とパス
  • フォーマットパーティション
  • ボリュームを縮小し、右側に未割り当てスペースを作成します。
  • 背後に未割り当てスペースがあるボリュームを拡張します。
  • パーティションを削除
  • ミラーを追加

[ミラーの追加]を選択すると、両方のディスクがダイナミックに変換されます。

ダイナミックディスク:

ディスクの管理では、シンプル、ミラーリング、スパン、ストリップ、およびRAID-5ボリュームを作成できます。

RAID 5ボリュームを作成するには、少なくとも 3 ダイナミックディスク。 私のコンピューターにはXNUMXつしかないので、このオプションはグレー表示されます。

しかし Windows ディスク管理にはこの機能がありますが、 Studio上ではサポートされていません。 次の理由により、ダイナミックディスクボリュームを使用することをお勧めします。

  • このコンピュータの多くのリソースを使用し、 劣化する パフォーマンス。
  • 多くのソフトウェアはダイナミックディスクボリュームをサポートしていません。
  • ハードディスクとRAIDコントローラは、今でははるかに安価です。

ディスクの管理でパーティションを圧縮する方法

ディスクの管理の便利な機能のXNUMXつは ボリュームを縮小、データを失うことなく、割り当てられたパーティションを減らすことができます。 このパーティションから解放された未割り当て領域は、新しいボリュームの作成に使用できます。

  1. 次の項目を選択します。: Windows X キーボードで、リストの[ディスクの管理]をクリックします。
  2. パーティション(D:など)を右クリックして、 ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する ポップアップウィンドウに表示されます。

注意:

  • NTFSパーティションのみがサポートされています。
  • 未割り当てスペースは、 サイド。

Shrink Volume

ディスクの管理でパーティションを拡張する方法

  1. 右側に隣接する未割り当てスペースがあるパーティションを右クリックし、次に選択します ボリュームの拡張.
  2. ポップアップの[ボリュームの拡張ウィザード]ウィンドウで、[次へ]をクリックして[完了]をクリックします。

注意:

  • NTFSパーティションのみがサポートされています。
  • ボリュームの拡張では、未割り当てスペースを 隣接する パーティション、他のすべてのボリュームは拡張できません。

Extend volume disabled

と比較する制限 partition editor ソフトウェア

Server 2012のディスク管理と比較すると、 NIUBI Partition Editor ディスクパーティションのサイズ変更中に利点があります。

  • NTFSパーティションとFAT32パーティションの両方がサポートされています(縮小および拡張)。
  • ボリュームを縮小するときに、どちらの側にも未割り当てスペースを作成できます。
  • 未割り当て領域は、1つのステップで隣接するパーティションに結合できます。
  • 未割り当ては移動して、隣接していないパーティションにマージできます。
  • 1つの連続したパーティションをXNUMXつのステップでマージできます。

パーティションを縮小、移動、拡張する方法 Windows Server 2012:

Video guide

どういう NIUBI Partition Editor 行う?

未割り当てスペースへ:

  • XNUMXつ以上のボリュームを作成する
  • その中のデータをワイプ
  • 表面テスト(不良セクターのスキャン)
  • プロパティを表示(詳細なパラメーター)

ディスク全体:

  • 初期化します
  • ステータスをオフラインまたはオンラインに変更します
  • 読み取り専用属性を設定する
  • ディスクをワイプ(回復できません)
  • 表面テスト
  • プロパティを表示する
  • Clone disk データとOSを移行する
  • MBRディスクをGPTに変換する
  • すべてのパーティションを削除
  • ディスクのクリーンアップ

単一パーティションに:

  • ボリュームのサイズ変更(縮小および拡張)
  • 場所を移動
  • 隣接する1つのボリュームをXNUMXステップでマージする
  • 未割り当てスペースにコピー
  • Convert to Logical またはプライマリパーティション
  • NTFSからFAT32に換算
  • Change drive letter (Dなど)
  • ラベルの変更(名前の追加または変更)
  • アクティブに設定
  • ファイルシステムの整合性を確認する
  • パフォーマンスを改善するためのデフラグ
  • ファイルエクスプローラーから非表示
  • 削除(ファイルは回復可能)
  • 新規として使用するボリュームをフォーマットする
  • ワイプ(データを完全に消去)
  • 表面テスト
  • 探索(ディレクトリでファイル/フォルダを表示)
  • プロパティを表示する

他のサーバーパーティションソフトウェアと比較すると、 NIUBI Partition Editor 革新的なテクノロジーにより、より安全で高速です。

DOWNLOAD