システムパーティションCを縮小 Windows Server 2012

更新日:2019年11月16日

この記事では、システムパーティションを縮小する方法を紹介します Windows Server 2012 R2。 Server 2012のCドライブを縮小して、データを失うことなくDまたは他のボリュームを拡張します。

オペレーティングシステムのインストール後にディスクパーティションが割り当てられましたが、場合によっては ハードドライブの再パーティション。 例:インストール中にディスクを編集するのを忘れた Windowsなので、システムパーティションCがすべてのディスク領域を占有しました。 別の典型的な例は、ドライブDの領域が不足しているが、Cドライブには十分な空き領域があることです。

これらの状況では、次のことができます システムパーティションCの縮小 OSを再インストールせずに、新しいボリュームを作成するか、他のボリュームを拡張します。 システムCを縮小するには:ドライブオン Windows Server 2012、ネイティブディスク管理とサードパーティの3つの選択肢があります。 ディスクパーティションソフトウェア。 この記事では、両方のツールの詳細な手順を紹介します。

ソフトウェアなしでシステムパーティションを縮小する

Windows Server 2012 持っています ボリュームを縮小 組み込みのディスク管理ユーティリティの機能。データを失うことなく、システムパーティションとデータボリュームを縮小できます。 簡単、高速、サーバーを再起動せずにオンザフライでパーティションを減らすことができますが、その間にいくつかの制限があります。

Server 2012ディスク管理でCドライブを圧縮する手順:

  1. 次の項目を選択します。: Windows   X キーボードのをクリックし、リストから[ディスクの管理]を選択します。
  2. Cドライブを右クリックして選択します ボリュームを縮小.
  3. スペースの量を入力してクリック 縮小する 続行します。

すぐに、システムCドライブが縮小されます。

システムパーティションを縮小して新しいボリュームを作成するだけの場合は、ほとんどの場合、ソフトウェアなしで実行できます。 ただし、いくつかの制限があるため、ディスクの管理は最適なツールではありません。

C drive shrunk

ディスクの管理でCドライブを縮小するための制限

1. 移動できないファイルを超えてCドライブを圧縮することはできません

縮小ウィンドウには、ヒントがあります- 移動できないファイルがある場所を超えてボリュームを縮小することはできません.

私のテストサーバーでは、Dドライブは50 GBの空き容量のある空白ですが、縮小ウィンドウでは、ディスク管理で19417 MB(18.96 GB)の空き容量しかありません。

「移動できない」ファイルには、ページングファイル、休止状態、およびその他の大きなファイルが含まれます。 このようなファイルのほとんどは、デフォルトでシステムCドライブにあります。 したがって、C:ドライブを縮小しているときにこのような問題が発生する可能性があります。

Cant shrink

2. パーティションCを圧縮した後、他のボリュームを拡張することはできません

Extend volume disabled

私のサーバーに表示されるように、 ボリュームの拡張が無効になっています D:の場合、C:とEの両方を縮小してからドライブします。これは次の理由によります。

したがって、あなたがしたいに関係なく 拡張D:ドライブ または システム予約 パーティション、ディスクの管理を介してパーティションCを縮小することによって達成することはできません。

別のネイティブツール- Diskpartコマンド 同じ制限があります。

Cドライブを縮小してボリュームDを拡張する方法

Cドライブのボリュームを縮小するには Windows Server 2012, NIUBI Partition Editor より良い選択です。

ダウンロード NIUBI Partition Editor ビデオの手順に従ってください:

Cドライブを縮小する方法 Windows Server 2012 ボリュームDを拡張するには:

Video guide

Cドライブを縮小する方法 Windows Server 2012 システム予約済みパーティションを拡張するには:

Video guide