システムパーティションの縮小 Windows Server 2012

更新日:2019年11月16日

この記事では、システムパーティションを圧縮する方法を紹介します Windows Server 2012 R2。 システムボリュームを減らして、新しいデータを作成するか、データを失うことなくD / Eドライブを拡張します。

ディスクの管理でシステムパーティションのサイズを変更する

あなたができるならそれは良くなることはできません ディスクパーティションのサイズ変更 いずれかが スペース不足 またはその他の理由による。 パーティションとファイルのパラメータを変更する以外に、 システムパーティションのサイズ変更 on Server 2012、ブート関連のファイルも更新する必要があるため、データ ボリュームと比較すると、システム ボリュームのサイズ変更はより複雑です。

縮小して システムパーティションを拡張する on Windows Server 2012、組み込みのディスク管理ユーティリティが役立ちます。システムパーティションやデータボリュームのサイズを変更しても違いはありません。 ただし、いくつかの制限により、DMでパーティションを縮小または拡張することはできません。

システムパーティションを圧縮する方法 Server 2012 ディスク管理:

  1. イベント Windows および X キーボードで、リストから[ディスクの管理]を選択します。
  2. システムCドライブを右クリックして選択します ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する をクリックして次に進みます。

システムボリュームの縮小中に問題が発生した場合は、その理由を確認してください パーティションを圧縮できません in Server 2012 ディスク管理。

Shrink Volume

縮小して他のボリュームを拡張することはできません

他のパーティションを縮小してパーティションを拡張したい場合は、 Server 2012 ディスクの管理は最良の選択ではありません。 ボリュームの拡張がグレー表示されている ほとんどの状況で。

ボリュームの拡張 パーティションを拡張できるのは 隣接 右側の未割り当てスペース。 しかし、あなたが パーティションを縮小する (D:など) ボリュームを縮小、未割り当てスペースは、 D側なので、システムCドライブに追加できません。

システムCドライブのボリュームの拡張を有効にする唯一の方法は、連続ドライブDを削除することですが、プログラムをインストールしたり、 Windows サービスはDから実行されているため、削除できません。

システムボリュームC:を縮小してドライブD:またはシステムで予約されたパーティションを拡張する場合、ディスクの管理は役に立ちません。 なぜなら:

  • C:ドライブを削除して、システムが予約したパーティションの隣接する未割り当て領域を取得することはできません。
  • Cから縮小された未割り当てスペースは、ボリューム拡張機能を介して正しいパーティションDに結合できません。

Extend volume disabled

システムパーティションを縮小 NIUBI Partition Editor

と比較した利点 Server 2012 ディスク管理:

  • NTFSパーティションとFAT32パーティションの両方がサポートされています。
  • パーティションを圧縮するときに、どちらの側にも未割り当て領域を作成できます。
  • 未割り当て領域を結合して、同じディスク内の連続するパーティションまたは隣接しないパーティションに移動できます。
  • また、パーティションのマージ、コピー、変換、デフラグ、ワイプ、非表示、スキャンなどにも役立ちます。

他のパーティション分割ソフトウェアと比較する利点:

  • 1秒ロールバック -エラーが発生した場合、フラッシュ内のサーバーを自動的に元のステータスに戻します。
  • 仮想モード - 操作はプレビューの保留中としてリストされ、実際のディスク パーティションは [適用] をクリックして確認するまで変更されません。
  • 随意キャンセル - データを失うことなく、正しくないが進行中の操作をキャンセルします。
  • 高度なファイル移動アルゴリズムのため、はるかに高速です。

縮小して ハードドライブを拡張する パーティションを作成するには、ディスクマップにドラッグアンドドロップするだけです。

システムボリュームを縮小する手順 Windows Server 2012:

ダウンロード NIUBI Partition Editor メインウィンドウにすべてのディスクパーティションと構造およびその他の情報が表示されます。

NIUBI main window

システム パーティションを右クリックし、[サイズ変更/移動] を選択すると、ポップアップ ウィンドウに XNUMX つの選択肢があります。

1. ドラッグすると 右の境界 左に向かって、未割り当てスペースが に使用できる側 拡張D:ドライブ.

Shrink leftwards

2. ドラッグすると 左枠 右側に、未割り当てスペースが作成されます に使用できる側 システム予約済みパーティションを拡張する.

Shrink rightwards

システムパーティションCを縮小して新しいボリュームを作成する場合、NIUBIは「移動できない」ファイルを移動できるため、ディスクの管理よりも小さいサイズに縮小できます。 新しいボリュームを作成するときは、より多くのオプションも提供します。

システムボリュームを縮小してDまたはその他のドライブを拡張する

システムボリュームCを縮小してD(隣接ドライブ)を拡張する場合は、上記の最初のオプションに従って、Cドライブの右側に未割り当てスペースを作成します。

次に、ドライブを右クリックします D を選択し、再度「サイズ変更・移動」を選択し、 左枠 左向きに未割り当てスペースを結合します。

Extend D drive

パーティションDは、未割り当て領域で拡張されます。

Drive D extended

システムパーティションを縮小して隣接していないドライブEを拡張する場合は、未割り当て領域をDドライブに結合しないでください。代わりに、それを反対側に移動する必要があります。

ドライブを右クリック D を選択し、「サイズ変更・移動」を選択し、 ミドルポジション ポップアップウィンドウの左側:

Move drive D

次に、ドライブをクリックします E を選択し、再度「サイズ変更・移動」を選択し、 左枠 未割り当て領域を結合するために左向き:

Extend drive E

要約すれば

 NIUBI Partition Editor、システムパーティションを安全に縮小できます Windows Server 2012 (R2)どちらかの側に未割り当てスペースを生成します。 次に、この未割り当て領域を使用して、新しいボリュームを作成したり、他の隣接または非隣接パーティションを拡張したりできます。

ハードウェアRAIDアレイのタイプを使用する場合、アレイを壊したり、コントローラーに対して他の操作を行ったりしないでください。手順は上記と同じです。

DOWNLOAD